• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • アニメ・声優・マンガ
  • アニメーター
  • 仕事内容
アニメーターの仕事内容

アニメーターの仕事内容

アニメ制作は、プロデューサー、監督、脚本、音響などさまざまな担当者が携わります。その中で最も重要なのがアニメの絵を描くアニメーターの仕事で、動画、原画などを担当します。
一般的には動画担当からスタートし、経験を積み実力を認められることで、原画担当、作画監督、キャラクターデザインとステップアップしていきます。

動画

動画担当は、アニメーターが最初に任される仕事です。ポイントとなる動きを描いた原画と原画の間をつなぐ絵を描きます。生き生きと動くアニメの絵を仕上げるために、欠かせない作業工程です。原画間をつなぐために指示に従ってその通りの枚数分、絵を描いていきますが、ただ描くだけではなく、自然な動きになるよう緩急をつけることも大事です。

原画

原画担当は、アニメの動きの中でキーポイントとなる絵を描きます。現在、原画は第一原画と第二原画に分けられることが多くなっています。アニメの絵の作成は、ラフに描かれた絵コンテが元になります。絵コンテの絵をより具体的にし、カメラアングルやキャラクターを画面のどこに配置するか、背景はどのようになっているかなど、いわば画面の設計図を描くのがレイアウトで、これが第一原画と呼ばれます。レイアウトを元に動きを作るのが第二原画で、原画と原画をつなぐ絵が何枚必要かなども決めます。

作画監督

アニメ制作現場では、多くのアニメーターがひとつの同じ作品にかかわります。アニメーターの力量により描かれた絵に上手下手があり、また個性によりタッチの微妙な差やズレが生じます。こうしたバラつきをなくし、一話の中ですべての絵が統一されるように、出来上がってきた絵をチェックして、必要に応じて修正の指示を出すのが作画監督です。
さらに作画監督の上に、シリーズ全体を通じて作画チェックを行う総作画監督という役職もあります。

キャラクターデザイン

アニメに登場するさまざまなキャラクターを作り出す仕事です。原作のあるものはそれをアニメとして動かすために再構成し、さらに魅力的なキャラクターに仕上げていく画力が必須です。原作のないものならば、どのようなキャラクターにすれば最も視聴者に受け入れられるかを考えて形にしていくデザイン力が、画力に加えて求められます。キャラクターの喜怒哀楽の表情なども考えて、キャラクターに命を吹き込んでいきます。

取材協力/東放学園映画専門学校

全国のオススメの学校

関連する仕事の仕事内容もチェックしよう

アニメーターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路