• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 滋賀
  • 長浜バイオ大学

私立大学/滋賀

ナガハマバイオダイガク

長浜バイオ大学の風景

「産官学」が連携し、最先端スキルをもつ高度なバイオ技術者・研究者を育成する大学

地域企業の支援のもと、産官学連携による多彩な学びを実施。最新のバイオ技術を学ぶ環境が整い、豊かな知識や応用力を生かして医薬品や食品、化学、IT関連など、幅広い業種で活躍できる技術者・研究者を育成します。

長浜バイオ大学の特長

長浜バイオ大学の特長1

卒業後の進路を明確にして、目標の実現に必要な専門知識と技術を身につける。

飛躍的に発展する生命科学分野の最先端を、食農科学系、生命工学系、生命情報学系の学びを通じて追究する「フロンティアバイオサイエンス学科」、バイオと生物情報学を基礎に、次世代の医療(遺伝子診断・再生医療)を担う医療人・臨床検査技師を育成する「臨床検査学コース」、医科学系、創薬科学系、医療情報系の学びを、現代の高度化・専門化したバイオメディカル分野に生かす「メディカルバイオサイエンス学科」、動物の営みとその機能を分子や個体レベルで、動物科学系、食品衛生学系、食品・実験動物学系、生物多様性学系の学びを通じて探究する「アニマルバイオサイエンス学科」の3学科1コースを設置しています。

長浜バイオ大学の特長2

専門実験と情報科学実習が必修。1年次から専門性の高い実験に親しむことができる。

徹底した実験の重視で、1年次の週3コマに始まり、段階的にレベルアップを図っているのが最大の特徴です。高度なバイオ技術・研究者をめざすためには、何よりも実際の研究現場で通用する技術力と応用力が必要だからです。本学では1年次から専門基礎実験と情報科学実習を必修としています。早期から専門性の高い実験に親しむことができ、3年次までで実験900時間(アニマルバイオサイエンス学科は864時間)もの実験時間を確保しています。また、ゲノム情報というビッグデータの解析などに欠かせないのがコンピュータでの情報処理技術です。技術の修得のため、全学科の学生がバイオインフォマティクスの基礎を学びます。

長浜バイオ大学の特長3

臨床検査学コースで臨床検査技師の国家資格取得をめざす。

2015年度から、臨床検査技師をめざす学生のために「臨床検査学コース」を開設しました。遺伝子診断、遺伝子治療といった最先端のバイオの知識と技術をもつ臨床検査技師の育成をめざしています。将来は、社会的ニーズの大きい病院などの医療機関での臨床検査業務や治験コーディネーター、産科領域での人工授精に関わる胚培養士、製薬会社での開発やMR、または大学や企業での研究職などがめざせます。

右へ
左へ
長浜バイオ大学の特長1

卒業後の進路を明確にして、目標の実現に必要な専門知識と技術を身につける。

飛躍的に発展する生命科学分野の最先端を、食農科学系、生命工学系、生命情報学系の学びを通じて追究する「フロンティアバイオサイエンス学科」、バイオと生物情報学を基礎に、次世代の医療(遺伝子診断・再生医療)を担う医療人・臨床検査技師を育成する「臨床検査学コース」、医科学系、創薬科学系、医療情報系の学びを、現代の高度化・専門化したバイオメディカル分野に生かす「メディカルバイオサイエンス学科」、動物の営みとその機能を分子や個体レベルで、動物科学系、食品衛生学系、食品・実験動物学系、生物多様性学系の学びを通じて探究する「アニマルバイオサイエンス学科」の3学科1コースを設置しています。

長浜バイオ大学の特長2

専門実験と情報科学実習が必修。1年次から専門性の高い実験に親しむことができる。

徹底した実験の重視で、1年次の週3コマに始まり、段階的にレベルアップを図っているのが最大の特徴です。高度なバイオ技術・研究者をめざすためには、何よりも実際の研究現場で通用する技術力と応用力が必要だからです。本学では1年次から専門基礎実験と情報科学実習を必修としています。早期から専門性の高い実験に親しむことができ、3年次までで実験900時間(アニマルバイオサイエンス学科は864時間)もの実験時間を確保しています。また、ゲノム情報というビッグデータの解析などに欠かせないのがコンピュータでの情報処理技術です。技術の修得のため、全学科の学生がバイオインフォマティクスの基礎を学びます。

