• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 芸術・写真・イラスト
  • 画家
  • ズバリ!将来性は?
画家のズバリ!将来性は?

画家のズバリ!将来性は?

コンピュータの普及により、油絵や水彩画といったこれまでの表現手法に加え、コンピュータソフトを使ったCGによる絵画なども生まれ、現在では実に多彩な手法で絵画が描かれています。また、WEBやSNSを活用することで、コンクールなどに限らず作品を発表することができるようになりました。より多くの人に作品を見てもらう機会が増えたことで人気を集め、画家として活躍の場が広がるケースも考えられます。
いずれにしても芸術的な表現手段として、絵画は常に人を惹きつけ、感動を与え、時に社会にも影響を及ぼします。この先も画家という職業がなくなることはありませんが、SNSなどの普及により趣味の延長で画家活動をする人が増え、収入に開きがでてくるということもあるかもしれません。

コンピュータの普及と表現手法

新たなアートとして、グラフィックソフトを使った絵画も注目を集めています。コンピュータを駆使したデジタル絵画(デジタル・ペインティング)では、紙などの上ではなく、すべてをコンピュータの中で作り上げます。キャンバスの大きさも好きなように設定ができ、非常に多くの色を使うことも可能です。コンピュータならではの精緻な描写や繊細な色使いで描かれた絵画は、これまでの表現手法とは違った魅力で人々を惹きつけています。もちろんコンピュータだけでなく、独自の表現手法を模索するのもよいですし、油絵や水彩画などこれまでの手法で独自の絵画を描くのもよいでしょう。自分の思想をうまく表現できる手法をみつけることが大切です。

インターネットの活用で広がる世界

インターネットが普及している現代、個人の作品をネット上で不特定多数の人にアピールすることが可能になりました。公募展などで入選経験をもつことも大切ですが、インターネットによって人気が出た画家も少なくありません。また、芸術の分野もグローバル化された今、国内で注目された途端、海外でも有名になるというケースもあるでしょう。

全国のオススメの学校

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

画家を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路