• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 神戸常盤大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 保健科学部
  • 医療検査学科

私立大学/兵庫

コウベトキワダイガク

医療検査学科

募集人数:
80人

検査・分析を通して、生命を支えるスペシャリストをめざす

学べる学問
  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

目指せる仕事
  • 病理学研究者

    患者がどのような病気にかかっているか調べたり、病気にかかった細胞を観察・分析して病気を研究する。

    病理学研究者の役割は大きく二つに分かれる。ひとつは、患者の細胞を採取して、どのような病気にどの程度かかっているかを診断する「病理診断」。この場合、診断結果をカルテに記入して医師に渡すが、時には医師と話し合い、直接患者に病状の説明などを行い治療に強力することもある。そしてもうひとつの役割が、細胞などを観察・分析して、なぜ病気にかかるのか、どのように進行するのかなど、病気そのものを研究する「病理研究」の仕事がある。仕事場は、病院または大学などの研究室。研究結果を論文として発表し、医学会に貢献する。

  • 臨床検査技師

    病気の早期発見に寄与する、医療検査のスペシャリスト

    医師の指示のもと、病院や産科・レディスクリニック、整形外科(MRI)、臨床検査センターなどで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。

初年度納入金:2017年度納入金 180万円 

学科の特長

学ぶ内容

人の役にたてる医療といのちの神秘に触れる生命科学を学ぶ
チーム医療の一員として社会に貢献できる「臨床検査技師」を目指し、基礎医学や最新の検査医学などの知識と確かな技術、そして医療に欠かせない“こころ”と“コミュニケーション能力”などを学びます。また、いのちの神秘に触れる分子細胞生物学や遺伝学などの生命科学についても学びます。

カリキュラム

基礎科学から最先端の検査医学までを段階的に学び、幅広い教養と確かな専門性を身につける
生物や化学などの基礎科目から基礎医学・検査医学へと段階的に学習を発展させます。また、臨床検査をリードする人材となるために必要な、総合力・応用力・国際性なども高めます。患者さんから採取した細胞を顕微鏡で観察して、がん細胞を見つけ出す「細胞検査士」の養成カリキュラムがあるのも、本学の大きな特徴です。

授業

これからの「臨床検査技師」に必要な、国際性やコミュニケーション能力を高める特色ある授業
「国際保健医療活動II(選択科目)」では、アメリカやネパールを訪問して現地の病院や大学などで研修し、日本と世界の医療保健制度について学びます。また「医療コミュニケーション演習」では、授業にロールプレイングなども取り入れて、患者さんや他の医療職との積極的なコミュニケーションを図れる力を養成します。

実習

最先端の生命科学を医療に生かす~「遺伝子・染色体検査学実習」
遺伝子検査はヒトや病原体の遺伝子を検査の対象とする新しい分野の検査。病気の診断や病型分類に加え、オーダーメイド医療や予防医学での利用が新たに研究・開発されています。「遺伝子・染色体検査学実習」では、細胞からDNAやRNAを抽出し、病気の原因遺伝子をPCR法を駆使して解析します。

卒業後

高い就職・進学率
臨床検査技師・医師・薬剤師の教員が多い本学は、50年に亘り、優秀な臨床検査技師を医療現場に多く送り出してきた歴史と実績があります。就職状況も良好で、医療施設(病院など)、検査センター、健診センター、医療関連企業、研究所、胚培養士、治験コーディネーター、大学院進学など幅広い進路があります。

資格

「臨床検査技師」と「細胞検査士」のダブルライセンス取得も可能
全員が取得できる「臨床検査技師」の国家試験受験資格に加え、必要なカリキュラムを履修すると、がんの早期発見のスペシャリストである「細胞検査士」の受験資格も得られます。細胞検査士養成課程をもつ大学は、全国で7大学のみです。【2016年3月卒業生 国家試験合格率87.5% 合格者77名(全国平均76.4%)】

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 第一種衛生管理者<国>

受験資格が得られる資格

  • 臨床検査技師<国>

細胞検査士(人数制限あり)

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者72名 )

主な就職先/内定先

    大阪医科大学附属病院 、 兵庫県立こども病院 、 和歌山県立医科大学附属病院 、 長浜赤十字病院 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

(進学者6名)【主な進学先】大阪大学大学院、神戸大学大学院 ほか

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒653-0838 神戸市長田区大谷町2-6-2
TEL 078-611-1821(代)
nyushi@kobe-tokiwa.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
兵庫県神戸市長田区大谷町2-6-2 JR西日本・市営地下鉄「新長田」駅から北へ徒歩 15分
神戸高速鉄道・山陽電鉄「西代」駅から北へ徒歩 9分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

神戸常盤大学(私立大学/兵庫)