• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • デザイン
  • グラフィックデザイナー
  • ズバリ!将来性は?
グラフィックデザイナーのズバリ!将来性は?

グラフィックデザイナーのズバリ!将来性は?

時代の流れとともに、グラフィックデザイナーに求められる役割も変化してきています。これまでは雑誌やカタログなどの紙媒体が主流でしたが、スマホやタブレットの普及に伴い、ウェブ媒体に注目が集まっていることから、ウェブデザイナーのような仕事を依頼されることも増えてきているようです。さまざまな仕事に対応できるようなスキルを磨いておくことは、グラフィックデザイナーとして働き続けるためにも必要だといえるでしょう。

活躍できる場の多様化

これまで、グラフィックデザイナーの仕事は紙面の表現が主体でしたが、現在は映像やウェブでの表現、展覧会・美術館の企画、設計、プロデュース、コンサルティングなど、仕事の幅が広がり、領域が曖昧になってきているので、力があればどんな仕事でも実現できる機会が広がっているといえるでしょう。

新しい表現にトライする時期

ウェブ媒体の需要の高まりにより、雑誌などの紙媒体へ広告を出す企業が減り、さらに休刊する紙媒体も多く出てきています。このような状況に伴い、紙媒体の広告制作の仕事が減り、広告を中心に仕事をしてきたグラフィックデザイナーの多くが転換期を迎えています。この厳しい状況をチャンスととらえ、紙媒体だけではなく、さまざまな表現に挑戦していくことが、グラフィックデザイナーとして仕事を続けていくために大切なことのひとつです。

取材協力
公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会

全国のオススメの学校

関連する仕事の将来性もチェックしよう

グラフィックデザイナーを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路