• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 島根職業能力開発短期大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 電子情報技術科

文部科学省以外の省庁所管の学校/島根

シマネショクギョウノウリョクカイハツタンキダイガッコウ

電子情報技術科

定員数:
20人

次世代の情報社会環境に対応した技術者を育成

学べる学問
  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。中でも、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究するのが通信工学です。その研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。1、2年次は、通信工学の基礎となる数学と電磁気学をしっかり学びます。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。多くの場合3年次に研究室に配属され、4年次には、卒業研究と発表を行います。卒業後は、IT系や通信事業を中心に、さまざまな道が開けています。今後、IoT化が進むことを考えると、活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)

    顧客である企業を訪問し、コンピュータシステムの導入・保守・修理を担当

    コンピュータシステムやネットワークシステムの導入や保守・点検、修理などを担当するエンジニア。顧客である企業などを訪問し、現場で仕事をする。新たにシステムを導入する際には、機器のセッティングやソフトウェアの設定、操作の指導などを行い、導入後も定期点検を行う。また、システムにトラブルが発生した場合は、現場に急行して原因を究明し、復旧する。ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する幅広い知識やコミュニケーション能力が求められる仕事だ。

  • 電気工事士

    電気配線工事を一手に引き受ける

    電気工事士には第1種と第2種があり、それぞれ工事範囲が決められている。第2種は、一般家屋の屋内配線や電気照明の設備取りつけが主な仕事。第1種は、大規模な工事や工場やデパートなどの構内配線、変電室の配電など変電電力の大きい設備の工事を手がけることができる。第1種、2種ともに学歴、年齢、経験などの受験制限はない。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • 電気通信技術者・研究者

    現代社会では欠かせない通信やネットワークに関する様々な技術や研究開発を行う。

    電話やインターネットなど、電気通信に関するさまざまな技術を開発し、新しい通信システムなどを設計・管理するのが電気通信技術者。電話会社や情報通信会社、それらの設備設計・施工を行う会社や、電気機器メーカーなどで活躍する。銀行のATMシステムやインターネットバンキング、電車や飛行機などの制御システムなど大規模なものから、企業内のイントラネットなどの設計・管理など個別のものまでさまざまな分野に関わる。これらの電気通信技術が今後どのように成長し、それが世の中をどう変えていくのかなど研究する。

  • 半導体技術者・研究者

    ダイオードやトランジスタ、集積回路(IC)などに組み込まれている半導体に関する技術の研究や開発を行う。

    コンピュータや冷蔵庫、電子レンジなどの家電製品、携帯電話など、あらゆる電気製品の小型化・高性能化に成功しているのは、半導体がチップやLSIに大量に組み込まれるようになったから。半導体技術者は、この半導体を開発し、いかに効率よく限られた基盤の中に収めるかを設計し、チェックを繰り返して製品化する。半導体を専門に扱うメーカーのほか、電気・電機メーカーはじめ、さまざまな企業が手がけている。さらに企業の枠を超えて半導体の学会で論文を発表し、大学や各種研究機関とともに研究を進める半導体研究者も多い。

bug fix
初年度納入金:2019年度納入金 55万9200円  (入校料含む。教科書等別途)
年限:2年制
bug fix

学部の特長

学ぶ内容

次世代の情報社会環境に対応した技術者へ
変化が早いIT産業の発展のため、ハードウェア(電子回路)、ソフトウェア(通信技術)を融合した新たな領域の技術者の育成を目指します。

カリキュラム

ロボット技術や新時代の情報伝達技術を学び、未来を形作るエキスパートに
二足歩行ロボットやお掃除ロボット、レスキューロボットなど、思い通りに動く機器を作る技能・技術を学び、未来を形作る技術者を目指します。また、パソコンやスマートフォン上で動くプログラムの仕組みを基礎から実社会で役立つ応用知識まで習得し、世の中を便利にするシステムを作るIT業界のエキスパートを目指します。

学生

学業と課外活動を両立し、充実した学生生活を送っています
「学校ではハードウェアやソフトウェアなど様々なことを勉強しています。学業とアルバイトの両立は困難ですが、どちらも得られるものが多く、充実した学校生活を送っています。自分の気持ち次第で様々なことに取り組むことができるので、ぜひ進学を考えてみてください」。足立 傑さん(出雲北陵高校普通科出身)

卒業生

電子情報技術科で学んだことがそのまま活かされてます
「電子情報技術科で学んだ内容のほとんどが役立っています。職場で必要となる技術は研修中に学ぶこともできますが、学生時代から、勉強を疎かにしないことをお勧めします」。佐藤 壱哉さん/(株)出雲村田製作所 勤務 2017年3月卒

資格 

目標とする資格
  • C言語プログラミング能力認定試験
  • 電気工事士<国>
  • 電気主任技術者<国>
  • 電気通信の工事担任者<国>
  • 基本情報技術者試験<国>
  • IT パスポート試験<国>
  • CCNA【Cisco Certified Network Associate】
  • Linux技術者認定資格【LinuC】 

技能検定 2級・3級(電子機器組立て)、電子回路接続、プリント配線板製造

就職率・卒業後の進路 

・就職率/内定率  100%
(就職者数11名)

・主な就職先/内定先
島根電工(株)、トップ金属工業(株)、(株)スター精機、サン電子工業(株)出雲工場、サン電子工業(株)益田工場、クリーンアメニックス(有)、(株)メイテック、(株)エコー・システム、(株)コアソフト

※2018年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地

〒695-0024 島根県江津市二宮町神主1964-7
TEL:0855-53-4567

所在地 アクセス 地図・路線案内
島根県江津市二宮町神主1964-7 JR山陰本線「都野津」駅下車、徒歩25分

地図

 

路線案内

※JR出雲三成駅手前で左折、奥出雲大橋を渡る。サイクリングターミナルの前を通過して、信号をまっすぐおよそ1km町立奥出雲病院隣

他の学部・学科・コース

島根職業能力開発短期大学校(文部科学省以外の省庁所管の学校/島根)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る