• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 長浜バイオ大学

私立大学/滋賀

ナガハマバイオダイガク

「産官学」が連携し、最先端スキルをもつ高度なバイオ技術者・研究者を育成する大学

地域企業の支援のもと、産官学連携による多彩な学びを実施。最新のバイオ技術を学ぶ環境が整い、豊かな知識や応用力を活かして医薬品や食品、化学、IT関連など、幅広い業種で活躍できる技術者・研究者を育成します。

長浜バイオ大学の特長

学校の特長1

「教育ユニット」による学びで、目標の実現に必要な専門知識と技術を身につける。

生物学や農学、薬学、医学など幅広い領域に関わるバイオサイエンスについて総合的に学ぶ「バイオサイエンス学科」、動物個体レベルでの生物学に対する理解を深め、安全な食・医薬資源開発などに応用する「アニマルバイオサイエンス学科」、コンピュータを活用した遺伝子探究や医薬品設計、電子カルテの開発、運用といった情報技術を学ぶ「コンピュータバイオサイエンス学科」の3学科を設けています。また、学生の将来のイメージを明確にし、そのために必要な講義や実習群を「ユニット」として体系的にまとめたカリキュラムを構築。バイオサイエンスの基礎から学びをスタートし、学科ごとの専門性を深めていく教育ユニットを用意しています。

学校の特長2

専門実験と情報科学実習が必修。早期から専門性の高い実験に親しむことができる。

徹底した実験の重視で、1年次の週3コマに始まり、段階的にレベルアップを図っているのが最大の特徴です。高度なバイオ技術・研究者をめざすためには、何よりも実際の研究現場で通用する技術力と応用力が必要だからです。本学では1年次から専門基礎実験と情報科学実習を必修としています。早期から専門性の高い実験に親しむことができ、3年次までで実験864時間を確保しています。また、ゲノム情報というビッグデータの解析などに欠かせないのがコンピュータでの情報処理技術です。1人に1台のコンピュータを配置し、全学科の学生がバイオインフォマティクスの基礎を学びます。

学校の特長3

臨床検査学プログラムで臨床検査技師の国家資格取得をめざす。

2015年度から、臨床検査技師をめざす学生のために「臨床検査学プログラム」を開設しました。遺伝子診断、遺伝子治療といった最先端のバイオの知識と技術をもつ臨床検査技師の育成をめざしています。将来は、社会的ニーズの大きい病院などの医療機関での臨床検査業務や治験コーディネーター、産科領域での人工授精に関わる胚培養士、製薬会社での開発やMR、または大学や企業での研究職などがめざせます。2017年度からは「臨床検査学コース」として独立した募集を行っています。

右へ
左へ
学校の特長1

「教育ユニット」による学びで、目標の実現に必要な専門知識と技術を身につける。

生物学や農学、薬学、医学など幅広い領域に関わるバイオサイエンスについて総合的に学ぶ「バイオサイエンス学科」、動物個体レベルでの生物学に対する理解を深め、安全な食・医薬資源開発などに応用する「アニマルバイオサイエンス学科」、コンピュータを活用した遺伝子探究や医薬品設計、電子カルテの開発、運用といった情報技術を学ぶ「コンピュータバイオサイエンス学科」の3学科を設けています。また、学生の将来のイメージを明確にし、そのために必要な講義や実習群を「ユニット」として体系的にまとめたカリキュラムを構築。バイオサイエンスの基礎から学びをスタートし、学科ごとの専門性を深めていく教育ユニットを用意しています。

学校の特長2

専門実験と情報科学実習が必修。早期から専門性の高い実験に親しむことができる。

徹底した実験の重視で、1年次の週3コマに始まり、段階的にレベルアップを図っているのが最大の特徴です。高度なバイオ技術・研究者をめざすためには、何よりも実際の研究現場で通用する技術力と応用力が必要だからです。本学では1年次から専門基礎実験と情報科学実習を必修としています。早期から専門性の高い実験に親しむことができ、3年次までで実験864時間を確保しています。また、ゲノム情報というビッグデータの解析などに欠かせないのがコンピュータでの情報処理技術です。1人に1台のコンピュータを配置し、全学科の学生がバイオインフォマティクスの基礎を学びます。

学校の特長3

臨床検査学プログラムで臨床検査技師の国家資格取得をめざす。

2015年度から、臨床検査技師をめざす学生のために「臨床検査学プログラム」を開設しました。遺伝子診断、遺伝子治療といった最先端のバイオの知識と技術をもつ臨床検査技師の育成をめざしています。将来は、社会的ニーズの大きい病院などの医療機関での臨床検査業務や治験コーディネーター、産科領域での人工授精に関わる胚培養士、製薬会社での開発やMR、または大学や企業での研究職などがめざせます。2017年度からは「臨床検査学コース」として独立した募集を行っています。

右へ
左へ
学校の特長1

「教育ユニット」による学びで、目標の実現に必要な専門知識と技術を身につける。

生物学や農学、薬学、医学など幅広い領域に関わるバイオサイエンスについて総合的に学ぶ「バイオサイエンス学科」、動物個体レベルでの生物学に対する理解を深め、安全な食・医薬資源開発などに応用する「アニマルバイオサイエンス学科」、コンピュータを活用した遺伝子探究や医薬品設計、電子カルテの開発、運用といった情報技術を学ぶ「コンピュータバイオサイエンス学科」の3学科を設けています。また、学生の将来のイメージを明確にし、そのために必要な講義や実習群を「ユニット」として体系的にまとめたカリキュラムを構築。バイオサイエンスの基礎から学びをスタートし、学科ごとの専門性を深めていく教育ユニットを用意しています。

学校の特長2

専門実験と情報科学実習が必修。早期から専門性の高い実験に親しむことができる。

徹底した実験の重視で、1年次の週3コマに始まり、段階的にレベルアップを図っているのが最大の特徴です。高度なバイオ技術・研究者をめざすためには、何よりも実際の研究現場で通用する技術力と応用力が必要だからです。本学では1年次から専門基礎実験と情報科学実習を必修としています。早期から専門性の高い実験に親しむことができ、3年次までで実験864時間を確保しています。また、ゲノム情報というビッグデータの解析などに欠かせないのがコンピュータでの情報処理技術です。1人に1台のコンピュータを配置し、全学科の学生がバイオインフォマティクスの基礎を学びます。

学校の特長3

臨床検査学プログラムで臨床検査技師の国家資格取得をめざす。

2015年度から、臨床検査技師をめざす学生のために「臨床検査学プログラム」を開設しました。遺伝子診断、遺伝子治療といった最先端のバイオの知識と技術をもつ臨床検査技師の育成をめざしています。将来は、社会的ニーズの大きい病院などの医療機関での臨床検査業務や治験コーディネーター、産科領域での人工授精に関わる胚培養士、製薬会社での開発やMR、または大学や企業での研究職などがめざせます。2017年度からは「臨床検査学コース」として独立した募集を行っています。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

OPEN CAMPUS 2018~学科紹介編~

新しくなる学科の内容を紹介します! 【開催予定の内容】 ・入試説明会 ・学科説明会 ・学生による大学…

続きを見る

OPEN CAMPUS 2018~バイオ実験・実習編~

長浜バイオで実験にチャレンジ! 【開催予定の内容】 ・体験!体感!バイオ実験・実習 ・入試説明会 ・…

続きを見る

オープンキャンパス一覧を見る

長浜バイオ大学からのメッセージ

2018年度一般入試もいよいよラストスパート!
●「一般後期」:試験日3月11日(日)、出願締切:3月7日(水)
会場は本学・京都・大阪・名古屋です。
インターネット出願のみで、入学検定料5,000円割引!
詳しくは本学ホームページ、入学試験要項で必ずご確認ください。
出願状況は、随時大学ホームページに掲載します。

(2/20更新)

長浜バイオ大学の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

バイオ技術者・研究者

大久保 玲さん

難病の克服に役立つ遺伝子を導入した細胞を、安定して作り出せる方法を研究していま…

キャンパスライフレポート

詳細を見る

バイオサイエンス学部 バイオサイエンス学科

田中 かおりさん

これからも、たくさんの人に日本酒の魅力を伝えたいです!

入試情報

実施している入試一覧

WEB出願について

▼もっとみる
▲閉じる

合格難易度

学費(初年度納入金)

2017年度納入金/162万円
(入学金25万円、施設設備費27万円、実験・実習費10万円などを含む)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数238名
就職希望者数175名
就職者数168名
就職率96.0%(就職者数/就職希望者数)
進学者数56名

