• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 芸術・写真・イラスト
  • カメラマン
  • 志望動機を教えて!
カメラマンの志望動機を教えて!

カメラマンの志望動機を教えて!

全国のオススメの学校

相手に何かを伝えたり、自分の思いを表現したりと、写真はあらゆる可能性や役割をもっています。
趣味などをきっかけに、そうした写真の魅力に惹かれてカメラマンを目指す人が多いようです。特別な学歴や資格がなくても撮ることができる写真だからこそ、プロとして周りから認められるまでの苦労がたくさんあります。それを乗り越えて活躍していくためには、「写真が好き」という気持ちはもちろん、カメラマンとして何を撮りたいのか、写真によってどう世の中に貢献したいのかを考えることも重要です。

写真を撮ることが好き

「写真が趣味」ということがきっかけでカメラマンを目指す人が多い傾向にあります。中には、「ファッションが好き」「鉄道が好き」など、好きなものの撮影をするうちにカメラマンを目指すようになったというケースもあります。

ものをつくることに携わりたい

「ファッション誌を見ながら、自分だったら『こう撮ってみたい』と考えるのが好きだった」など、クリエイティブな観点でカメラマンという仕事に惹かれる人もいます。撮影する場所や構図を自分で考えて、ひとつの作品を創り上げる過程が楽しいという気持ちが志望動機につながっています。

自分の世界を広げたい

カメラマンの仕事は多くの人に出会う機会が多い仕事と言えます。被写体となる対象が幅広くあるからこそ、自分の知らない世界で活躍する人に会ったり、行ったことのない場所に行ったり、仕事を通じて自分の世界を広げることができるのです。特に、あらゆるジャンルの撮影をするカメラマンであれば、毎日一緒に仕事をする人や撮るものが違うということもあります。そうしたさまざまな体験ができるということを魅力に感じ、カメラマンを目指す人もいます。

写真を通じて人にメッセージを伝えたい

文字だけでは伝わりにくいことも、写真によってその物や状況がよりわかりやすくなることがあります。例えば、いかに自然が雄大かを文章で説明するよりも一枚の写真を見る方が伝わることもあります。また、世界で起こっていることを実際に見ることができない人にも、自分が撮った写真によってその場の楽しさ、または悲惨さなどを伝えることが可能になります。自分が感じたことを写真を通して人に伝えたいという気持ちからカメラマンを目指した、という声も多く聞かれます。

カメラマンを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路