• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 日本医療科学大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 保健医療学部
  • 臨床工学科

日本医療科学大学 保健医療学部 臨床工学科

定員数:
40人

いのちを守る医療機器の操作と保守・管理を行う医療機器のエキスパート、臨床工学技士を育成します

学べる学問
  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 臨床工学技士

    生命にかかわる高度な医療機器を扱う“いのちのエンジニア”

    人工呼吸器や人工透析装置、人工心肺装置など、生命を維持するための装置を操作し、その保守と点検を行うのがおもな仕事。医学的な知識と工学的な知識を兼ね備えてなければいけない。

初年度納入金:2022年度納入金(参考) 186万3000円  (入学金:30万円/授業料:80万円/その他諸経費:76万3000円)

日本医療科学大学 保健医療学部 臨床工学科の学科の特長

保健医療学部 臨床工学科の学ぶ内容

医学と工学の両面から医療技術を学び、医療の安全、質の向上に貢献できる臨床工学技士を育成
日進月歩の医療技術をリードする臨床工学技士を育成するため、医学と工学の両分野を基礎から系統的に学べるカリキュラムを組んでいます。他学科との連携科目である「チーム医療演習」では、多職種への理解を深め、チーム医療の一員としての責任と役割を自覚し、医療の安全と質の向上に貢献できる臨床工学技士を育成します。
「先生との距離も近く、親身になって相談にのってくれます」
「オープンキャンパスに参加した際、親身になって相談にのってくださった先生に惹かれ志望しました。週2回ある工学実験では、各機器の使い方や電子回路の組み方などグループで積極的に協力して行うため、実践力と共にコミュニケーション能力も身につきます。クラスも少人数でみんなの仲が良いことも魅力の一つです」(3年生)

保健医療学部 臨床工学科のカリキュラム

医学・工学両分野の広範な科目が有機的に組まれ、充実した設備で実践的知識・技術を修得します
医学分野の科目に加え、電気・電子工学やシステム工学などの広範な基礎科目が有機的に組まれています。専門科目では、生命維持管理装置を中心とする各種医療機器の原理・構造と、適正かつ安全な使用法や保守管理に関する科目が系統的に配されています。病院とも緊密に連携し、医療現場で体験的に学べる環境が整っています。

保健医療学部 臨床工学科の先生

人間性豊かな医療人の育成を目指し、学生と一緒に学ぶ姿勢をもつ経験豊かな教員
臨床経験豊かなベテランをはじめ、臨床工学分野の豊富な教育経験と研究経験をもつバランスの良い教授陣が揃っています。大学4年間を通じて、授業、実験・実習、卒業研究など、学生一人ひとりに応じたきめの細かい学修指導に加え、医療人としての人間性の成長をサポートします。

保健医療学部 臨床工学科の学生

  • point キャンパスライフレポート

    目標は大学病院で働くこと。医療機器と人体の知識を備え、人に寄り添える技師を目指します!

    医療分野の大学を選定しているときオープンキャンパスに参加。それぞれ雰囲気が異なる大学の中で、特に体験プログラムで先生が親身に対応してくださったのが日本医療科学大学でした。その時間を大いに楽しめたことも深く印象に残り、入学を決めました。

    日本医療科学大学の学生

保健医療学部 臨床工学科の卒業生

「学科の枠を超えた学びが、今に活きています」
「在学中は、臨床工学技士に必要な専門的な知識や技術はもちろん、チーム医療に欠かせないコミュニケーションを学びました。そこで得た他職種への理解が、現場で活きています。チームの一員として、高度な医療機器の操作技術を身につけ、幅広いフィールドで活躍できる臨床工学技士になりたいです」(2017年卒)
  • point 先輩の仕事紹介

    祖父の入院で知った医療の多様な仕事。より専門性を求め臨床工学技士を目指しました。

    救命や病気治療に用いる様々な医療機器を扱う臨床工学技士。機器の点検や適切な運用を行うだけでなく、実際にその機器で治療を受ける患者さんとコミュニケーションを図ることも大切な役目です。特に患者さんと接する時間が長い透析治療では、患者さんが不安を感じることなく、リラックスした時間を過ご…

    日本医療科学大学の卒業生

保健医療学部 臨床工学科の施設・設備

充実した機器が揃う実験室、快適さを重視した食堂や図書館など、質の高い学修環境を確保
実験室には、人工心肺装置や人工呼吸器、人工透析装置など充実した設備が整い、医療のデジタル化に対応したマルチメディア教室なども完備。その他、オープンテラス付き食堂や、医療関連の専門書が充実している図書館に加え、2017年には体育館と学生会館も完成しました。

日本医療科学大学 保健医療学部 臨床工学科の学べる学問

日本医療科学大学 保健医療学部 臨床工学科の目指せる仕事

日本医療科学大学 保健医療学部 臨床工学科の資格 

保健医療学部 臨床工学科の受験資格が得られる資格

  • 臨床工学技士<国>

保健医療学部 臨床工学科の目標とする資格

    第1種・第2種ME技術者

日本医療科学大学 保健医療学部 臨床工学科の就職率・卒業後の進路 

保健医療学部 臨床工学科の就職率/内定率 100 %

( 就職希望者・就職者291名 )

保健医療学部 臨床工学科の主な就職先/内定先

    孝仁病院、古河総合病院、自治医科大学附属病院、群馬大学医学部附属病院、大宮中央総合病院、春日部中央総合病院、関越病院、圏央所沢病院、三郷中央総合病院、新松戸中央総合病院、板橋中央総合病院、東京医科歯科大学医学部附属病院、東京西徳洲会病院、八王子山王病院、三鷹腎クリニック、長野中央病院、松本協立病院 ほか

※ 2021年3月卒業生実績

日本医療科学大学 保健医療学部 臨床工学科の入試・出願

日本医療科学大学 保健医療学部 臨床工学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒350-0435 埼玉県入間郡毛呂山町下川原1276
TEL:049-230-5003(広報課)
nyushi@nims.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
埼玉県入間郡毛呂山町下川原1276 「川角」駅から徒歩 約10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

日本医療科学大学(私立大学/埼玉)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT