• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 筑波学院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 経営情報学部
  • ビジネスデザイン学科

私立大学/茨城

ツクバガクインダイガク

ビジネスデザイン学科

定員数:
200人

流通、観光、金融、製造、エンターテイメントなどの業界でクリエイター、システム開発者、経営者となる未来を目指す!

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶのが情報学です。「コンピュータやプログラミングについて学ぶ、理系の学問」というイメージを抱く人は少なくないかもしれませんが、情報技術の社会への浸透に伴い情報学の扱う領域も広がっており、今や理系だけに限られる学問ではなくなっています。情報学の知識や技術をもった人材へのニーズはさらに高まっていくに違いありません。就職などの将来性は、安定しているといえます。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 受付

    企業全体のイメージを決める役割も任う窓口役

    主な仕事は、来訪者の用件確認、アポイントメントの確認、関係者との連絡、伝言の伝達や客の接待、来訪者のチェックとそのリスト作成など。外国人の来訪が多い企業では英会話などの語学力が、受付がショールームにある企業ならばインストラクター的な商品知識が要求される。

  • 秘書

    良きパートナーとして多彩な業務で上司をサポート

    仕事内容は、補佐する上司によっても異なるが、一般的には、次の9つの業務になる。(1)スケジュール管理、(2)客の接遇、(3)文書作成と書類のファイリング、(4)事務機器の運用と管理、(5)上司の仕事の下準備と事後処理、(6)社内外の連絡・調整、(7)出張・交際などの手続きと費用の精算、(8)備品の購入、オフィス管理、(9)情報収集と整理など。

  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • アニメーター

    生き生きとしたアニメの絵を描く

    世界的にも評価の高い日本のアニメーション(アニメ)。アニメ制作には多くの担当者が集まってそれぞれの仕事を行いますが、高いクオリティーの作品を制作するための重要な役割を担うスタッフのひとりが、アニメーターです。アニメーターは、アニメの絵を描き、動きを表現するのが仕事で、絵そのものの魅力、動きのスムーズさを担います。アニメ全体のクオリティーに深く関係するため、アニメ制作に欠かせない仕事です。アニメーターになるのに必須の試験・資格はありません。制作会社の採用時にはいかに絵がうまく描けるかがポイントとなるため、大学や専門学校などで絵の描き方や表現方法などについて学ぶとよいでしょう。

  • 編集者

    書籍や雑誌、Webコンテンツの企画・編集から取材、進行管理まで

    小説や絵本などの書籍、コミック誌、ファッション雑誌などの中身を企画し、本になるまでの過程すべてに携わるのが編集者の仕事です。最近ではWebサイトの記事やメールマガジン、電子書籍など、紙媒体だけでなくWeb媒体においても編集者が多数活躍しています。編集者になるのに必要な資格は特になく、出版社、新聞社の出版局、編集プロダクションに入社し、まずは編集アシスタントとして経験を積むことが一番の近道となります。ただし、大手出版社や新聞社の出版局の場合は、入社試験の受験資格を4年制大学卒業者(卒業見込み者)としているところがほとんどです。中小規模の出版社や編集プロダクションでは学歴を問わない場合が多いですが、未経験者の新卒採用ではなく経験者の中途採用がメインになっています。また、会社で実績を作ってから独立し、フリーの編集者として働く人もいます。

  • ライター

    依頼されたテーマについて取材を行い、客観的な視点で文章にまとめる

    出版社や新聞社から依頼されたテーマについて取材をし、原稿を執筆するのがライターの仕事です。政治・経済、社会問題、教育、IT、グルメ、旅行、ファッション、美容、エンターテインメントなど与えられるテーマはさまざまあり、多くのライターは何かしらの得意分野を生かして仕事をしています。執筆した原稿は、本や雑誌、新聞、パンフレットなどに掲載されるほか、最近ではインターネットサイトやメールマガジンなどWeb媒体でのニーズが高まっています。ライターになるために必須の資格などはなく、ライターだと名乗ることは誰にでもできますが、本業として一定の収入を確保するためにはそれ相応の実力や努力が必要です。出版社や編集プロダクションに入社し、編集者もしくはライターとして働いた後、フリーランスのライターとして独立する人が多い傾向にあります。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • 広報

    企業の報道担当者

    対象は社内・社外・宣伝広報に分けられるが、基本的には対外的に企業の理解を深めるのが目的の企業の報道担当者。マスコミへの取材協力、PR誌の作成、その他あらゆる企業情報を管理する。企業イメージを管理する大事な仕事で、最近では商品の売れゆきや人材獲得にも大きな影響を与えている。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。※教育職員免許法の改正により、平成31年4月1日より新教職課程が開始されます。そのため、高等学校教諭免許状(一種、専修)の教職課程を置く学校は、再認定を受ける必要があります。ただし、文科省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。詳細は、各学校にお問い合わせください。

初年度納入金:2019年度納入金 129万円 

学科の特長

学ぶ内容

『なりたい自分を見つける「150の専門基礎科目」と「5コース」で学び社会へ羽ばたく』
社会で活躍する基礎となる経営知識・情報スキルを身につけ、進む道を確認。1年次に基礎教養科目を学び、2年次から自分のキャリアに向け「ビジネスマネジメント」「グローバルコミュニケーション」「地域デザイン」「メディアデザイン」「情報デザイン」から自由に科目を組み合わせ、専門的な知識と技術を習得していきます。
【ビジネスマネジメント】地域社会のビジネスリーダーを目指し、経営の基礎知識と応用を学ぶ
経済社会環境の変化、経営手法、マーケティングや経営シミュレーションなど、未来の経営者を育成する総合的なカリキュラムを設定。ビジネスパーソンとして必要な知識や素質を身につけた有能な人材を育てます。
【グローバルコミュニケーション】「英語を学ぶ」から「英語で発信する」ことを学ぶ
ビジネス社会のコミュニケーションツールである英語で発信するためには、自分の考えを論理的に整理し書き起こす日本語能力が基本となります。同時に英語のロジックで考える訓練も必要です。「英語を学ぶ」から「英語で発信する」ことを学びます。
【地域デザイン】地域を理解し、都市デザイン・メディアアートで活躍する人材を育成する
1、2年次必修の地域連携活動の体験を元に、地域教育・観光・メディア、都市ビジネスの分野で活躍する人材を育成。地域の観光資源や物産を活用し、公共の場に観光、アート、食を融合させたプロジェクトを企画・実行。観光客に地域の魅力を専門的に紹介するなどの社会参加型の活動を通し、地域活性化の課題に取り組みます。
【メディアデザイン】イラストやCGデザイン、画像処理技術を修得。映像・メディアでプロに!
デザイン系ソフトを使ったイラスト制作を学び、多彩なデザイン表現に接することで美的感覚を磨きます。また、映像、コンピュータを駆使したデザイン、ソフト制作だけでなく、イベント参加やシナリオ制作を通じて、幅広いスキルを身につけます。
【情報デザイン】ビジネスでのコンピュータ活用法やシステム開発技法を学び、IT活用のプロに!
IT化が進むビジネス社会で必要とされるIT活用の知識とスキルを学び、Web制作やシステム開発の専門家として活躍できる技術を身につけます。そのためにコンピュータのハードやソフト、プログラミング、システム開発などに関する知識・技術を習得。さらに社会や生活を豊かにする「情報」を適切に扱う方法等を学びます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【情報】<国> (1種〔申請中〕文科省審査で教職課程開設時期変更の可能性あり) 、
  • 情報処理士 (上級) 、
  • 学芸員<国> 、
  • ウェブデザイン実務士

上級ビジネス実務士
上級ビジネス実務士(国際ビジネス)
上級ビジネス実務士(サービス実務)
観光ビジネス実務士
実践キャリア実務士
日本語教員資格
地域デザイン学芸員

受験資格が得られる資格

デジタル・アーキビスト

目標とする資格

    • CGクリエイター検定 、
    • Webデザイナー検定 、
    • 実用英語技能検定(英検(R)) 、
    • TOEIC(R) LISTENING AND READING TEST 、
    • 国内旅行業務取扱管理者<国> 、
    • 総合旅行業務取扱管理者<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • IT パスポート試験<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    関彰商事(株) 、 桂不動産(株) 、 コンチネンタルホーム(株) 、 日立化成(株) 、 イオンリテール(株) 、 カスミ(株) 、 日の丸交通(株) 、 (株)東日本技術研究所 、 ホテルマネージメントインターナショナル(株) 、 航空自衛隊 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒305-0031 茨城県つくば市吾妻3-1
TEL 029-858-4815(入試広報グループ)
nyushi@tsukuba-g.ac.jp 

所在地 アクセス 地図・路線案内
茨城県つくば市吾妻3-1 「つくば」駅から徒歩 7分
「ひたち野うしく」駅東口から関東鉄道・筑波大学中央行バス 30分
「土浦」駅西口から関東鉄道・筑波大学中央行バス 30分

地図

 

路線案内


筑波学院大学(私立大学/茨城)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る