• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 芸術・写真・イラスト
  • イラストレーター
  • 就職先・活躍できる場所は?
イラストレーターの就職先・活躍できる場所は?

イラストレーターの就職先・活躍できる場所は?

イラストレーターの働き方には大きく2通りあります。デザイン事務所やコンテンツ制作会社など企業に就職するか、またはフリーランスとして仕事を請け負って仕事をするかに分かれます。現在、イラストレーターの求人は少なく、就職状況は厳しいとされ、正社員として就職できる人は少数というのが実情のようです。そんな影響もあって、フリーランスという形をとるイラストレーターが多くいます。フリーランスは能力次第の世界で、中には成功を収めているイラストレーターもいます。個人のイラストレーターに弟子入り(下積み)して経験を重ねる人もいます。

ゲーム制作会社が求人数は多い

現在、イラストレーターを正社員として求めているのは、ゲーム制作会社が多いようです。なかでも、ソーシャルゲームのカードイラスト制作にイラストレーターを募集する求人が目を引きます。制作物ごとに業務委託や競技による選考をするゲーム会社も多くあります。

デザイン会社やアニメ制作会社

デザイン会社やスマートフォンアプリ制作会社、アニメーション制作会社などでもイラストレーターは多く活躍しています。正社員として働く人もいますが、会社によって人数や待遇はまちまちで、どちらかといえばフリーランスを対象とした、業務委託が主流になっているようです。
また、出版社や新聞社、広告会社にもイラストレーターの募集はありますが、正社員は狭き門で、こちらも契約社員やフリーランスなど外部委託が増えているといいます。

テクニカルイラストレーターに需要が

コンピュータで設計・デザインをするCADソフト(製図ソフト)を使って、立体状の製図をするなど、テクニカルイラストレーターを正社員として雇用する会社(建築、機械、製造など業種も広く)も増えています。

正社員の職場環境

正社員となった場合の職場は、会社の中に設けられたデザイン部門などになります。会社の経費として資料や備品が購入できたり、社内のプロデューサーやディレクター、デザイナーとの意見を交換ができるので、チームで仕事をする楽しさがあります。さらに、経験を積み、フリーランスとして独立する足がかりにもなります。

フリーランスはいろいろ

フリーランスのイラストレーターはさまざまで、絵本を専門とする人やウェブデザインに特化する人、ゲームのキャラクターデザインをしながら広告のパッケージイラストを描く人など千差万別です。依頼された仕事に合わせて、さまざまなタッチで描く器用さを売りにする人や、自分のスタイルを貫き、仕事を選ぶ人など、働き方もいろいろです。

フリーランスは自宅で

フリーランスであれば、自宅を仕事場にすることができます。仕事に集中したければ、カフェやワーキングスペースなどを利用することも可能です。インターネットが普及した現代では、自然環境の良い郊外での移住生活も可能となります。

労働時間は

正社員の場合は、会社で決められた就業時間+残業になります。決められた有給休暇をとることもできますが、場合によっては休日出勤などもあるといいます。
フリーランスでは、労働時間は人によって変わってきます。ある程度時間が自由になり、自分のペースで仕事ができる反面、制作にかかる時間もまちまちで、締め切りが重なって徹夜になることも。タイムスケジュールや自己管理の難しさもあります。

全国のオススメの学校

関連する仕事の就職先・活躍できる場所もチェックしよう

イラストレーターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路