51p7zyjyyyl
繁栄 明日を切り拓くための人類10万年史
マット・リドレー/著 大田直子/訳 鍛原多惠子/訳 柴田裕之/訳

人類の未来は万事OK!

今が最高、そしてもっと繁栄できる。科学ジャーナリストは歴史をひも解きながら熱く語る。キーは、それぞれの「得意」の交換と分業システム。100円ショップの商品の生産地を見れば納得だ。人口爆発、温暖化、格差問題、ぜんぶ大丈夫。無限に生まれるアイデアの交換を止めなければ必ず解決できる。君は何を得意とする?

「人類の繁栄と絶滅」の他の本

20万年間、何を望んで歩んできたのか
サピエンス全史 文明の構造と人類の幸福 上・下
繁栄か絶滅か、本気の大論争
人類は絶滅を逃れられるのか 知の最前線が解き明かす「明日の世界」

関連する学問

関連する先生・教授

このテーマの他のインデックス

22生命の始まりを探して

そもそも「生きている」ことに驚きだ

私たちの身体は原子レベルで見ると、半年もたてばずいぶん入れ替わっているらしい。変わり続けることが生命を維持する秘密の方法なのだ。それを「動的平衡」と呼び、語ってきた福岡さんが、当代きってのやわらかな知性の持ち主4人と、命をめぐる対話をする。変わり続けていることが、変わらない真実だ。

23動物はこんなふうに生きている

子どものころの<なぜ>こそ、貯金しよう

小さい時から虫が好き。「なぜアゲハチョウは高いところを飛ぶの?」学校をずる休みしてずっと観察していた。笑われても、批判されても<なぜ>をあたためつづけ、日本の動物行動学を切り開いた日高先生が若者に贈る自然の見方の極意。生物の不思議には、世界を見るヒントが隠れている。<なぜ>は大事にとっておいたほうがいい。

24植物はあなどれない

大好きな植物と心中する男

あらゆる植物を観察、分類、記録し、日本植物学の父と言われる牧野富太郎。実は小学校を二年で自主退学、独学を貫いたアウトサイダーだった。バナナには皮。ではレンコンには?知ってるのは俺だけという自負と、尽きぬ植物の魅力。江戸から昭和にかけ、94年間、好きを極めた。こんな人生、目指してみては?

25地球は虫の王国

ファーブルを知らないなんて損してる!

ファーブル昆虫記が100年の時を経て、虫たちの一瞬の輝きを捉える美しい写真と装丁でよみがえった。愛を持って対象を観察し、本質をあきらかにしていこうという姿勢は人生を切り開いていく上でも支えになる。好奇心を忘れてしまう前にページを開いて、寡黙で小さなものたちの声に耳を傾けてほしい。ファーブルを知らないのは、人生の半分を損している。

26小さな巨人・微生物

生物の先生も知らない、小さな巨人の世界

ほんの一滴の池の水にいくつものプランクトン。菌類は無数。微生物が「命あるもの」の大半を占めることが、顕微鏡の進化で見えてきた。教科書が多細胞生物ばかりなのはマズイ。「ハリーポッターしか読まずに英文学を語るのと同じだ」と菌類の大家は断言する。想像力の翼を広げる美しい図版多数。

27遺伝子の川をわたる

DNAは時間の中を流れつづける

両親から半分ずつ受け継ぐDNA。両親もそのまた両親から。さかのぼれば膨大な人数の情報が身体に流れ込んでいるのだと、ドーキンスは語り始める。遺伝子は自分を複製しながら、乗り物を次々乗り換えていく。人は遺伝子の乗り物なのか? 世界に衝撃を与えた<利己的な遺伝子>論。

28ゲノムは編集される

生物学の最先端はゲノム編集

ブタの膵臓を無害化して人に移植し、糖尿病を治す。ゲノム編集の新技術クリスパーの賜物だ。背景には巨大IT企業のクラウドサービス戦略があった。腐りにくいトマト、肉量を増やした牛、アレルギーを起こさない卵も市場に出回る寸前だ。熾烈な特許争いの舞台裏まで、最旬のレポート。生物学の最先端はゲノム編集だ!

29「いのち」をつくってもいいですか?

科学と文化の結び目に「いのち」がある

中村桂子さんはDNAをただ解読するのではなく、「生き物の歴史物語=生命誌」として読むことをひらめく。「私たちはどこから来て、どこへ行くのか」、人類誕生以来の問いへの科学からの光。かすかな違和感から目をそらさなかったことがサイエンスの新しい見方・考え方の発信につながったのだ。壮大な生命の歴史を垣間見てほしい。