• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 養護教諭
  • 仕事内容
やりたいことを見つけよう!

養護教諭の仕事内容

保健室での応急処置をはじめ、毎日の健康観察、身体測定の実施、環境衛生など、学校全体の保健の管理を担い、子どもたちが元気に楽しく学校生活を送れるよう、陰ながらサポートします。また、子どもたちの良き相談相手となり、心のケアをすることも大事な役割のひとつです。どの学年やクラスにも所属はしませんが、学校全体の保健の実態を的確に把握し、対応する必要があるので、「学校すべての児童・生徒の担任」とも言えるでしょう。

健康管理

身体測定や視力・聴力測定など、学校内で行う健康診断の計画を立て、その準備を行います。定期検診では、医師の手配だけでなく、検診当日は診察結果を書き込むなど、医師の補助をすることも。定期検診後、結果が思わしくない子には、経過観察をしていきます。日常では、具合の悪い子どもをベッドで休ませて健康観察をするほか、校内をまわってトイレの清掃状況を確認する、窓を開けて換気するなど、学校全体の健康を保てるようにケアします。また、インフルエンザなど伝染病を予防したり、学校内に広がらないように気を使ったりすることも役割のひとつです。さらに、遠足や修学旅行などの校外行事に付き添って健康管理にあたるだけでなく、運動会やマラソン大会などの体育関連の行事でも児童・生徒の健康を管理します。

保健指導

保健だよりや職員・保護者向けの配布物や掲示物を作るほか、学級活動やホームルーム活動を通じて、情報提供や注意喚起を行います。例えば、朝ごはんを食べることの大切さや虫歯予防の方法など、日常生活における指導をしたり、風邪がはやる時期には手洗い・うがいを呼びかけたりして、子どもたち自身で健康管理ができるように指導します。また、性教育については、担任や体育科の教諭と連携して授業を行うこともあります。

救急処置

傷口の消毒や発熱時の観察など、子どもたちのケガや病気に対して応急処置を行います。場合によっては、保健室のベッドでしばらく休ませることもします。医師ではないので医療行為はできませんが、児童・生徒の状況を見て、病院に連れて行く、救急車を呼ぶなど的確に判断する必要があります。また、ケガをした子どもの保険の申請を行うこともあります。

健康相談

保健室を訪れる児童・生徒の身体や健康について相談に乗ります。例えば、病気を抱える子には生活するうえでの注意事項をアドバイスするだけでなく、担任の教諭に状況を伝えたり、周りの子どもたちに理解を得られるように説明をしたり、その子が安心して学校生活を送れるようにケアします。体調不良の背景には心の問題を抱えている場合もあります。本当のことが言えなかったり、不調の原因が心の問題であることに子ども自身が気づいていなかったりする場合もあるので、子どもが発信するサインや変化にいち早く気づくことが大切です。

環境衛生

校内のさまざまな場所で水質検査や空気検査などを行い、衛生状態に問題がないかチェックします。そのほか、教室内の照明の明るさを測って勉強に適した環境かをチェックしたり、夏にはプールの水質を確認したりもします。高校では、文化祭などで模擬店を出店する場合に衛生面の確認や管理をすることもあります。

心のケア

児童・生徒の心の健康を守ります。深刻な理由がなくても、保健室に行って話をするだけで安心する子どもから、何らかの理由で教室へ行くのが難しく、保健室で学習する「保健室登校」をする子どもまで、子どもたちの悩みや状況もさまざまです。なかには、いじめによって深く心を痛めている子どももいるので、良き相談相手として子どもに寄り添うことが大切です。子どもの話に耳を傾けてカウンセリングをしたり、担任や部活顧問の教諭、スクールカウンセラーと連携を取って対応したり、児童・生徒が安心して学校生活を送れるようにします。

養護教諭に関連する記事

養護教諭に関連する仕事・資格

養護教諭に関連する学問

養護教諭を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路