• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 北海道
  • 酪農学園大学

酪農学園大学からのメッセージ

2022年5月11日に更新されたメッセージです。

2022年度酪農学園大学オープンキャンパスについてお知らせします。
完全予約制、人数制限で開催します。

オープンキャンパス:本学開催(7/23~24、9/24~25)

出張オープンキャンパス:in大阪(8/27)、in東京(8/29)

WEBオープンキャンパス:Zoom&YouTube(5/21・10/15・3/11)

ミニ出張オープンキャンパス:名古屋(5/29)大阪(6/4)東京(6/11)福岡(6/18)仙台(6/25)

※詳細は本学受験生サイトでご確認ください。

酪農学園大学で学んでみませんか?

酪農学園大学の風景

北海道が、君を変える。「農・食・環境・生命」を学び、『生き抜く力』をつける。

2学群、5学類を設置。農食環境学群は、循環農学類、食と健康学類(管理栄養士コース含む)、環境共生学類。獣医学群は、獣医学類、獣医保健看護学類。進みたい分野を見つけてからコースを選択できる。(一部を除く)

酪農学園大学はこんな学校です

教育方針や校風が魅力

酪農学園大学の特長1

健全な生命は健全な土、健全な食物から育まれる「健土健民」の理念のもとに開校

ここ数年、「自然環境」や「食の安全」がクローズアップされていますが、本学は1933年に設立された北海道酪農義塾の時代から“健やかな土から生み出される健やかな食物によって健やかな生命が育まれる”を意味する「健土健民」の理念のもと、人と地球の未来に役立つ実学教育に取り組んでいます。その理念は、農・食・環境・生命をつなぐものであり、そこには創立者・黒澤酉蔵が唱えた「循環農法」が息づいています。こうして、酪農から農業経済、食品製造、食品流通、栄養学、環境学、獣医学まで文系と理系の両方の学びを備えた大学として発展してきました。

施設・設備が充実

酪農学園大学の特長2

本格的な設備・施設を整え、実情に即した知識と技術が身につく環境を実現

4棟のガラス温室がある作物生産ステーションは温度や日射量などを計測し、自動で栽培環境を制御できるため冬場でも栽培が可能です。また、日本最大級の規模を誇る「附属動物医療センター」は、獣医学の臨床教育と学術研究の場であり、地域における動物医療の中核。このほか、「乳製品製造実験実習室」は乳製品を、「食品加工実習室」は肉製品を製造できる施設で、そこでつくられた製品は『酪農学園ブランド』として学内の生協で委託販売されています。また、地図と地域の情報を組み合わせてコンピュータで解析するGIS(地理情報システム)といった日本有数の設備も。生活面では、遠隔地出身者のために学生寮も設置しています(男女各1寮)。

自然がいっぱいの広いキャンパス

酪農学園大学の特長3

北海道の自然を感じることができる落ち着いた環境が豊かな学びを支える

北海道の広大な大地と自然の恩恵をたっぷり受けた総面積135haもの広さを持つキャンパスは、190万都市・札幌から最寄りの大麻駅までJRで約15分。都市の利便性と豊かな自然環境を併せ持つ江別市にあります。南側には道立自然公園・野幌森林公園が広がり、大自然の宝庫でのフィールドワークをはじめ、道内各地の農家で農業実習を行うなど、北海道の環境を生かしたカリキュラムは本学ならではです。牛舎や圃場などの研究施設も豊富にあり、体験型学習を通じて実社会で活躍できる能力を育んでいきます。自然に恵まれた牧歌的環境の中で学べるのが、最大の特長です。

酪農学園大学の特長を詳しく見る

あなたは何を学びたい?
酪農学園大学の学部学科、コース紹介

獣医学群

獣医学類 (定員数:120人)

獣医保健看護学類 (定員数:60人)

農食環境学群

循環農学類 (定員数:240人)

酪農学コース

畜産学コース

農学コース

農業経済学コース

教職コース

食と健康学類 (定員数:160人)

食資源開発学コース (定員数:120人)2コース合計人数

食品流通開発学コース (定員数:120人)2コース合計人数

管理栄養士コース (定員数:40人)

教職コース

環境共生学類 (定員数:120人)

生命環境学コース

野生動物学コース

酪農学園大学の就職・資格

卒業後の進路データ (2021年3月卒業生実績)

卒業者数733名
就職希望者数627名
就職者数600名
就職率95.7%(就職者数/就職希望者数)
進学者数27名

満足度100%の就職へ向けて、入学直後から細やかにサポートします

キャリアセンターでは、学生の希望に合わせ多角的な支援体制を構築しています。インターンシップの紹介や内定取得のノウハウを学ぶ「就活講座」を始め、学内業界セミナー、公務員試験対策講座など各種講座を開催しています。アドバイザーが学生個人を対象に、個別相談、履歴書や自己PR等の添削、オンラインも含めた個人面接練習を行うほか、集団面接練習も実施しています。

酪農学園大学の就職についてもっと見る

気になったらまずは、オープンキャンパスにいってみよう

イベント

  • オープンキャンパス の詳細

    オープンキャンパス 

    【プログラム】 ◇学類イベント 学類の魅力とキャンパスライフを紹介!具体的なキャンパスライフがイメージができます。 ◇学食体験 プレゼントの学食チケットで、豊富な学食メニューを体験! ◇見学ツアー 研究施設やサークルの活動場所など、大学をオーキャンスタッフと一緒に周ろう! ◇個別入試相談 自分にはどんな入試制度が合うのか?入試について不安なことは、なんでも聞いてみよう! ◇学生相談 勉強時間や課題・宿題の量、バイトはしている? etc.. 素朴な質問を在学生にぶつけてみよう! ※新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、日程が変更となる場合があります。 最新情報は随時、大学のホームページにてご案内いたします。 酪農学園大学受験生サイト https://nyushi.rakuno.ac.jp/ 酪農学園大学HP  https://www.rakuno.ac.jp/

  • 出張オープンキャンパスin大阪の詳細

    出張オープンキャンパスin大阪

    【酪農学園大学出張オープンキャンパスin大阪】 感染予防策を十分とったうえで、完全予約制、人数限定で開催します。 【開催内容】 ◎オープニング・大学概要紹介 「酪農学園大学全体の魅力」を紹介します。 北海道の広大なキャンパスにある施設、学群教育ならではの学びのつながりについてなど、魅力をお伝えします。 ◎教員による学類の魅力紹介・学生によるキャンパスライフ紹介 北海道の大自然にある酪農学園大学ならではの魅力を教員が直接お伝えします。学類の魅力がわかり、大学での学びが楽しみになります。 また関西圏出身の学生がキャンパスライフを紹介します。「なぜ酪農学園大学を志望したのか」「どんな実習、学びがおもしろいと感じたのか」「これからの将来について何を目指しているのか」など、をお話します。 ◎個別相談(教員、学生、入試広報センター職員) 「自分には、どんな入試制度が合うのか?」「推薦入試の対策は?」「初めての北海道の暮らしは?」「どんな実習がありますか?」「先輩たちは、どんな就職先に、就職していますか?」など、なんでもお気軽にご相談ください。 【申し込み】 参加には事前申し込みが必要となります。 申し込みフォームの開設時期については、2022年7月下旬を予定しています。 もうしばらくお待ちください。 【日時、会場、住所】 酪農学園大学 出張オープンキャンパスin大阪(心斎橋開催) ■日時:2022年8月27日(土) 獣医学群:9時30分~12時00分 農食環境学群:13時00分~16時00分 ■会場:TKP心斎橋駅前カンファレンスセンター ■住所:大阪府大阪市中央区南船場3-11-18 郵政福祉心斎橋ビル  みなさんの進路を応援する日になるように取り組みます。ぜひご参加ください! 酪農学園大学受験生サイト https://nyushi.rakuno.ac.jp/ 酪農学園大学HP  https://www.rakuno.ac.jp/

酪農学園大学の所在地・アクセス

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道江別市文京台緑町582番地 「大麻」駅南口から徒歩 約10分
「新さっぽろ」駅からJR・夕鉄バス 約20分 とわの森三愛高校前下車徒歩 5分
「新さっぽろ」駅からJR・夕鉄バス 約20分 酪農学園前下車徒歩 5分
「新さっぽろ」駅から夕鉄バス 約20分 酪農学園構内下車徒歩 1分

地図

 

路線案内

酪農学園大学で学ぶイメージは沸きましたか?

つぎは気になる学費や入試情報をみてみましょう

酪農学園大学の学費や入学金は?
初年度納入金をみてみよう

2022年度納入金 【農食環境学群】循環農学類/148万4000円、食と健康学類/148万4000円、環境共生学類/148万4000円、 【獣医学群】獣医学類/256万4000円、獣医保健看護学類/156万4000円
(入学金含む)

酪農学園大学の入試難易度は?
偏差値・入試難易度

酪農学園大学の学部別偏差値・共通テスト得点率

現在表示している入試難易度は、2022年1月現在、2022年度入試を予想したものです。 偏差値・合格難易度情報: 河合塾提供
  • BF
  • 30
  • 40
  • 50
  • 60
  • 70〜
BF~35.0
37.5~50.0

酪農学園大学の関連ニュース

酪農学園大学に関する問い合わせ先

入試広報センター広報課

(直通)

〒069-8501 北海道江別市文京台緑町582番地
TEL:0120-771-663 (フリーダイヤル)

酪農学園大学(私立大学/北海道)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 「生きる」を支える。農・生命科学関連分野で社会貢献できる人材を育成

  • 現代社会のニーズに応える「生命科学」の総合大学

  • 動物の医療と看護、動物生産、食を支えるスペシャリストを育成

  • 個性的な研究と充実の教育環境で学び、国内外の第一線で活躍できる人材をめざす!

  • 日本をまるごと学びのフィールドに。2022年4月に向け全国5キャンパス23学部を整備!

  • 君たちとつくる137年の歴史と伝統。北海道最大級の私立総合大学で世界と地域をつなぐ

  • 医療系総合大学でチーム医療を学び、これからの医療をリードする専門職をめざす。

  • 国際、栄養、リハビリ、 看護、教育・保育を実践的に学び、 笑顔で世界と向き合う!

  • 細分化されたコース制で少人数学習を実践。卒業時までに確固たる専門性を身につける

  • 北海道No.1の実学系総合大学の実現に向け、より高度な学びを実践!

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる
この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!
資料請求する
RECRUIT