• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東京理科大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 工学部
  • 建築学科

東京理科大学 工学部 建築学科

定員数:
110人

建築学の計画・環境・構造を3つの柱とし、幅広い知識と深い専門性を修得

学べる学問
  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • エクステリアデザイナー

    塀や門など、建物の外観に関わるデザインをする

    塀や門、カーポート、フェンスなど建物の外観に関わる製品のデザインをする。玄関部分などをトータルデザインする場合、イメージから素材までを考えていく。顧客や設計・施工担当者の意向を取り入れながら、具体的な形、素材を決めていく力が必要。

  • 建築士

    建築物の設計・デザインから施工監理まで

    一般住宅や店舗やオフィスなどの建築物の企画、設計、見積もり、施工管理などに携わる仕事。建築予定地の調査をし、顧客の要望に沿う建築の設計と積算を行う。また、建築工事の管理、建築許可や道路の使用許可などの法規に基づく官庁への手続きや届け出もする。

  • 建築設備士

    空調や電気など建物設備の設計と監理

    空調・換気・給排水衛生・電気・防災といった、建物設備の設計や工事監理を行う。ソーラーシステムなどの新技術や、コンピュータの普及で複雑になる設備にも対応し、建築士に適切なアドバイスをする。試験を受けるには、空調・衛生工事会社、ゼネコン、設計事務所などで実務経験を積む必要がある。

  • 土木・建築工学技術者・研究者

    建造物の基本となる土木工事や建築工事などの安全性や効率などを考えた新しい施工技術の開発、研究を行う。

    さまざまな建造物の土台となるのが土木工事。また、道路建設のような建造物のない工事は、土木の仕事。それらの土木工事の計画から設計、施工、管理などのリーダーとして全体を把握し、現場がスムーズに動くように采配をふるうのが、土木工学技術者。一方、建築物の強度や耐震性など、安全面を重視した工法や建築工学に基づいた施工技術を考え、建築現場の管理をするのが建築工学技術者。これらの技術や工法などの研究を、大学や関連研究施設で行うのが土木・建築工学研究者だ。

  • 大学教員

    自分の研究分野に関わる専門の講義の指導のみを行う専門講師

    大学では、教授会に所属して大学の運営などにも関わる教授・准教授などとは別に、外部から呼ばれる「講師」がいる。講師とは、一定の期間の契約を大学と交わし、自分の研究分野に関わる講義のみを行う教員だ。教授や准教授のポストの空きがなかなかなくて講師をする人もいるが、本業は別に持ち、その高い専門知識を学生に伝えてほしいと要請を受けて講師を務めるケースも多い。高校までの教員と異なり、大学の教員の場合は特別な資格は必要ではなく、あくまでも専門領域への深い造詣や知識・技能があるかどうかが重要になる。

初年度納入金:2021年度納入金(参考) 166万円  (その他の納入金として、学生傷害共済補償費、父母会費、同窓会費、選択科目実験実習費等があります。)

東京理科大学 工学部 建築学科の学科の特長

工学部 建築学科の学ぶ内容

科学や情報技術を駆使し、人間と自然環境が共生する都市や建築について探求
各種施設の計画や建設に留まらず、都市や地球環境の保全においても大きな役割をもつ建築学。本学科では実務経験を通して大きく成長するために、技術者としての学問的な基盤をしっかりと身に付けることに重点を置き、4年間で実社会の日進月歩の技術革新に対応できる学びを展開し、社会に貢献できる人材を育成します。

工学部 建築学科のカリキュラム

計画、環境、構造に関する専門分野を中心に、建築に関する総合的な知識・能力を身に付けます
計画・環境・構造の3部門を学科における専門教育の3本柱として位置付け、幅広い視野と確かな専門知識を身に付けるための基礎教育を充実させています。部門間でバランスのとれた総合的な専門教育を3年次に行い、4年次にはあらゆる課題に対応できる、人間性豊かな技術者・設計者となるため、各自の研究を進めます。

工学部 建築学科の授業

授業数豊富な設計製図関連科目
「設計製図」は、講義科目や演習・実験科目で学んできた専門知識と専門技術を総合して、与えられた設計課題に独自の解答を出すという、主体的総合演習科目です。「設計製図1~2」は必修で、3年前期「設計製図3」と3年後期「第一部門設計及び演習」が選択必修、4年前期の「建築・都市設計」が選択科目となっています。

工学部 建築学科の研究室

卒業制作・研究を、大学における学修・研究の集大成として最も重視しています
4年次には研究室に所属して、前半で卒業研究、後半に卒業制作を行うα方式と、通年で卒業研究を行うβ方式があり、いずれかの方式を指導教員と相談の上で選択します。卒業研究は教員の直接指導に基づき、研究の方法を実地に修得する貴重な機会となります。また、自分の持てる能力を結集して卒業作品を制作します。

工学部 建築学科の施設・設備

先端融合分野研究の場 ― イノベーションキャンパス「葛飾キャンパス」で学びます
葛飾キャンパスの敷地内には講義棟、研究棟、管理棟、図書館、体育館、実験棟がゆったりとレイアウトされており、キャンパスアメニティーが充実しています。先端融合分野を研究する「イノベーションキャンパス」として整備され、理学部第一部や先進工学部などの他学部との交流も盛んです。

工学部 建築学科の教育目標

建築の技術者・設計者となるための学問的な基盤をしっかりと身に付けた人材を育成
ハード・ソフトの両面から、自然・人間・社会とが調和した環境の基盤を創出、保全するための知識・能力を身に付けるため、計画・環境・構造に関する専門教育を中心として、バランスの取れた総合的な教育を通じて、真に社会に貢献できる人間性豊かな技術者・設計者等となるための学問的基盤を身に付けた人材を育成します。

東京理科大学 工学部 建築学科の学べる学問

東京理科大学 工学部 建築学科の目指せる仕事

東京理科大学 工学部 建築学科の資格 

工学部 建築学科の受験資格が得られる資格

  • 一級建築士<国> (卒業後即受験可能・資格取得には要実務経験2年) 、
  • 二級建築士<国>

東京理科大学 工学部 建築学科の就職率・卒業後の進路 

工学部 建築学科の就職率/内定率 91.8 %

( 卒業者数112名、就職者数45名、進学者数63名 ※進学率56.3% )

工学部 建築学科の主な就職先/内定先

    大林組、鹿島建設、清水建設、積水ハウス、竹中工務店、大成建設、大東建託、ポラス、スターツCAM、戸田建設、長谷工コーポレーション、ライツアパートメント、システムサポート、NTT都市開発、国家公務員、地方公務員、首都高速道路 ほか

※ 2020年3月卒業生実績

※就職率は進学者数を除いた卒業者数に基づく

東京理科大学 工学部 建築学科の問い合わせ先・所在地・アクセス

〒125-8585 東京都葛飾区新宿6-3-1
TEL:入試センター 0120-188-139

所在地 アクセス 地図・路線案内
葛飾キャンパス : 東京都葛飾区新宿6-3-1 「金町(東京都)」駅から徒歩 8分
「京成金町」駅から徒歩 8分

地図

 

路線案内


東京理科大学(私立大学/東京・北海道・千葉)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る

RECRUIT