• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 開志専門職大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 情報学部
  • 情報学科

専門職大学・専門職短期大学/私立大学/新潟

カイシセンモンショクダイガク

(仮称)2020年4月新設予定 認可申請中

< 情報学部 (2020年4月設置予定(認可申請中))

情報学科(2020年4月設置予定(認可申請中))

定員数:
80人

最先端の理論と技術で、未来の生活を変える新たなサービスを創りだす力を養います。

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    通信とは、送信者から受信者へ情報を伝達すること。中でも、パソコンやスマートフォンなどのコンピュータ関連やそれぞれをつなぐネットワークについて研究するのが通信工学です。その研究対象は、ハードウエアとソフトウエア、アナログからデジタルまでと多岐にわたります。1、2年次は、通信工学の基礎となる数学と電磁気学をしっかり学びます。同時に、通信工学の基本となるコンピュータやネットワーク、プログラミングや電気回路などについて、座学と実験を通じて理解を深めていきます。多くの場合3年次に研究室に配属され、4年次には、卒業研究と発表を行います。卒業後は、IT系や通信事業を中心に、さまざまな道が開けています。今後、IoT化が進むことを考えると、活躍の場はあらゆる分野に広がっていくでしょう。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

目指せる仕事
  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • ゲームプログラマー

    プログラミング言語を使ってゲームを構築

    プログラミング言語を用いて、ゲームを作りあげていくのがゲームプログラマーです。 ゲームクリエイターやデザイナーが用意したシナリオやイラストといった素材をコンピュータに取り込み、キャラクターの動きや音声の設定、システムの構築などを行います。クリエイターやデザイナー、プロデューサーが意図したとおりのゲームが完成するかどうかはゲームプログラマーの能力次第ともいわれており、ゲーム制作の中核を担う仕事といえます。大学や専門学校に進学して、プログラミング言語やゲーム機のしくみ、ソフトの開発環境などについて学んでおくと、ゲームプログラマーという職業に就いたときにとても役立ちます。

  • ゲームクリエイター

    企画からプログラムまでゲーム作りにかかわる仕事の総称

    コンピュータゲームの企画・制作に携わる仕事。ゲーム制作には、ゲームの企画を立てるゲームプランナー、コンピュータを使ってゲームのプログラムを作成するゲームプログラマー、ゲームのビジュアルを作成するゲームCGデザイナー、ゲームのサウンドや効果音を作成するサウンドクリエイターなどさまざまな職種がかかわっていて、ゲームクリエイターはこれらの職種の総称。1人のゲームクリエイターが複数の役割を担うこともある。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • システムアドミニストレータ

    情報処理の利用・導入の推進者

    情報の利用者として、業務の改善や情報の利活用を促進するための企画を立て、必要に応じて他部門との調整など、システム部門と協力しながら情報化の推進を行う仕事。複数の業務をマネジメントし、能動的に業務改革や改善を行う重要な役どころ。

  • アプリケーションエンジニア

    企業の情報システムを構成する個別システムの設計・開発を担当

    コンサルティング会社やシステム開発を行うIT系企業が、顧客(企業)に対して新たな情報システムを提案する際、システム全体の大まかな企画・設計はシステムコンサルタントやシステムアナリストが担当する。ただし、企業の情報システムは数多くのシステムの集合体なので、個別のシステムをどう設計するかも重要。この個別のシステムの設計・開発を担当するのがアプリケーションエンジニアだ。システムの役割や目的を理解し、適切な設計をして、システムエンジニア、プログラマーなどで構成される開発チームに指示をするのが仕事。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • 通信技術者

    新しい通信技術や通信ネットワークの開発者

    携帯電話をはじめ、身のまわりの通信機器をみるだけでも日々新しい技術が導入され進歩を続けている。そんな通信の世界で、より進んだ技術を生み出し、高度で便利なネットワークを生み出していく。

初年度納入金:2020年度納入金(予定) 158万円 

学科の特長

学ぶ内容

最先端の理論と技術で、未来の生活を変える新たなサービスを創りだす力を養います
ICT社会の実現に必要な実践的知識・技術と倫理観を身につけます。安全・安心なICT社会の実現には、あらゆる分野でICT人材が必要となります。AI・IoT・ロボティクス・ビッグデータ・VR・クラウド・サイバーセキュリティ・ブロックチェーンの先端技術を、現役の専門家が直接教え社会・企業に求められるICT人材を育成します。

授業

世界的ICT企業で活躍している教授陣が最先端の理論・技術・トレンドまで全て教えます
AIからロボットまで、先端技術の専門家が教授陣として直接指導を行います。人気アプリ開発を手がけたプログラマーや、日本の情報社会を支えてきたエンジニア、IT企業のプロフェッショナルから知識と技術を学ぶことで即戦力となるICT人材を目指します。
600時間以上のインターンシップ(企業内実習)!ICT技術を新たなサービスに変える力を養う
学生全員が4年間で600時間以上の長期インターンシップを実施。最先端技術を持つICT企業をはじめ、各企業の専門家から直接指導を受けます。webサイト・アプリプログラムの開発にも挑戦し、ICT技術を高めます。
最新設備を備えた「IoTラボ」で、未来の生活を変える研究・開発を行います
情報学部の学ぶ米山キャンパスには新たなIoT活用の研究、ロボティクス演習を行う「IoTラボ」、ビッグデータ解析の研究施設で、データ分析用高性能サーバーや自発的啓発用学習ツール完備の産学連携の共同開発拠点「開志未来創造研究センター」など最先端施設が備わっています。

卒業後

本学母体法人(NSGグループ)が蓄積してきたノウハウで、就職活動を徹底的にサポートします
本学母体法人のNSGグループに蓄積されている、これまで12万人以上の卒業生を輩出してきた就職活動に関するノウハウで就職活動を徹底的にサポート。IT企業、製造業、農業、金融、教育、医療福祉やサービス業など、データサイエンス・IoT・セキュリティの専門家が求められるフィールドは広がっています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • IT パスポート試験<国> 、
  • 情報セキュリティマネジメント試験<国> 、
  • 基本情報技術者試験<国> 、
  • 応用情報技術者試験<国> 、
  • データベーススペシャリスト試験 <国> 、
  • エンベデッドシステムスペシャリスト試験<国> 、
  • 情報処理安全確保支援士試験<国> 、
  • CompTIA A+

CompTIA Cloud+
CompTIA Security+
IoT検定レベル1試験 プロフェッショナル・コーディネータ
JDLA Deep Learnig for GENERAL
JDLA Deep Learnig for ENGINEER ほか

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

ソフトウエア・通信・IT、メーカー、サービス、官公庁・団体、商社、マスコミ、金融、データセンター

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒950-0914 新潟県新潟市中央区紫竹山6-5-3
TEL:025-240-8118

所在地 アクセス 地図・路線案内
米山キャンパス : 新潟県新潟市中央区米山3丁目1番53号 「新潟」駅西口から徒歩3分。

地図

 

路線案内


開志専門職大学(私立大学/新潟)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る