• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 秋田
  • 秋田職業能力開発短期大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 電子情報技術科

秋田職業能力開発短期大学校 電子情報技術科

定員数:
20人

ハードとソフトの技術の融合を目指す

学べる学問
  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

目指せる仕事
  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • システムアナリスト

    効率アップのためのシステムを企画

    事務処理のスピードアップや、無駄のない生産体制を作るため、コンピュータによる情報活用が進んでいる。そうしたコンピュータシステムの導入や改善のため、現場を調査し、問題点を見つけ、どんなシステムを作ればいいか決めるのがシステムアナリストだ。この計画をもとに中・長期の情報戦略を立て、期待される効果も算出する。

  • セールスエンジニア

    コンピュータの知識豊富な販売員

    中・大型コンピュータ、OA機器販売をする仕事。単に販売するだけではなく、最新システム情報の提供や、経営面でのコンサルティングも担うので、システムの専門知識や、コンピュータ操作力、技術力なども求められる。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • カスタマーエンジニア(電気・通信機器)

    通信機器やOA機器の導入・保守・点検などを行うエンジニア

    通信機器やOA機器などを導入する際のセッティングや保守・点検、修理などを担当するエンジニア。導入先である企業を訪れて、現場で仕事をする。担当エリア内で複数の顧客を担当していることが多い。トラブルの際には現場に急行し、迅速に故障・障害の原因を探って、修理や機器の交換などを行う。扱う製品やサービスに応じて、電気・機械・通信系の専門知識・技術が求められる。また、顧客と直接接する仕事なので、コミュニケーション能力も大切だ。

bug fix
初年度納入金:2020年度納入金 55万9200円  (入校料16万9200円、年間授業料39万円。※その他、教科書・実習服等別途負担)
年限:2年制
bug fix

秋田職業能力開発短期大学校 電子情報技術科の学部の特長

電子情報技術科の学ぶ内容

ハードとソフトの技術の融合を目指す
ディジタル家電や携帯情報端末に使用されているエレクトロニクスの基礎と応用を学びます。昨今のデジタル機器にはコンピュータが内蔵され、それを動かす膨大なソフトウェアが組み込まれています。このプログラム開発についても学び、開発現場さながらの最新鋭の設備で機器を設計、試作し実践的な知識・技術を習得します。

電子情報技術科のカリキュラム

ハードウェア・ソフトウェア・通信ネットワークの3分野から、実践技術を身に付ける
ディジタル・アナログ電子回路を組み合わせた設計・実験・計測など電子機器製作に必要な技術、システムの設計・分析、プログラミング、データ構造・アルゴリズム、テスト手法などソフトウェア開発の技能・技術、移動体通信、インターネットなど通信ネットワークを活用するための技能・技術を身に付けます。

電子情報技術科の研究テーマ

カメラを用いたセンサデバイスの製作
卒業研究の一つのテーマとして、カメラを利用したセンサデバイスの製作を行っています。カメラで撮影した画像から奥行き方向の距離を測定したり、画像に映っている物体を認識したりするデバイスを開発しています。将来的にドローンやロボットに搭載することを目指しています。

電子情報技術科の学生

迷ったまま就職するよりも、興味のあった情報系を学んでみよう
迷ったまま就職するよりも、興味のあった情報系を学んでみようと思い、入校を決意しました。入校後、ソフトウェア関連の職種に就きたいという将来の目標ができ、またここで2年間学んだあと、応用課程へ進学したいと考えるようになり、現在は日々勉学に励んでいます。

電子情報技術科の施設・設備

ソフトウェア開発、電子回路設計、プログラム開発、筺体設計など様々な実習に最適な環境を整備
CADシステムで設計した電子回路を自作する電子機器組立て実習や、コンピュータ相互をネットワークに接続し、自ら開発した通信機器を接続するネットワーク実習なども行います。情報通信工学実習では、ネットワーク機器の設定や仕組みを実際の機器を操作し、ネットワーク社会を生き抜く実践的な技術を身に付けます。

秋田職業能力開発短期大学校 電子情報技術科の学べる学問

秋田職業能力開発短期大学校 電子情報技術科の就職率・卒業後の進路 

・主な就職先/内定先
(株)アイエスエフネット、新東北メタル(株)、エイデイケイ富士システム(株)、東光コンピュータ・サービス(株)、(株)デザインネットワーク、(株)かなでん、(株)中野電設工業、能代オリエンタルモーター(株)、(株)奥羽電気設備、(株)テイ・アイ・シイ、プライムエンジニアリング(株)、コンピュータサイエンス(株)、(株)小滝電機製作所、東光鉄工(株)

※2019年3月卒業生実績

秋田職業能力開発短期大学校 電子情報技術科の問い合わせ先・所在地

〒017-0805 秋田県大館市字扇田道下6-1
TEL:0186-42-5600(学務援助課)
E-mail:akita-collage03@jeed.or.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
秋田県大館市字扇田道下6-1 JR「東大館」駅より徒歩25分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

秋田職業能力開発短期大学校(文部科学省以外の省庁所管の学校/秋田)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る