• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • アニメ・声優・マンガ
  • 声優
  • 仕事内容
声優の仕事内容

声優の仕事内容

全国のオススメの学校

アニメやゲームキャラクターの声を担当する仕事はCV(キャラクター・ヴォイス)と呼ばれており、声優を目指す人に人気があります。
また、海外の映画やドラマの登場人物の声を吹き替えるのも声優の仕事です。テレビやラジオ、インターネットなどの各メディアでナレーションの仕事を行うこともあります。CVで人気を得た声優の中には、自分が出演するアニメ主題歌(アニソン)や挿入歌を歌い、CDを発売し、さらにコンサートを開催する人もいます。

アニメやゲームキャラクターの声を担当

アニメやゲームキャラクターの声を担当する仕事は、CV(キャラクター・ヴォイス)と呼ばれます。近年、声優を目指す人の多くは、この仕事をしたいと希望しているようです。
CVは、原作者やディレクターなどの意図を受け止めながら、そのキャラクターが生き生きと動いて見えるようにセリフを発します。仕事の方法は、完成した絵を見ながら声を録音する「アフター・レコーディング(アフレコ)」が一般的ですが、絵を作る前に声を録音する「プレスコアリング(プレスコ)」を採用することもあります。プレスコは、キャラクターの表情や時間(尺)にしばられずに演じることができるため、声優にとっては力量を試される機会になっているようです。

外国映画・ドラマのアテレコ

日本語以外の言語で制作されている映画やドラマの登場人物の声の吹き替えを行う仕事です。
録音方法は基本的にアフレコですが、昔ながらのアテレコ(映像を見ながら声を当てる)という言い方をする場合もあります。片方の耳に装着したイヤホンから原語(外国語)、もう片方の耳でほかの出演者の声を聴きながら、出番がきたらマイクの前に立ってセリフを発します。演者同士でセリフのやりとりを行う際には呼吸を合わせる必要があるため、出演者と協調性を築くことも大切です。

CMやテレビ・ラジオ番組のナレーション

テレビやラジオ、インターネットなどの各メディアでナレーションの仕事を行います。
CMをはじめ、テレビやネットのドキュメンタリー番組やバラエティー番組など、その範囲は多岐にわたります。台本に書かれた文章を読むのが仕事ですが、怒ったり悲しんだり笑ったりと、番組のコンセプトによりさまざまな口調が要求されるため、高度なテクニックと豊かな感性が必要です。

歌手活動やラジオパーソナリティー

CVなどの仕事で人気を獲得した声優の中には、歌手活動を行う人もいます。
自分が出演するアニメ主題歌や挿入歌を歌い、CDを発売し、さらにコンサートを開催することもあります。声優プロダクションは劇団をもっていることもあるため、舞台でも多くの声優が活躍しています。また、自慢の声を生かしてラジオのパーソナリティーを担当する声優もいます。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

関連する仕事の仕事内容もチェックしよう

声優を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路