• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 芸術・写真・イラスト
  • イラストレーター
  • 仕事内容
イラストレーターの仕事内容

イラストレーターの仕事内容

イラストは、言葉に頼らず、感性でメッセージを伝えられるすばらしい表現形態です。イラストレーターは、ポスターや広告、雑誌、新聞などの印刷媒体をはじめ、ウェブサイトやアニメーション、ソーシャルゲームなどのデジタル画像、商品カタログや取扱説明書などのイラストなどを描くことで、見る人を楽しませたり、商品イメージを高めたり、送り手のメッセージを伝えたりすることが仕事になります。

クライアントの要望が一番

イラストレーターの仕事は、クライアントからのオーダーがあって初めて成立し、その要望に応じて描いていく仕事です。独自の作風は必要なものの、自分の好みで描くわけにはいきません。クライアントの要求を的確に受け止めて、目的に合ったものを締め切りに間に合うように完成させます。そのため、自由に作画するアーティストというよりも、商業的な価値を重視した絵描き職人的な仕事になります。

出版メディアの仕事

イラストレーターといえば、従来から、雑誌や書籍、新聞、絵本などの印刷媒体が主な活躍の場でした。なかでも絵本は、文字を描く作家と共同作業しながらイラスト(絵)を描く仕事で、個性を発揮しやすい媒体です。絵本のイラストと一口にいっても、画材や絵のタッチなど、表現手段は無限にあります。作家との意思疎通やコミュニケーションも欠かせません。

広告媒体の仕事

ポスターや企業広告、商品パッケージなど広告媒体のイラストは、企業・商品イメージを決定する重要な仕事です。作品コンペになったり、会議でアイデアを発表したり、何度も修正をするなど、能力が試され、手間暇もかかりますが、多くの人の目に触れるやりがいのある仕事といえるでしょう。

ウェブやゲームの仕事

ウェブサイトやソーシャルゲームにデジタルでイラストを描く仕事も増えています。ウェブデザインの場合は、イラストだけでなく、全体のデザインやレイアウトなど全体にかかわることもあるといいます。とくに最近増えているのが、ソーシャルゲームやトレーディングカードなどのキャラクターデザインです。完成度が高く魅力的なキャラクターを描ければ、多くの仕事を手にできるといいます。

アニメーションの仕事

「クールジャパン」を象徴するアニメーション需要の高まりから、アニメーターとして活躍するイラストレーターも増えています。キャラクターデザインから作画、色入れなど仕事はさまざまですが、楽しくやりがいがある反面、労働時間が長い、制作費の安い仕事が多いなど課題も多いといいます。

テクニカルイラストレーターとは

より専門的なイラストレーターとして注目されているのが、工業製品のマニュアルや取り扱い説明書、機械の設計図や医療機器のイラストをCG技術を使って描く、テクニカルイラストレーターという職種です。こうした専門技術をもったイラストレーターの需要も高まっているといいます。

メディカルイラストレーターとは

医療に特化したイラストを描く仕事です。西欧では歴史のある職業ですが、日本ではまだ認知度が低い仕事です。具体的には、医師や獣医師のための論文や学会用のイラスト、一般の人に向けたわかりやすい医療イラストなど、医療に関する幅広い絵を描きます。解剖図など緻密でリアリティのある複雑なものもあり、専門性も求められます。

仕事の流れ

イラストレーターは依頼主の要望に沿ったものを描くのが重要です。仕事の流れは以下が一般的です。
① 打ち合せ:テーマに合わせて、「こんな感じの絵柄で」とか「この文章の内容に合うイラストを」などの要望や指示を聞き、どのような方向性のイラストにするのかなどについて、依頼主と打ち合せをします。
②サンプルを送る:要望に合わせ、サンプルを送ります。イメージがリアルになるので、依頼主の要望が、より具体的になり、イラストレーターも作業をしやすくなります。
③制作する:サンプルに対する回答があり、タッチや彩色方法など、あらゆる事柄が決定したら、いよいよ本格的に描き始めます。
④修正を行う:クライアントから修正の要望をもらい修正をします。修正が完了してOKをもらえば納品となり、仕事は完了します。
クライアントに気に入ってもらえれば、追加の仕事のオーダーも期待できます。

デジタルで作画

かつては手描きのイラストが主流でしたが、現在はデジタルで描くことが当たり前になっています。タブレットにペンで描く技術の習得が前提になり、使われるソフトはAdobe社のIllustrator(R)がメインとなります。ほかにもCorel社のDRAWやフリーソフトのInkscapeなどがあり、イラストレーターとしてはできるだけたくさんのツールを駆使できることが望ましいともいえます。さらに、Adobe社のPhotoshop(R)やFlash(R)などを駆使して、動画やグラフィック、アニメーションなどに幅広く対応できることも求められています。
最近では、Illustrator(R)ソフトを扱えることが条件の求人が増えています。

ストックフォトを利用

インターネット上では、ストックフォトサービスというものがあります。これは、自分が撮った写真や描いたイラストをストックフォト専門業者と契約して、インタ―ネットで公開、ウェブや広告などでイラストを使いたい業者に対してレンタルするというものです。イラストが使われると、使用料がイラストレーターに支払われます。フリーのイラストレーターを中心に人気となっています。

全国のオススメの学校

関連する仕事の仕事内容もチェックしよう

イラストレーターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路