就職支援

専任スタッフとキャリアカウンセラーが、学生一人ひとりと個別面談

個別相談を重視し、教員・職員が一体となって就職支援に取り組んでいます。就職・キャリアサポートセンターでは、キャリアカウンセラーが常駐し、就職・キャリア担当職員とともに個別対応をしています。随時受けられる支援体制を確立し、学生一人ひとりと時間をかけて面談を実施。就活状況の確認と対策を一緒になって考え、早期の内定獲得を支援しています。その他、求人情報の提供や模擬面接などの多彩な支援メニューでも就活をサポートしています。また、卒業生採用実績企業を中心に、卒業生・人事担当者を招いての業界研究会や、年間100 社以上の企業が学内で企業説明会を開催するなど、企業との出会いの場を数多く設けているのも特長です。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試係

〒526-0829 滋賀県長浜市田村町1266番地
TEL:0749-64-8100 (代)

所在地 アクセス 地図・路線案内
滋賀県長浜市田村町1266 JR「田村」駅から徒歩 2分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年02月20日 14:15 facebook

    こんにちは!Facebookチーム・広報担当の伊藤です。昨日2/19、梅の実由来酵母を使った純米吟醸酒「金亀 岡村乃梅酵母醸造」の開発記者会見を、長浜市役所で行いました。このお酒は、長浜バイオ大学・向由起夫研究室と豊郷町の酒造会社・岡村本家が共同開発したもので、日本酒の醸造に一般的に使われている酵母とは違い、岡村本家敷地の梅の実から分離した天然酵母を使って醸造したものです。 この開発を卒業研究にして昨年3月に本学を卒業した大西康平さんは、「天然酵母でもこれだけクオリティの高いお酒ができたことに驚いています。日本酒愛好家だけでなく、日本酒を敬遠している若い人たちにもぜひ飲んでもらいたい」と語っています。記者会見の様子は、昨日放送のびわ湖放送さん「キラりん滋賀」でも紹介していただきましたが、この動画はホームページ( https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180219-00010006-bbcbiwakov-l25 )にもアップされています。 「金亀 岡村乃梅酵母醸造」は、彦根市肥田町産の吟吹雪を精米歩合60%に磨き、鈴鹿山系の伏流水を使っています。アミノ酸濃度1.5とやや濃厚で、日本酒度は-1.2とかなり甘口で華やかな香りの口当たりが良いお酒となっています。750ml瓶1,500円(税込み)で、本日から限定1,000本を滋賀県内を中心に全国で販売します。みなさんもぜひ、味わってみてください!

    https://www.facebook.com/1462872524010419/posts/1809568836007451

  • 2018年02月16日 15:51 facebook

    こんにちは!Facebookチームです。昨日2/15、長浜青年会議所の呼びかけに応えて、琵琶湖研究部の学生が町家キャンパスで懇談を行いました。この懇談は、長浜・米原のまちづくりプランを検討している長浜青年会議所新湖北グランドデザイン確立委員会のみなさんが、湖北のまちづくりを考える上で欠かせない琵琶湖、とりわけ大学に隣接する“さいかち浜”を人が集まるスポットにするにはどうしたらよいのかを、学生の意見を聞こうともたれたものです。 そこで白羽の矢が立ったのは、毎月、さいかち浜の清掃活動を行い、そこで集めたガラス破片“シーグラス”を使った工作イベントを開催して環境問題の啓発を行っている、琵琶湖研究部。この日は1年次生を含む8人の部員が参加しました。懇談の口火を切って、長浜バイオ大学の学生がさいかち浜に行かない理由は、風が強くて浜辺にはゴミが打ち寄せられ、水草が異臭を放ちくつろげない。清掃活動以外に行くのは実習でのプランクトン採取くらいで、バーベキューもできないしイベントもなく、自然は残されているけど行こうと思う動機に欠けるなど、率直でなかなか衝撃的な意見が出されました。 そこから、卒業後も長浜に住みたいと思うかや、出身の街では海や湖をまちづくりでどう活用しているかなどを出し合いながら、湖北の生態系が分かる博物館のような施設、野外ライブなどができるイベント施設など様々なアイデアも出され、グランドデザインを考える上でいくらかの貢献ができたかなと思います。この琵琶湖研究部、以前お知らせしたように、明日17日と18日の両日、町家キャンパスで“浜ちりめんを使ったひな人形作り”のイベントを開催しますので、ぜひ、こちらの方も覗いてみてください!

