• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 埼玉
  • 埼玉工業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部

私立大学/埼玉

サイタマコウギョウダイガク

工学部

産業界のあらゆる「ものつくり」分野で活躍するエンジニア!

学べる学問
  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • エネルギー・資源工学

    エネルギーを効率的に利用するための技術や新エネルギーの開発・研究

    従来からある化石燃料(石油や天然ガスなど)を、実験、実習を多用して研究し、原子力発電の改良、新エネルギーの開発などに役立てる学問。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    機械工学は、生産機械や自動車、医療機器といった機械やその部品などについて、設計から材料の加工、実際の使用方法までと、実に広大な領域を扱う学問です。試行と分析を繰り返す地道な研究を通じて、よりよいものを作り出すことを目指します。まずは基礎となる力学や数学、設計に使うソフトウエアの使い方や関連する各学問について学ぶことで基礎を固め、徐々に専門的な学びへと進んでいきます。多くの授業では実習や実験が行われ、実際に手を動かしながら、知識や技術、機械工学研究の手法などを身につけていきます。ものづくりをしたい、なかでも目に見えるものを作りたいという人に向いています。卒業後の進路は、機械系はもちろん、材料系や、電気・電子関連にも広がります。また、機械でものを作っている企業では必ずそれを扱う人が求められるため、こうした職種で活躍することもできます。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    電気にかかわるありとあらゆることを研究する電気工学。エネルギーとしての電気の効率的な活用方法を考える分野、電気回路や半導体について研究する分野のほか、情報・通信や光など、その研究領域は多岐にわたります。1年次に高校範囲の物理や数学を復習し、電気工学を学ぶ基盤を固めます。さらに、電磁気学や電子回路といった基礎科目を学び、2年次から3年次にかけては各専門領域の基本を学びながら電気について理解を深め、3年次の後期には自分の専門を選択し、研究を進めていくことになります。私たちの生活に欠かせない電気は、あらゆるものづくりの基礎となるものです。それだけにその知識と技術を生かせる場は非常に多く、卒業後の進路も、電気、機械、IT、建設などさまざまです。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

  • 材料工学

    現代社会が求める新機能をもつ材料を開発

    「そのままでは有効活用が難しい」とされている物質でも、加工することによって利用価値の高い「材料」にできます。このように、新たな材料を生み出すことや、それらを活用するための技術を開発・研究する学問が材料工学です。まず、化学、物理、数学といった科目と、材料工学の基礎を学びます。ここで物質の特性をしっかりと理解し、次のステップとして、現在使われている材料について、実験も交えて身につけていきます。金属、無機、有機材料について横断的に学ぶことで理解を深め、専門的な学びや研究へと進んでいきます。卒業後の進路としては、材料系をはじめとするメーカーが挙げられます。また、大学院に進学して研究をつづける人も多いようです。

目指せる仕事
  • 宇宙工学技術者・研究者

    「宇宙時代」を切り拓く技術を開発

    人工衛星やロケット、宇宙ステーションなどの宇宙機器関連開発、設計、製造に携わる。国内では宇宙開発事業団をはじめとする政府の関係機関のプロジェクトに参画することもある。人工衛星を使った気象観測、放送、防衛等のシステム開発に携わる研究者もいる。

  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • ロボット設計技術者

    安全性・生産性の高いロボットを作る

    産業分野では、危険を伴う作業を安全に行ったり、生産性を向上するためにさまざまな産業用ロボットが活躍している。主に、それらのロボットの設計にかかわる仕事。効率よく作業をさせるためのシステム選びや部品選びをし、作業能力の高いロボットの構造を設計していく。

  • 電気工事士

    電気配線工事を一手に引き受ける

    電気工事士には第1種と第2種があり、それぞれ工事範囲が決められている。第2種は、一般家屋の屋内配線や電気照明の設備取りつけが主な仕事。第1種は、大規模な工事や工場やデパートなどの構内配線、変電室の配電など変電電力の大きい設備の工事を手がけることができる。第1種、2種ともに学歴、年齢、経験などの受験制限はない。

  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、中学校教諭免許状(一種、二種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、高等学校教諭免許状(一種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

機械工学科

人と環境との共存を実現する技術開発で未来の産業界を支えるスペシャリストを育成します

人を中心とした"ものづくり"を目指して未来の産業界を支える先端技術を学びます

環境問題、バイオテクノロジー、新素材開発に対応して、生命・環境・物質を3本柱に据えた教育を行っています。

バイオ・環境科学専攻

応用化学専攻

情報工学系と電子工学系の垣根を取り払い、ソフトとハードの両面に精通したエンジニアを育成します。

IT専攻

電気電子専攻

AIの仕組みを理解し、活用方法を考え、設計開発から運用までを担えるエンジニアを育成。

キャンパスライフShot

埼玉工業大学 AI技術を活用した自動運転システムの公道実験を開始
AI技術を活用した自動運転システムの公道実験を開始
埼玉工業大学 「ロボットを思い通りに制御する」研究をしています
「ロボットを思い通りに制御する」研究をしています
埼玉工業大学 遺伝子を編集し「青いシクラメン」の開発に挑んでいます
遺伝子を編集し「青いシクラメン」の開発に挑んでいます

学部の特長

学ぶ内容

機械工学科 機械工学専攻/ロボティクス専攻
実習や演習を重視したカリキュラムを編成。入学時から「機械工学専攻」「ロボティクス専攻」の2つの専攻に分かれて学習します。基礎から応用までの専門知識と技術を身につけ、ものつくりを通じて社会に貢献し、未来の産業を支える人材を養成します。
生命環境化学科 バイオ・環境科学専攻/応用化学専攻
21世紀の重要なテーマである環境問題、バイオテクノロジー、新素材開発に対応して、生命・環境・物質を3本柱に据えた教育を行っています。入学時から「バイオ・環境科学専攻」「応用化学専攻」の2つの専攻に分かれて学習します。生命・環境における化学の面白さを本質的に理解する力を養います。
情報システム学科 IT専攻/AI専攻/電気電子専攻
入学時からソフトやネットワークを学ぶIT専攻、人工知能を活用していくAI専攻、電気電子系エンジニアを育成する電気電子専攻に分かれ専門的な知識を身につけます。専門知識はもちろんこれからの技術者に必須といえる洞察、判断力を養うための一般教養教育にも力を入れています。
卒業研究
教員のアドバイスを受けながら自分のテーマに取り組む卒業研究を学生全員に義務づけています。4年次になると研究室に通い学習の総仕上げとなる研究活動を1年間体験し、探求心や問題解決力、応用実践能力を育みます。

授業

基礎教育の特色
工学部では、基礎科目である数学、物理、化学において、高校での学習レベルに合ったスタートができるようなクラス編成に配慮するとともに、リメディアル授業を行います。たとえ高校で未履修の科目であっても、短期間に大学レベルに到達できるように、きめ細やかな教育の実現に努めています。 また、本学の建学の精神に基づいた心の教育を大切に考え、一般教養科目は内容の充実に努めています。さらに、大学卒業後まず第一に求められる英語やコンピュータスキルは基礎から身につけられるカリキュラムとなっています。
カリキュラム
講義と実験のバランスを考えたカリキュラムで社会に通用する技術を身につけるとともに、プレゼンテーション技術や問題解決能力も養います。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    疑問や不思議が解決できると、壮大な謎が解けたような感覚を味わえる

    幼いころから好奇心旺盛で、中でも生き物や植物に興味がありました。埼工大を選んだ理由は、分子生物学や生命科学が学べて自宅から通学出来るからです。卒業生の兄に色々教えてもらって決めました。

    埼玉工業大学の学生

学生支援・制度

学習支援センター
履修で困った時や、さまざまな学習の悩みを気軽に相談できる学習支援センターを設置しています。数学・英語・物理・化学などの基礎的な教科や、教職や進路などを担当する教員が待機し、相談に応じています。

オープンキャンパスに行こう

就職率・卒業後の進路 

■2018年3月卒業生就職実績
パナソニック、ソフトバンク、大和ハウス工業、東京ガス、スズキ、東海旅客鉄道、ミネベアミツミ、富士電機、東和銀行、富士ソフト ほか

問い合わせ先・所在地

〒369-0293 埼玉県深谷市普済寺1690
0120-604-606 

所在地 アクセス 地図・路線案内
埼玉県深谷市普済寺1690 「伊勢崎」駅から無料スクールバス 50分
「岡部」駅から無料スクールバス 5分
「森林公園(埼玉県)」駅から無料スクールバス 50分
「寄居」駅から無料スクールバス 25分
「太田」駅から無料スクールバス 50分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

埼玉工業大学(私立大学/埼玉)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る