• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪学院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 商学部

私立大学/大阪

オオサカガクインダイガク

商学部

売れる仕組みと買う仕組みの両面を知り、企業活動を活性化する人をめざそう。

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    商学は、物を売り買いする、いわゆる商売(ビジネス)や企業の経営について学ぶ学問です。この学問に固有の理論や分析方法はなく、経済学や心理学、社会学といった学問分野の理論を応用して研究を進めます。いわば、さまざまな学問の詰め合わせ的な性質を持った学問といえるでしょう。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 観光学

    文化交流やビジネスの側面を持つ観光の研究を通じて、観光業で必要とされる知識や技術を学ぶ

    観光地計画・観光事業経営・観光文化などの分野がある。観光の理論から、ホテル業、旅行業などの実務的な知識も学べる。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

目指せる仕事
  • 中小企業診断士

    中小企業の経営全般を調査・管理

    中小企業の経営者の依頼により、会社経営全般の調査・診断をし、生産管理、経営指導などを通して、経営改善をはかる、いわゆるマネジメント・コンサルティングをする。また、個々の企業を当たるだけでなく、数人でチームを作り、商店街全体の再開発診断にあたるケースもある。

  • マーケットリサーチャー

    製品開発に欠かせない調査員

    モノ余りの時代には、ヒット商品を生み出すために、どんな人たちがモノを欲しがっているか、商品についての需要予測や消費者の嗜好動向、購入層、過去の販売実績、販売方法など市場の動きを正確に把握する必要がある。マーケットリサーチャーはこれら調査の専門家として社会調査やその結果を集計・分析する。

  • 消費生活アドバイザー

    企業・公共団体の消費者相談窓口

    消費者と企業のパイプ役。消費者のために買い物相談や助言をするとともに商品に対する問い合わせや苦情の受付窓口になる。また、アンケート調査を行い、消費者の要望を把握し、新商品づくりや販売戦略を提案するという仕事を通して、利用者の立場からみた商品の不充分な点を改善すべく社内に働きかける役割を担う。

  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 事業開発

    会社にそれまでなかった新たなビジネスを提案し、立ち上げる

    民間企業などで、その会社にそれまでなかった新たなビジネスプランを考え、立ち上げる仕事。事業の仕組みづくり、コストや売上げ・利益のシミュレーション、営業活動を担当する社員の組織づくりなど、会議などで社内の承認を取りつつ実現させていく。

  • ショップ・店オーナー・経営者

    ショップの所有者兼店長。自分のアイデアをフルに生かして店を経営する

    自分の資金で店舗物件を借り、商品をそろえるため、開店したショップは自分の所有物(個人事業主)になる。オーナーであると同時に店長として店舗に立つ人が多い。業務内容は普通の店長と変わらないが、仕入れでも内装でも自分のアイデアを自由に実現しやすいのが魅力。経理や資金繰りなど経営面の責任は重大。

  • 店舗開発・店舗プロデューサー

    新規出店のために、土地探しから店舗デザイン、施工に至るまで全てを執り行う

    新しく店や事務所を開く際、条件にかなう土地を探すことを始め、周辺の商業特性を調査したり、資金計算、用地交渉、店舗設計、設備手配、施工を管理するなどして開店までのサポートをする仕事。それぞれの専門家をコーディネートし進めていくケースが多い。

  • スーパーバイザー

    店舗ごとの状況を把握し、売上げ対策をアドバイス。店長の経営コンサルタント的存在

    コンビニや飲食店など、店舗をチェーン展開している会社の本部社員。複数の店舗を受け持って、商品の品揃えや従業員教育、販売促進策などを店長にアドバイスし、売上げアップをサポートする。ほかに、テレフォンコールセンターでオペレーターたちを管理する仕事も、同じ職種名が使われるので注意。

  • 商品バイヤー

    売れる商品を発掘し販売量を予測。交渉力を発揮し有利に買い付ける

    会社やショップなどで商品の仕入れを専門に担当する人。売れ筋商品を発掘し、販売量を予測し、できるだけ安く仕入れられるよう交渉する。海外の商品を買い付ける場合は、英会話はもちろん貿易に関する専門知識、為替知識も必要になる。

  • 飲食店員・店長

    レストランやカフェなどでおいしい食事やくつろげるひとときを提供

    レストラン、ラーメン店、定食屋、ファストフード店、カフェ、居酒屋、バーなどの飲食店で働く。大きく分けて、調理を担当するキッチンスタッフと、店内で接客や配膳、会計などを担当するホールスタッフとに分かれる。飲食店は、おいしい食事や飲み物を提供することはもちろん、お客さまに楽しくくつろいだひとときを演出する場でもある。そのため、気持ちの良い接客や衛生管理も大切な仕事。店長は、調理やサービスのほか、仕入れや売り上げの管理やスタッフの管理・指導なども求められる。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

ビジネスの最前線で活躍できる、高度な実践力を身につける人材を育成。

マーケティング戦略コース

グローバル・ビジネスコース

財務情報コース

キャンパスライフShot

大阪学院大学 基礎から専門領域まで生きたビジネス社会を体系的に学ぶ。
基礎から専門領域まで生きたビジネス社会を体系的に学ぶ。
大阪学院大学 「ビジネス・チャット」では、卒業生の経営者と学生との間で活発な対話が展開されます。
「ビジネス・チャット」では、卒業生の経営者と学生との間で活発な対話が展開されます。
大阪学院大学 社会の一員としてビジネスの現場を体験できる「インターンシップ」。
社会の一員としてビジネスの現場を体験できる「インターンシップ」。

学部の特長

学ぶ内容

教育内容
本学部では、流通・マーケティングをはじめ、企業とマーケット・地域社会・会計・情報などを結びつけてビジネスの世界をあらゆる角度から学びます。多様化するビジネスに対応し、幅広い視野で考える力と、ビジネスの現場で即戦力として活躍できる高い知識とスキルを身につけた人材を養成します。
マーケティング戦略コース
現在の流通業態は多種多様です。マーケティング戦略コースでは、「売れる仕組み」を理解し、流通・マーケティングを体系的に学修。実践的なビジネススキルである問題解決力の修得をめざします。
グローバル・ビジネスコース
モノ・サービス・カネが自由に移動する経済のグローバル化に伴い、企業活動もそれに対応する必要があります。本コースでは、グローバルに展開するビジネス活動への理解を深めるとともに、企業とマーケットを結びつけた実学を修得。グローバルビジネスの場における実践的な能力を養います。
財務情報コース
ビジネスにおいて欠かすことのできない「財務情報」と「IT」について専門的に学ぶコース。財務情報や管理会計情報といった多面的に分析できる知識を身につけるとともに、税理士や公認会計士といった資格取得をめざします。さらに、ネットビジネスなどのマーケティングコミュニケーション手段であるITスキルも身につけます。

授業

消費者行動論
現代ビジネスにおいて、消費者の心理や行動を理解し、マーケティングに活用することは、企業として不可欠です。消費者行動論では、消費者の選択行動・意志決定プロセス・消費者行動の歴史的変化の3つの視点から消費者行動について理解します。さらに、学生が自ら考え、講義に参加する双方向型のアクティブラーニングで理解を深めていきます。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    商品のヒットや流行に秘められた「仕掛けと仕組み」を学ぶ毎日に夢中

    コンビニのスイーツに対して「この価格でこんなにおいしいものを、どうしたら商品化できるの?」と疑問に思い、「モノが売れる仕組み=マーケティング」を学べる大学を調べ尽くし、選んだのが大阪学院大学でした。

    大阪学院大学の学生

資格

取得できる資格
高等学校教諭一種免許(商業)[国]、司書教諭[国]、学芸員[国]、司書[国]
目標とする資格
販売士、日商簿記検定、ITパスポート[国]、税理士[国]など

学生支援・制度

ビジネス・チャット/インターンシップ
将来の日本経済を担うためには、ビジネスの知識をつけると同時に、現場での実践力も必要となります。商学部では、この「知」と「場」を学びの体系に位置づけ、卒業生の企業経営者を講師として招きディスカッションを行う「ビジネス・チャット」や、実際にビジネス現場で学ぶ「インターンシップ」を推奨しています。

就職率・卒業後の進路 

■主な就職先(2018年3月卒業生)
大阪シティ信用金庫、コタ(株)、コーナン商事(株)、佐川急便(株)、大東建託(株)、セントラル警備保障(株)、日本機材(株)、(株)ヤマダ・エスバイエルホーム、(株)ヤマダ電機、(株)ヨドバシカメラ など

問い合わせ先・所在地

〒564-8511 大阪府吹田市岸部南二丁目36番1号
06-6381-8434 (代表)

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府吹田市岸部南二丁目36番1号 JR「岸辺」駅から徒歩5分
阪急「正雀」駅から徒歩5分

地図

 

路線案内


大阪学院大学(私立大学/大阪)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る