• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 芸術・写真・イラスト
  • 画家
  • なるには
画家になるには

画家になるには

全国のオススメの学校

画家になるためには、特別な資格や学歴などは必要ありません。美術大学卒などの学歴もなく、メジャーな公募展などに入選した経験がなくても、独学で一流の画家になった人もいます。また、有名な画家の弟子入りをして研鑚(けんさん)を積んで画家として活躍している人もいます。努力だけではなく、もともともっている才能や感性も重要な要素と言えます。
一般的には、美術大学や芸術系の専門学校を卒業し、その後公募展などコンクールでの入選を経て、画廊や画商と契約を結び、プロの画家としてデビューすることが多いです。

画廊や画商のバックアップを得る

プロの画家になるためには、美術系や芸術系の大学や専門学校を卒業した後、美術教師や絵画教室の講師などで生計を立てながら自分の作品を制作し、公募展などのコンクールへ応募を重ねるといった方法があります。メジャーな公募展としては、日本の院展、二科展、日展などがあり、こうした公募展で入選を重ねると、やがて画廊や画商の目に留まり、契約を結ぶことができ、画家としての道筋が開けてくるようになります。

海外に留学、コンクールに出る

日本国内だけでなく海外のメジャーなコンクールで入選を果たし、先に海外で画家として有名になる人もいます。また、パリやニューヨークなど、芸術の先進国に留学をして勉強した後、小規模なアートギャラリーなどに絵を置いてもらって徐々に評価を上げるというケースもあります。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

画家を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路