長浜バイオ大学の特長3

臨床検査学コースで臨床検査技師の国家資格取得をめざす。

2015年度から、臨床検査技師をめざす学生のために「臨床検査学コース」を開設しました。遺伝子診断、遺伝子治療といった最先端のバイオの知識と技術をもつ臨床検査技師の育成をめざしています。将来は、社会的ニーズの大きい病院などの医療機関での臨床検査業務や治験コーディネーター、産科領域での人工授精に関わる胚培養士、製薬会社での開発やMR、または大学や企業での研究職などがめざせます。

右へ
左へ
長浜バイオ大学の特長1

卒業後の進路を明確にして、目標の実現に必要な専門知識と技術を身につける。

飛躍的に発展する生命科学分野の最先端を、食農科学系、生命工学系、生命情報学系の学びを通じて追究する「フロンティアバイオサイエンス学科」、バイオと生物情報学を基礎に、次世代の医療(遺伝子診断・再生医療)を担う医療人・臨床検査技師を育成する「臨床検査学コース」、医科学系、創薬科学系、医療情報系の学びを、現代の高度化・専門化したバイオメディカル分野に生かす「メディカルバイオサイエンス学科」、動物の営みとその機能を分子や個体レベルで、動物科学系、食品衛生学系、食品・実験動物学系、生物多様性学系の学びを通じて探究する「アニマルバイオサイエンス学科」の3学科1コースを設置しています。

長浜バイオ大学の特長2

専門実験と情報科学実習が必修。1年次から専門性の高い実験に親しむことができる。

徹底した実験の重視で、1年次の週3コマに始まり、段階的にレベルアップを図っているのが最大の特徴です。高度なバイオ技術・研究者をめざすためには、何よりも実際の研究現場で通用する技術力と応用力が必要だからです。本学では1年次から専門基礎実験と情報科学実習を必修としています。早期から専門性の高い実験に親しむことができ、3年次までで実験900時間(アニマルバイオサイエンス学科は864時間)もの実験時間を確保しています。また、ゲノム情報というビッグデータの解析などに欠かせないのがコンピュータでの情報処理技術です。技術の修得のため、全学科の学生がバイオインフォマティクスの基礎を学びます。

長浜バイオ大学の特長3

臨床検査学コースで臨床検査技師の国家資格取得をめざす。

2015年度から、臨床検査技師をめざす学生のために「臨床検査学コース」を開設しました。遺伝子診断、遺伝子治療といった最先端のバイオの知識と技術をもつ臨床検査技師の育成をめざしています。将来は、社会的ニーズの大きい病院などの医療機関での臨床検査業務や治験コーディネーター、産科領域での人工授精に関わる胚培養士、製薬会社での開発やMR、または大学や企業での研究職などがめざせます。

右へ
左へ

長浜バイオ大学の学部・学科・コース

長浜バイオ大学の入試情報

下記は全学部の入試情報をもとに表出しております。

【注意】昨年度の情報の可能性がありますので、詳細は各入試種別のページをご覧ください。
  • 試験実施数 エントリー・出願期間 試験日 検定料
    9 9/1〜9/24 8/4〜9/28 入試詳細ページをご覧ください。
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    17 10/21〜12/2 11/9〜12/8 入試詳細ページをご覧ください。
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    25 1/6〜3/5 1/28〜3/11 入試詳細ページをご覧ください。
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    21 1/6〜2/14 1/18〜2/20 入試詳細ページをご覧ください。
入試情報を見る

合格難易度

長浜バイオ大学の学費(初年度納入金)

2020年度納入金/164万円
(入学金25万円、授業料95万円、施設設備費27万円、実験・実習費12万円、諸費などを含む)

長浜バイオ大学の就職・資格

卒業後の進路データ (2019年3月卒業生実績)

卒業者数227名
就職希望者数183名
就職者数180名
就職率98.4%(就職者数/就職希望者数)
進学者数34名

就職支援

専任スタッフとキャリアカウンセラーが、学生一人ひとりと個別面談

個別面談を重視し、教員・職員が一体となって就職支援に取り組んでいます。就職・キャリアサポートセンターでは、キャリアカウンセラーが常駐し、就職・キャリア担当職員とともに個別対応をしています。随時受けられる支援体制を確立し、学生一人ひとりと時間をかけて面談を実施。就活状況の確認と対策を一緒になって考え、早期の内定獲得を支援しています。その他、求人情報の提供や模擬面接などの多彩な支援メニューでも就活をサポートしています。また、卒業生採用実績企業を中心に、卒業生・人事担当者を招いての業界研究会や、年間100 社以上の企業が学内で企業説明会を開催するなど、企業との出会いの場を数多く設けているのも特長です。

長浜バイオ大学の問い合わせ先・所在地・アクセス

入試係

〒526-0829 滋賀県長浜市田村町1266番地
TEL:0749-64-8100 (代)

所在地 アクセス 地図・路線案内
滋賀県長浜市田村町1266 JR「田村」駅から徒歩 2分

地図

 

路線案内

長浜バイオ大学のブログ・インフォ

  • 2019年07月24日 17:20 facebook

    本学 吉川清次教授が、清水健基金から寄付金を贈呈されました。 フリーキャスターの清水健さんが設立された清水健基金から、本学で腫瘍医学の研究を行う吉川清次教授に、清水健さん本人から寄付金が贈呈されました。贈呈式は長浜市役所で、藤井市長もご臨席のもと執り行われました。  清水健基金は、清水健氏が月~金のキャスター時代(2016年4月19日)、自身初の著書『112日間のママ』の印税をもとに、一人でも笑顔の人が増えてほしい…、一人でも悲しむ人が減ってほしい…、との強い想いによって「一般社団法人清水健基金」を設立され、代表理事に就かれています。  今回の寄付金は、2019年5月19日に長浜文化芸術会館で開催された、清水健×白井大輔 トーク&コンサート チャリティーLIVE ~笑顔~ で集められた基金をもとに、寄付金(チャリティーコンサートで集まった、みんなの想い)が、吉川教授の乳癌を含む腫瘍医学の研究に届けられました。 清水健さんは、寄付金という言葉ではなく、みんなの“想い”を届けますと話されました。 吉川教授は、感謝の言葉とともに、医学は日々進歩して、遺伝子の配列も読める時代となりましたが、患者さんの“哲学”とか“生き方”がとても大事で、それがあってこそサイエンスのモチベーションがあがっていくと話しました。 贈呈の後は、長浜市長のあいさつと、チャリティーライブでも披露された、長浜市少年少女合唱団「輝らりキッズ」の手話付の合唱を鑑賞し、みんなの想いを改めて心に感じて贈呈式を終えました。

    https://www.facebook.com/1462872524010419/posts/2111651365799195

  • 2019年07月16日 16:54 facebook

    こんにちは!Facebookチーム・広報担当の伊藤です。少し前の話となりますが、昨年に続いて2回目となる、長浜バイオ大学生向けの「早崎内湖ビオトープ 夜の生物観察会」が6月13日に開催され、アニマルバイオサイエンス学科齊藤修研究室の学生5人と琵琶湖研究部の学生12人が参加しました。この企画は、早崎内湖干拓地の約1/5を湛水して動植物の調査を行っている日本最大のビオトープ実験地を、もっと学生にも知ってもらおうと早崎内湖再生保存協議会が昨年に続いて開催したものです。 当日は午後7時から早崎内湖の歴史を学んだ後、さっそく対岸まで船を漕ぎながらビオトープの水面を観察、今年は内湖一面にハスが群生しており、触ってみたらギザギザして少し痛かったそうです。周辺のヨシの若い芽は食べることができると聞いて食べてみたら、食感は芋のようで味はアクがきつかったそうです。実際は煮てアクを抜き、味付けしてから食べるらしく、食べ過ぎるとプロテアーゼの力で口内が血まみれになるので要注意のようです。 内湖の浅瀬で網を使っての生物採取ではエビや小魚が採れ、地引網を用いた生物採取ではメダカ、ザリガニ(在来種か外来種は不明)、コオイムシ、オタマジャクシ(すべて外来種)、ナマズなどが確認でき、学生たちは暗い中をライトで照らし、できるだけ多くを見て取ろうと採取生物の入ったトレーに夢中になっていたそうです。 参加した学生からは、「舟を漕ぐ体験は新鮮で、蓮の葉を間近で観察できた。地引網では生物がとても密集していて、外来種がいたとはいえ、環境がいいのだなと感じた」、昨年も参加した学生は「去年とは違う生物が見られて興味深かった」「早崎内湖が去年とは全く違う景色(ハスの群生)になっていて驚いた。地引網でも去年とはまた違ってオタマジャクシが減っていた、毎年参加してその後を見てみたいと思った」などの感想が寄せられ、貴重な体験をしたようでした。

    https://www.facebook.com/1462872524010419/posts/2106898922941106

  • 2019年07月04日 15:59 facebook

    こんにちは!Facebookチームです。長浜バイオ大学では、文部科学省の私立大学研究ブランディング事業に採択された、「フレキシブル植物工場システムと先端バイオ技術を基盤とした新たなグリーンイノベーション」に取り組んでいます。その一つとして、地域の伝承野菜・尾上菜のブランド化をめざして長浜農業高校、滋賀県調理短期大学校、長浜市、一般社団法人バイオビジネス創出研究会と協同でさまざまな取り組みを行っています。 4月25日に実施した長浜農業高校との連携講座では、原種に近い尾上菜の作出を目的として人工授粉を行いました。それから約2ヵ月が経過して種子ができたので、7月3日の連携講座では古川岳人先生(フロンティアバイオサイエンス学科助教)の指導で、自家受粉・他家受粉・つぼみ受粉といった人工授粉の方法の違いで、種子数がどの様に変わったのかについて調査・学習を行いました。 講義と作業の説明の後、高校生がそれぞれの方法で人工授粉を行った尾上菜から種子が入っている鞘を採取、その中に入っている数を数えていきました。作業後、なぜ人工授粉の仕方で数が違うのかについて古川先生が説明しました。その後、生徒から3回の講座へのお礼が述べられ講座を終了しました。生徒たちは、これらの内容をまとめ、7月7日に本学で開催される「小谷城スマートIC周辺で取り組む6次産業化セミナー」で発表をおこないます。

    https://www.facebook.com/1462872524010419/posts/2099715280326137

  • 2019年07月03日 18:37 facebook

    こんにちは!Facebookチーム広報担当の宮部です。本日7月3日の午後3時、長浜バイオ大学大学院バイオサイエンス研究科博士課程前期課程の、学内進学入試の合格発表がありました。 合格発表は今どき珍しく?事務室前掲示板に合格者の受験番号を貼り出します。受験した4年次生は5分前から続々と事務室前に集まり、周囲の緊張感が徐々に高まっていきました。受験生は時間ちょうどに貼り出された合格受験番号を確認して、喜び合ったり健闘をたたえ合ったり記念撮影をしたりと、一気に賑やかになりました。学内Webページでも合格発表をしているので、スマホで確認する姿も見られましたが、顔を寄せ合って掲示された番号を確認する受験生の姿が印象的でした。午後5時からは、合格者対象の説明会が行われました。齊藤修研究科長より祝福の辞が述べられ、「大学院入試の準備をしたことで研究内容の理解が深まったはずです。ぜひ来年学会発表ができるように、また研究内容が学会で認められるように、これからも頑張ってください」と合格者を激励しました。この後、一人ずつに研究科長から合格通知が手渡されました。 このFacebookページの「誕生日」が4年前の学内進学入試合格発表の日でしたので、晴れて5年目を迎えることができました。これからも長浜バイオ大学の取り組みや学生たちの活動に「いいね!」をいただけるように、情報を発信していきます。

    https://www.facebook.com/1462872524010419/posts/2099254487038883

  • 2019年07月02日 10:46 facebook

    こんにちは!Facebookチームです。キャリア教育を担当している松島三兒先生より、先日の「社会の問題と解決方法」に続いて講義のレポートをいただきましたのでご紹介します。 3年次キャリア科目「社会との関わりとキャリアパス」では、6月8日(土)13~17時に、「納得する就職・働き方とは」と題する卒業生との意見交換会を開催しました。この取り組みは2014年度から行っているもので、さまざまな業種・職種で活躍する卒業生との意見交換を通じて、学生たちに自分に合った働き方を考えるきっかけとしてもらうことを目的としています。 今年は、様々な業種の企業で働く人に加え、自営農業従事者や公務員など10名の卒業生に来ていただきました。当日は、まず卒業生一人ひとりから、現在の仕事、その仕事を選んだ理由、仕事への思いなどを語っていただきました。その後午後3時から学生たちからの質問に答えていただくセッションに移り、「就職か進学かの進路選択をするうえで決め手となったことは何か」「会社を選ぶとき何を重視したか」「学生時代に取り組んだことで役に立っていることは何か」「就活と卒業研究をどのように両立させたか」などの質問が出されました。学生たちは、これらの質問に対する卒業生の考えを聴くことで、誰にとってもの正解はなく、価値観により答えはさまざまだということに気づかされたのではないかと思います。 「就職に対して不安があったが、今回さまざまな仕事についてのやりがいや選んだ理由などを聞いて、自分のやりたいことを考えるよい機会になった」「自分はまだやりたいことが見つけられていないが、先輩のなかにも最初自分のやりたいことが分からなかったという人がいて、その人から話を聞くことができて前向きに考えることができるようになった」「企業を退職して農業大学校に通い、農業という道で自分の思いを実現された方のお話を聞いて、決して甘くはないけれども、やりたいことを目指していいんだとの思いを持つことができた」—学生たちからはこうした感想が聞かれ、先輩たちの体験から多くの気づきを得ることができた様子がうかがえました。 当日参加してくれた卒業生(五十音順):川上喬史さん(株式会社ミエデンシステムソリューション)、桐生智子さん(東海物産株式会社)、窪田有翔さん(株式会社エイツーヘルスケア)、小竹真由さん(日本クレア株式会社)、小原将矢さん(こはら農園)、後藤響子さん(株式会社日吉)、園部浩史さん(由利ロール株式会社)、辰巳博基さん(武田薬品工業株式会社)、寺園康弘さん(滋賀県庁)、堀家史哉さん(築野食品工業株式会社)

    https://www.facebook.com/1462872524010419/posts/2098452233785775

長浜バイオ大学(私立大学/滋賀)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 龍谷大学

    未来を想う。そこに無限の可能性はある ~ You, Unlimited ~

  • 近畿大学

    6つのキャンパスに医学から芸術分野までを集積した、日本最大規模の総合大学。

  • 立命館大学

    多文化協働のリーディング大学。既存の枠を超えて、新たな未来を創造する。

  • 京都先端科学大学

    京都で、経済経営・人文・バイオ・健康医療・工学の実学教育を学ぶ!

  • 京都産業大学

    文系・理系10学部体制へ。2021年4月には、3つの新しい学びがスタート

  • 関西大学

    「考動」する関大人が世界を拓く。社会の変化に挑みつづけるために自ら考え、行動する

  • 摂南大学

    Smart and Human 広く深い知のネットワークを構築し、人と人との絆を深める

  • 金沢工業大学

    未来社会をリードする研究力を身につける

  • 岡山理科大学

    「好奇心全開。探究心無限大。」をキャッチフレーズに多彩な研究に取り組んでいます

  • 同志社大学

    グローバル化が進むキャンパスで学ぶ!

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる