• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東北電子専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • デジタルミュージック科

宮城県認可/専修学校/宮城

トウホクデンシセンモンガッコウ

デジタルミュージック科

募集人数:
30人

DAW、MIDI、ボーカロイド、楽器など、音楽のすべてを充実の最新設備環境で学修

学べる学問
  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 歌手・ボーカリスト

    歌で人を感動させる。めざすジャンルは様々。

    歌の基礎を学び、オーディションに応募して合格し、本格的なボーカルトレーニングを受けて、デビューとなる。素質や実力に加えて、運や時代感覚も必要。また、クラッシック、ジャズ、ロックなどどんなジャンルを専門にするかによってもそのプロセスはちがってくる。

  • 作曲家

    どんな曲づくりも、オリジナリティやセンスが必要

    歌謡曲などのメロディーに重点をおいた曲作りをするソングライタータイプや、映画やラジオ、TVのテーマ音楽やCMを手がける仕事の場合もある。自作をレコード会社や音楽出版に売り込みデビューのチャンスをつかむ。クラッシックやオーケストラなどの曲づくりはさらに専門性が必要。

  • 編曲家

    アレンジの仕方によって曲が生きる

    同じ曲でもアレンジの仕方によってイメージがかなり変わるものだ。作曲家が編曲までを手がける場合も多いが、どんな楽器を使い、各パートごとにどんな演奏をするのかを考えるのは、編曲者(アレンジャー)の仕事となる。

  • サウンドプログラマー

    デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む

    マルチメディアに関わるさまざまなデジタルサウンドをつくり出し、演奏データをコンピュータに打ち込むのが仕事。コンピュータ上で曲を作る機会が多い現在の状況では、なくてはならない存在である。

  • マニピュレーター

    求められるデジタルサウンドをつくり出す

    シンセサイザーやデジタルサンプラーを駆使してサウンドをつくり、コンピュータに音を打ち込んでいくのが仕事。音楽の素養が不可欠なので、ミュージシャンやアレンジャーがこの職種を兼ねている例も多い。デジタル音楽隆盛で需要は増加傾向。

  • ミキサー

    音を生み出すエンジニア

    レコーディングスタジオやコンサート会場などで楽器の音やアーティストの声をミックスするエンジニア。コンサートミキサーはPAとも呼ばれる。音響機器を操作して、音質や音量を調節するほか、スピーカーなどの機材のセッティングも仕事。知識や技術だけでなく、感性と理解力も重要。

  • PAエンジニア

    イベント会場での音響担当

    コンサート会場(客席)の真中で音響機材を操る。イベントの規模や内容によって、それに適するスピーカーの大きさや種類、マイクの本数が変わる。そこで適切な機材を選び、セッティング、イベント中の音量・音響の調整・管理をする。微妙な音の調整や臨機応変に対応できるミキシング技術が求められる。

  • MA(マルチオーディオ)ミキサー

    映像と一体化した音づくりを演出

    MA(マルチオーディオ)ミキサーとは、映像と音楽が一体化した作品の中で、音をメインに扱うスペシャリストのこと。扱うものはテレビ番組からCM、ビデオ作品までさまざま。作業はコンピュータのハードディスクに音を取り込んだ後、映像に合わせた選曲をし、その映像と音をミキシングマシーンで微調整する。

  • 音楽雑誌記者・編集者

    音楽のトレンドや新しい情報をつかみ、読者が興味を引く記事にして提供

    音楽のジャンルや雑誌のコンセプトに合わせ、新曲情報やアーティストへのインタビューなどの企画を立て、取材や原稿作成を行う。特定のジャンルについて深く専門的な知識を持っていることに加え、普段からこまめにライブや演奏会に出かけ、新鮮な音楽情報を入手しておく必要がある。

初年度納入金:2017年度納入金 93万円  (教科書教材費、諸経費、別途7万1000円)
年限:2年制

学科の特長

カリキュラム

音楽を楽しみながら基礎を学び、個性を磨いて曲作り!
楽譜が読めないビギナーでも大丈夫。独自のカリキュラムと実習で「音・曲・演奏・音響」を豊富なソフトと実習機器で楽しみながら学べます。2年次にはオリジナル曲のCD制作や楽器のアンサンブルを学び、曲作りを高度にしていく技術を修得します。

授業

6科目の中から選択し、さらに技術をアップ!
基本を学んだうえで、ギター・ベース・ドラム・キーボード・ヴォーカル・音響の中から科目を選択することができます。もちろんすべてを選ぶことも可能。さらに実力をアップして、卒業ライブや楽曲制作に活かすことができます。

卒業後

プレイヤーからサウンドクリエーターまで幅広く活躍
MIDIシステムなどで音を創ったり、コンピュータで音楽を作成する音楽制作担当者・作曲家など、音楽関連業界で幅広く活躍できます。音響スペシャリストやゲーム音楽制作、プロミュージシャンやボーカリスト、専門知識を利用して楽器店でのコーディネート、音響業界、放送業界、ライブハウスなど、就職先は多岐にわたります。

資格

授業でも資格取得をサポート。学んだことを資格取得へつなげます
本学科では「MIDI検定」「舞台機構調整技能士」対応型の授業を実施。本校が検定会場校ということもあり「MIDI検定3級」「舞台機構調整技能士」はクラス全員が挑戦します。また、企業で使われているWord、Excel(R)なども学習し、その技術を証明するマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)も受験します。

クチコミ

2年間で学んだ知識や技術を、卒業コンサートで披露!
曲作りを中心に、楽器演奏、音響、ミキシング、ヴォイスなどを幅広く学び、さまざまな音楽、音響、放送の業界に進むことができます。すべては技術とセンスが勝負です。自信のある曲ができたら、卒業コンサートで演奏してみましょう!

施設・設備

音楽作りに専念できる、充実した設備
幅広い音楽制作技法をDAWなどの各種ソフト・機器で学んでいます。プロ仕様のデジタル機器音楽制作環境を一人一セット完備しているため思う存分音楽作りに専念でき、防音設備のスタジオではヴォイストレーニング、バンド練習や録音もできます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

舞台機構調整技能士(実務経験免除)

目標とする資格

    • MIDI検定 、
    • マルチメディア検定 、
    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) 、
    • サウンドレコーディング技術認定試験

    ほか多数

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)DNPメディアクリエイト 、 (株)エヌ・ティ・ティエムイー 、 (株)クロステレビ 、 (株)トーセ 、 (株)メンバーズ 、 (株)共立 、 (株)協和エクシオ 、 (株)東北システムズ・サポート 、 CTCシステムマネジメント(株) 、 アソビモ(株) ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒980-0013 宮城県仙台市青葉区花京院1-3-1
TEL:0120-373-501 (フリーダイヤル)
E-mail:info@jc-21.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
宮城県仙台市青葉区花京院1-3-1 JR「仙台」駅から徒歩 5分
地下鉄「仙台」駅から徒歩 6分

地図

 

路線案内


東北電子専門学校(専修学校/宮城)