    https://www.facebook.com/1462872524010419/posts/1807827239514944

  • 2018年02月13日 13:28 facebook

    こんにちは!Facebookチーム・広報担当の伊藤です。「広報長浜PR版」の表紙に、2018長浜きもの親善大使に選ばれた揚田葵衣さん(バイオサイエンス学科3年次生)が登場しました。慶雲館で開催されている第67回長浜盆梅展をきもの姿で見学している写真です。 長浜市は、一昨年に「長浜曳山まつり」がユネスコ無形文化遺産に登録されたのに続き、昨年は長浜市高月町出身の儒学者・雨森芳洲関係資料を含む「朝鮮通信使に関する記録」がユネスコ“世界の記憶”に登録されました。「広報長浜PR版」は、このように世界の注目を浴びている長浜市の、自然や歴史と文化、地方創生の取り組みを紹介しています。 揚田さんは長浜きもの親善大使として、このように様々な行事に参加して、着物の魅力を伝えていくようです。みなさん、ご声援よろしくお願いします!

    https://www.facebook.com/1462872524010419/posts/1806547672976234

  • 2018年02月08日 14:51 facebook

    こんにちは!Facebookチーム・広報担当の伊藤です。2/4付け中日新聞の滋賀版で、「理科離れ、阻止実験」というタイトルで、長浜バイオ大学の“長浜学びの実験室”事業を紹介してもらいました。取材した渡辺大地記者の「うらやましい」というコメントつきの記事です。中日新聞のWebサイト( http://www.chunichi.co.jp/article/shiga/20180204/CK2018020402000027.html )で読むことができますので、是非ご覧ください! 今年度の長浜学びの実験室事には、市内20校の小中学生が参加して47講座を開講、昨年度の7校15講座から大きく前進しました。講座のテーマも、小学生は「様々な生物の発生の観察」「種子に含まれるデンプンの検出と観察」「魚の解剖と食べたものの観察」、中学生は「琵琶湖のプランクトンの観察」「DNAの抽出と観察」「タマネギ根の細胞分裂の観察」など、それぞれの学校での学習単元にあわせた多彩な内容となっています。 新年度は29校69講座の開講が予定されており、長浜学びの実験室から一人でも多くの「理科が好きになった生徒」が生まれてほしいなと思います。

    https://www.facebook.com/1462872524010419/posts/1804582089839459

  • 2018年02月06日 15:30 facebook

    こんにちは!Facebookチーム広報担当の伊藤です。1/29付けの中日新聞で紹介していただきましたが、2/17,18の両日、浜ちりめんを使ったひな人形作りの体験イベントを、琵琶湖研究部が町家キャンパスで開催します。このイベントは、桃の節句を前にひな人形を作りながら、長浜の地場産業である浜ちりめんをもっと子どもたちに認識してもらおうと開催するものです。 当日は紙粘土で作った人形の土台に、親子で一緒に白生地と学生が染色した浜ちりめんを重ね、一番上を着物柄の端切れで覆い着物を着せます。顔を描き入れ、烏帽子や扇、笏などは厚紙を切抜いて色を塗ります。ひな人形作りは、琵琶湖研究部の学生と中村博子さん(元くすり処 薬音)が、お子さんだけでも作ることができるように援助します。材料の浜ちりめんは、和装小物販売「和屋(なごみや)」の橋本康男さんにご協力いただきました。会場には浜ちりめんを紹介するパネルも展示する予定だそうで、ぜひこのイベントを回りに紹介いただきますようお願いします。 ●日 時:2月17日(土)、18日(日)11:00~16:00 ●会 場:長浜バイオ大 学町家キャンパス(長浜市元浜町7-5、黒壁スクエア北国街道南) ●主 催:長浜バイオ大学 琵琶湖研究部 ●材料費:雄雛と雌雛1対で 800円(*両日とも先着25組の受付となります) ●問合せ:長浜バイオ大学 町家キャンパス TEL. 0749-53-2011(イベント開催日のみ)

    https://www.facebook.com/1462872524010419/posts/1803812569916411

長浜バイオ大学(私立大学/滋賀)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    医療・看護・教育の専門技術や“心構え”を学び、人々を支えるスペシャリストになる。

  • Photo

    2017年4月、経営学部を開設。文理融合の総合大学へ。

  • Photo

    2017年4月「現代社会学部」、2018年4月「情報理工学部」誕生!9学部を有する総合大学

  • Photo

    京都太秦に新キャンパスが誕生。ビジネス・医療・人文・バイオの「実学」を学ぶ!

  • Photo

    高度の専門能力と研究能力を合わせ持つ“ファーマシスト・サイエンティスト”を育成

  • Photo

    You,Unlimited! ~未来を想う。そこに無限の可能性はある~

  • Photo

    人間に対する理解を深め、広く社会と地域に貢献できる人材を育成します

  • Photo

    中部圏トップクラスの総合大学。文・理の枠を越えて学び、自らの道を究めよう

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる