• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 長浜バイオ大学

私立大学/滋賀

ナガハマバイオダイガク

「産官学」が連携し、最先端スキルをもつ高度なバイオ技術者・研究者を育成する大学

地域企業の支援のもと、産官学連携による多彩な学びを実施。最新のバイオ技術を学ぶ環境が整い、豊かな知識や応用力を活かして医薬品や食品、化学、IT関連など、幅広い業種で活躍できる技術者・研究者を育成します。

長浜バイオ大学の特長

学校の特長1

「教育ユニット」による学びで、目標の実現に必要な専門知識と技術を身につける。

生物学や農学、薬学、医学など幅広い領域に関わるバイオサイエンスについて総合的に学ぶ「バイオサイエンス学科」、動物個体レベルでの生物学に対する理解を深め、安全な食・医薬資源開発などに応用する「アニマルバイオサイエンス学科」、コンピュータを活用した遺伝子探究や医薬品設計、電子カルテの開発、運用といった情報技術を学ぶ「コンピュータバイオサイエンス学科」の3学科を設けています。また、学生の将来のイメージを明確にし、そのために必要な講義や実習群を「ユニット」として体系的にまとめたカリキュラムを構築。バイオサイエンスの基礎から学びをスタートし、学科ごとの専門性を深めていく教育ユニットを用意しています。

学校の特長2

専門実験と情報科学実習が必修。早期から専門性の高い実験に親しむことができる。

徹底した実験の重視で、1年次の週3コマに始まり、段階的にレベルアップを図っているのが最大の特徴です。高度なバイオ技術・研究者をめざすためには、何よりも実際の研究現場で通用する技術力と応用力が必要だからです。本学では1年次から専門基礎実験と情報科学実習を必修としています。早期から専門性の高い実験に親しむことができ、3年次までで実験864時間を確保しています。また、ゲノム情報というビッグデータの解析などに欠かせないのがコンピュータでの情報処理技術です。1人に1台のコンピュータを配置し、全学科の学生がバイオインフォマティクスの基礎を学びます。

学校の特長3

臨床検査学プログラムで臨床検査技師の国家資格取得をめざす。

2015年度から、臨床検査技師をめざす学生のために「臨床検査学プログラム」を開設しました。遺伝子診断、遺伝子治療といった最先端のバイオの知識と技術をもつ臨床検査技師の育成をめざしています。将来は、社会的ニーズの大きい病院などの医療機関での臨床検査業務や治験コーディネーター、産科領域での人工授精に関わる胚培養士、製薬会社での開発やMR、または大学や企業での研究職などがめざせます。2017年度からは「臨床検査学コース」として独立した募集を行っています。

右へ
左へ
学校の特長1

「教育ユニット」による学びで、目標の実現に必要な専門知識と技術を身につける。

生物学や農学、薬学、医学など幅広い領域に関わるバイオサイエンスについて総合的に学ぶ「バイオサイエンス学科」、動物個体レベルでの生物学に対する理解を深め、安全な食・医薬資源開発などに応用する「アニマルバイオサイエンス学科」、コンピュータを活用した遺伝子探究や医薬品設計、電子カルテの開発、運用といった情報技術を学ぶ「コンピュータバイオサイエンス学科」の3学科を設けています。また、学生の将来のイメージを明確にし、そのために必要な講義や実習群を「ユニット」として体系的にまとめたカリキュラムを構築。バイオサイエンスの基礎から学びをスタートし、学科ごとの専門性を深めていく教育ユニットを用意しています。

学校の特長2

専門実験と情報科学実習が必修。早期から専門性の高い実験に親しむことができる。

徹底した実験の重視で、1年次の週3コマに始まり、段階的にレベルアップを図っているのが最大の特徴です。高度なバイオ技術・研究者をめざすためには、何よりも実際の研究現場で通用する技術力と応用力が必要だからです。本学では1年次から専門基礎実験と情報科学実習を必修としています。早期から専門性の高い実験に親しむことができ、3年次までで実験864時間を確保しています。また、ゲノム情報というビッグデータの解析などに欠かせないのがコンピュータでの情報処理技術です。1人に1台のコンピュータを配置し、全学科の学生がバイオインフォマティクスの基礎を学びます。

学校の特長3

臨床検査学プログラムで臨床検査技師の国家資格取得をめざす。

2015年度から、臨床検査技師をめざす学生のために「臨床検査学プログラム」を開設しました。遺伝子診断、遺伝子治療といった最先端のバイオの知識と技術をもつ臨床検査技師の育成をめざしています。将来は、社会的ニーズの大きい病院などの医療機関での臨床検査業務や治験コーディネーター、産科領域での人工授精に関わる胚培養士、製薬会社での開発やMR、または大学や企業での研究職などがめざせます。2017年度からは「臨床検査学コース」として独立した募集を行っています。

右へ
左へ
学校の特長1

「教育ユニット」による学びで、目標の実現に必要な専門知識と技術を身につける。

生物学や農学、薬学、医学など幅広い領域に関わるバイオサイエンスについて総合的に学ぶ「バイオサイエンス学科」、動物個体レベルでの生物学に対する理解を深め、安全な食・医薬資源開発などに応用する「アニマルバイオサイエンス学科」、コンピュータを活用した遺伝子探究や医薬品設計、電子カルテの開発、運用といった情報技術を学ぶ「コンピュータバイオサイエンス学科」の3学科を設けています。また、学生の将来のイメージを明確にし、そのために必要な講義や実習群を「ユニット」として体系的にまとめたカリキュラムを構築。バイオサイエンスの基礎から学びをスタートし、学科ごとの専門性を深めていく教育ユニットを用意しています。

学校の特長2

専門実験と情報科学実習が必修。早期から専門性の高い実験に親しむことができる。

徹底した実験の重視で、1年次の週3コマに始まり、段階的にレベルアップを図っているのが最大の特徴です。高度なバイオ技術・研究者をめざすためには、何よりも実際の研究現場で通用する技術力と応用力が必要だからです。本学では1年次から専門基礎実験と情報科学実習を必修としています。早期から専門性の高い実験に親しむことができ、3年次までで実験864時間を確保しています。また、ゲノム情報というビッグデータの解析などに欠かせないのがコンピュータでの情報処理技術です。1人に1台のコンピュータを配置し、全学科の学生がバイオインフォマティクスの基礎を学びます。

学校の特長3

臨床検査学プログラムで臨床検査技師の国家資格取得をめざす。

2015年度から、臨床検査技師をめざす学生のために「臨床検査学プログラム」を開設しました。遺伝子診断、遺伝子治療といった最先端のバイオの知識と技術をもつ臨床検査技師の育成をめざしています。将来は、社会的ニーズの大きい病院などの医療機関での臨床検査業務や治験コーディネーター、産科領域での人工授精に関わる胚培養士、製薬会社での開発やMR、または大学や企業での研究職などがめざせます。2017年度からは「臨床検査学コース」として独立した募集を行っています。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

オープンキャンパス2017 推薦入試対策編

【イベント概要】 いよいよ受験シーズン突入! 受験勉強ってどんなことをすればいいの?どんな問題が出る…

続きを見る

長浜バイオ大学からのメッセージ

10月21日(土)オープンキャンパス「推薦入試対策編」を開催!予備校講師による推薦入試問題(英語、小論文)の解説講座、入試説明会、キャンパスツアー、個別相談コーナーなど、いよいよ入試本番!という内容です。学園祭と同日開催ですので、イベントや模擬店でも楽しみましょう!
夏のオープンキャンパス「実験・実習編」のレポート動画も公開中。本学ホームページの「動画チャンネル」からぜひご覧ください。

(9/12更新)

長浜バイオ大学の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

バイオ技術者・研究者

大久保 玲さん

難病の克服に役立つ遺伝子を導入した細胞を、安定して作り出せる方法を研究していま…

キャンパスライフレポート

詳細を見る

バイオサイエンス学部 バイオサイエンス学科

田中 かおりさん

これからも、たくさんの人に日本酒の魅力を伝えたいです!

入試情報

実施している入試一覧

WEB出願について

▼もっとみる
▲閉じる

合格難易度

学費(初年度納入金)

2017年度納入金/162万円
(入学金25万円、施設設備費27万円、実験・実習費10万円などを含む)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数238名
就職希望者数175名
就職者数168名
就職率96.0%(就職者数/就職希望者数)
進学者数56名

就職支援

専任スタッフとキャリアカウンセラーが、学生一人ひとりと個別面談

個別相談を重視し、教員・職員が一体となって就職支援に取り組んでいます。就職・キャリアサポートセンターでは、キャリアカウンセラーが常駐し、就職・キャリア担当職員とともに個別対応をしています。随時受けられる支援体制を確立し、学生一人ひとりと時間をかけて面談を実施。就活状況の確認と対策を一緒になって考え、早期の内定獲得を支援しています。その他、求人情報の提供や模擬面接などの多彩な支援メニューでも就活をサポートしています。また、卒業生採用実績企業を中心に、卒業生・人事担当者を招いての業界研究会や、年間100 社以上の企業が学内で企業説明会を開催するなど、企業との出会いの場を数多く設けているのも特長です。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試係

〒526-0829 滋賀県長浜市田村町1266番地
TEL:0749-64-8100 (代)

所在地 アクセス 地図・路線案内
滋賀県長浜市田村町1266 JR「田村」駅から徒歩 2分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年10月16日 16:55

    こんにちは!Facebookチームです。長浜市は、市民の力を借りて地域の魅力を広く発信するため、市の「Instagramページ」への市民の投稿を呼びかけています。長浜市のInstagramは、昨年10月にアカウントが開設され、地域の行事や景色を発信してきました。これらの情報をさらに充実させようと、「みんなのちょぴっく」と名付けてリニューアルされました。「ちょぴっく」とは、「ちょっとしたピクチャー」と「トピック」を掛け合わせた造語だそうです。 具体的には、Instagramのアカウントを取得していただき、そのアカウントに「#みんなのちょぴっく」というハッシュタグを付けて投稿してください。市の担当者がハッシュタグから取り込んで、長浜市のInstagramページに掲載するシステムです。「おすすめの観光名所や隠れた名店の紹介、それにイベントの様子など、とりわけ学生目線での投稿を期待しています」と市の担当者は呼びかけています。 これまでの投稿写真は景色が多かったようですが、これからはクラブ・サークルや自主活動団体が、イベントや活動写真などをドシドシ投稿し、長浜の魅力を発信するお手伝いをお願いします。問い合わせ先は、長浜市市民広報課(TEL. 0749-65-6504)です。

    https://www.facebook.com/1462872524010419/posts/1761430550821280

  • 2017年10月13日 12:28

    こんにちは!Facebookチーム・広報担当の伊藤です。今日は、メディアで紹介された長浜バイオ大学関連のトピックスを、3題ご紹介します。 「ビワトロマス」に商品名が決まった、本学発のブランド養殖ビワマスの話題を、10/12放送のNHK大津放送局「おうみ発630」で紹介していただきました。この放送のVTRは、「NHK NEWS WEB」( http://www3.nhk.or.jp/lnews/otsu/2064533111.html )で視聴できますので、ぜひ、ご覧願います。 もう1題は、10/15に乳がん啓発イベント「ピンクリボンながはま2017」を主催する、ピンクリボン長浜実行委員会を、10/13付の読売新聞しが県民情報が紹介しています。この中で、今春本学を卒業し、藤田保健衛生大学大学院で認定遺伝カウンセラーをめざしている木村栞菜さんが登場、乳がん卵巣がんの正しい知識を広める活動を行っているNPO法人「クラヴィスアルクス」と実行委員会の橋渡しなどの活躍を紹介しています。こちらも、ぜひ、ご覧願います。 3題目は、10/21.22に開催する本学学園祭“命洸祭”で、琵琶湖研究部(部長:亀田森羅さん・バイオサイエンス学科2年次生)が長浜市内のインド・ネパール料理店「カレーハウス」と共同でレシピ開発した、フィッシュカレーの話題です。「マジか!? バスでカレーライス」という見出しで紹介していただいたのは、地元湖北地域の夕刊紙「滋賀夕刊」10/12付です。琵琶湖の外来種ブラックバスと、地元で“マジカ”と呼ばれる在来種ニゴイを食材に使ったカレーです。食べることを通じて外来種や琵琶湖の環境問題を考えるきっかけになるカレーとご紹介いただきました。

    https://www.facebook.com/1462872524010419/posts/1760370267593975

  • 2017年10月12日 15:31

    こんにちは!Facebookチーム・広報担当の伊藤です。10/21,22に開催される本学の学園祭“命洸祭”で、琵琶湖研究部はブラックバスとニゴイを使ったオリジナルフィッシュカレーを、模擬店で提供します。それに先立ち10/11に、レシピを共同で開発したカレーハウス長浜店で、記者会見と試食会を開催しました。記者会見には、琵琶湖研究部から部長の亀田森羅さんと西山孝大さん(ともにバイオサイエンス学科2年次生)、南悠穂さん(アニマルバイオサイエンス学科4年次生)、それに今回の仕掛け人となったアニマルバイオサイエンス学科の野村慎太郎教授が参加しました。 琵琶湖研究部は、昨年の“長浜なつまつり”でブラックバスの天ぷらを提供するなど、琵琶湖や湖北地域に関わる産品を取り上げた、“ブロッコリー刈り”や“サボテンの寄せ植え”などのイベントを開催してきました。今年度の命洸祭でもブラックバスを使った料理の提供を計画していました。そこに、野村先生から、ブラックバスとニゴイを使ったカレーを作ってみたらどうかという提案があり、先生の知り合いのインド・ネパール料理店「カレーハウス」オーナーのシャプーユータ・ラムさんの紹介を受けて、共同でレシピ開発に取り組んできたものです。 ニゴイは、アニマルバイオサイエンス学科「湖北動物プロジェクト」の授業で、米原市天野川での投網漁体験で収穫したものです。コイに似ていることからニゴイと名づけられ、湖北地域ではマジと呼ばれているそうです。白身の魚で美味しいのですが、Y字型の小とげが多くて商品価値は低く、蒲鉾や天ぷらの材料として使われています。今回のカレーは、これまで見向きされなかった在来種と外来種の魚を、インド・ネパールのカレーと滋賀県産のコシヒカリがジョイントし、日本人の学生とネパール人のシェフが共同開発したという面白さがあります。命洸祭では、予定価格300円で、両日で100食を限定販売します。琵琶湖研究部は、「外来魚の“食”としての利用価値を知ってもらうことを通じて、環境問題を考えるきっかけにしたいと思っています。命洸祭では、たくさんの地域住民のみなさんにこのフィッシュカレーを食べていただきたい」と呼びかけています。

    https://www.facebook.com/1462872524010419/posts/1760093740954961

  • 2017年10月10日 10:59

    こんにちは!Facebookチーム・広報担当の伊藤です。本学アニマルバイオサイエンス学科の河内浩行研究室と、(株)びわ鮎センター(川瀬利弥代表取締役)が共同開発した餌で養殖した、ビワマスの商品名が「ビワトロマス」に決まりました。また、商品名とともに意匠デザインも決定し、養殖して出荷する(株)びわ鮎センターが特許庁に商標登録の申請を済ませました。 本学発の養殖ビワマスの商品名と意匠デザインは、学生と教職員を対象に募集していましたが、短期間にも関わらず商品名が45件、意匠デザインには25件の応募がありました。その中から、和田修一准教授(アニマルバイオサイエンス学科)の商品名と、小竹真由さん(アニマルバイオサイエンス学科4年次生)の意匠デザインの採用が決まり、10月6日に表彰式を行い、養殖ビワマス1匹とクオカード1万円分がそれぞれに贈られました。 和田先生は、「長浜バイオ大学の研究成果が社会に出ることは大変嬉しいことで、何か力になりたいと思い応募しました。商品名には、トロのように脂が乗っているビワマスという思いを込めました」と話しています。小竹さんは、「河内研究室の学生にいろいろと聞きながら、水が跳ねるビワマスの生きいきとした姿と特徴的な大きな目、琵琶湖の宝石とも呼ばれることから斑点を虹色にしました」と語っています。ちなみに、小竹さんがもらったビワマスは、研究室のみんなで食べるそうです。

    https://www.facebook.com/1462872524010419/posts/1759373814360287

  • 2017年10月05日 15:53

    こんにちは!Facebookチーム・広報担当の伊藤です。10/11放送のNHK大津放送局「おうみ発630」(18:30~19:00)に、長浜バイオ大学の“iGEM Nagahama”とコンピュータバイオサイエンス学科の小倉淳先生が登場します。ぜひ、ご覧願います! “iGEM Nagahama”は滋賀県の特産品である鮒ずしの謎の解明を目的に、滋賀県内の飲食店や業者さんにお願いして鮒ずしを分けていただき、メタゲノム解析を進めています。これは、ニゴロブナと飯だけで作る鮒寿司を発酵させる菌は何に由来するものなのか、また、含まれている菌の種類で鮒ずしの色や臭い、うま味はどう変わるのかを徹底解剖するものです。番組インタビューでリーダーの鎌田恵輔さん(バイオサイエンス学科2年次生)が取り組みの概要を紹介し、小倉先生がメタゲノム解析とはどういうものなのかを解説します。 今年の合成生物学の世界大会には、“iGEM Nagahama”から鎌田さんと後藤由佳さん(同2年次生)、市川椋太さん(同1年次生)の3人が参加します。こちらのテーマは、発展途上国や飢餓で苦しんでいる地域を中心に、鮒ずしのようななれ寿司を普及することだそうです。欧米諸国ではこうした地域への食糧援助が盛んですが、穀物や炭水化物が中心のため、タンパク質が不足して栄養失調状態に陥る例も多いとのこと。その問題を解決するために、海や川で獲れる魚類を使い、炭水化物を補う栄養素を微生物に作らせる、いわゆる高機能なれ寿司の開発に挑戦しています。11/8に中部国際空港からボストンに向い、11/15に帰国する予定だそうです。

    https://www.facebook.com/1462872524010419/posts/1757728921191443

長浜バイオ大学(私立大学/滋賀)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    医療・看護・教育の専門技術や“心構え”を学び、人々を支えるスペシャリストになる。

  • Photo

    2017年4月、経営学部を開設。文理融合の総合大学へ。

  • Photo

    2017年4月「現代社会学部」、2018年4月「情報理工学部」誕生!9学部を有する総合大学

  • Photo

    京都太秦に新キャンパスが誕生。ビジネス・医療・人文・バイオの「実学」を学ぶ!

  • Photo

    高度の専門能力と研究能力を合わせ持つ“ファーマシスト・サイエンティスト”を育成

  • Photo

    You,Unlimited! ~未来を想う。そこに無限の可能性はある~

  • Photo

    人間に対する理解を深め、広く社会と地域に貢献できる人材を育成します

  • Photo

    中部圏トップクラスの総合大学。文・理の枠を越えて学び、自らの道を究めよう

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる