• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 立教大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • コミュニティ福祉学部
  • 福祉学科

私立大学/東京・埼玉

リッキョウダイガク

福祉学科

募集人数:
154人 (増員)

質の高い福祉の保障と、福祉社会の形成を担える人材が求められている現代社会。総合学としての社会福祉を学ぶ。

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 哲学・宗教学

    人間のあり方、心のよりどころについて理論的に研究する

    哲学は、「人間とは?」「社会とは?」という問いを追求するために、研究分析を通じて、人生・世界・事物の根本原理など、人間の真実を究めていく学問。宗教学は人間と人間社会を全体としてとらえるために、宗教の教義や背景となる歴史・文化等を調査しながら研究する。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • 生活指導員

    福祉施設に勤務し、施設利用者の生活全般を支援する

    老人福祉施設や身障者施設などに勤務し、施設利用者の入退手続きや生活プログラムの設計などを行い、施設利用者が快適に生活を送れるよう支援する。必須資格は特にないが、介護援助を行う場面もあるので、介護の現場経験者や介護系資格取得者が理想的だ。

  • 精神保健福祉士

    精神障がいのある人の生活を援助し、社会復帰をサポートする

    精神病院や社会復帰施設、および保健所などに勤務して、精神障害者に対し、社会復帰のための手助けする。また家族の相談相手になったり、医師や看護師、作業療法士などの治療チームの調整役を務めるなどさまざまな役割を持つ。精神障害者の福祉向上のためにニーズは高まっている。

  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

    保護や援助を必要とする人のアドバイザー

    児童相談所や福祉施設に勤め、心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関するさまざまな相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題解決にあたる。さまざまな福祉サービスの中から利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しい仕事だ。

  • ケースワーカー

    社会生活を送るうえで困っている人を援助する

    ケースワーカーは、社会生活を送るうえで困っている人を援助する仕事です。まず、障がい者や児童、高齢者など福祉サービスを必要とする人たちの相談に応じ、何が問題なのか、どのような支援が必要なのかを把握します。その後、必要と判断した援助を行うためのプログラムを計画・立案し、福祉施設、病院、保健所といった関係機関との連絡・調整を行います。主な勤務先は、地方自治体が管轄する社会福祉事務所や児童相談所などで、この仕事に就くには、地方公務員試験に合格することが必要です。

  • 医療ソーシャルワーカー

    患者が社会復帰するための援助・助言をする

    入院患者やその家族が直面するさまざまな問題解決のための援助を行う。例えば保健や治療費の減免制度活用の援助、患者とその家族の人間関係の調整、受診・受療を促進するための心理的・社会的援助、退院後の福祉施設の選定や在宅ケアサービスの調整など、患者やその家族の話に親身になったアドバイスを行う。

  • 社会福祉主事

    行政の中で福祉サービスに携わる

    公務員となって福祉関連部署で働く。地方自治体の福祉課の窓口で福祉サービスに関する相談を受け、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う他、福祉事務所や児童相談所で相談を受けたら、児童施設の児童指導員や老人福祉施設などの生活指導員として活躍する場合もあり、その仕事内容は多岐にわたる。

  • 福祉施設指導専門員

    福祉施設を利用する老人や障害者への直接指導を行ったり、施設職員の指導を行ったりする。

    老人福祉施設や障害者福祉施設、児童福祉施設などで、入所している老人の介護、障害者への生活指導や職業指導、児童の生活や養育の面倒を見るなど、入所者への直接的な指導を行う一方、施設職員の能力向上のための指導なども行う。また、施設行事の日程を企画したり、要介護者のケアプランの作成を行ったり、訪問看護のケアマネージャーを行うなど、施設と患者の間に立ったプラン作成やマネージャーとしての役割を果たす。さらに、必要に応じて、他の機関(専門の病院など)との連携がとれるように調整することも。

  • 福祉相談指導専門員

    医療福祉や介護の中で、患者とその家族の相談を受けたり、介護に携わる人の指導や相談を受ける。

    医療福祉施設や介護施設、介護などに関連する商品を販売している会社などで活躍するのが福祉相談指導専門員。まず、患者とその家族の相談を受けて、精神的な支えになったり、具体的な生活指導やさまざまな情報の提供を行う。一方で、介護に直接携わる人の相談に乗り、指導を行う。「介護サービスのプラニング」「ホームヘルパーの指導」「行政機関・ボランティア団体の連携折衝窓口」などを通じて、介護に携わる人をバックアップする。また、介護に必要になる介護医療機器(用品)のアドバイスをしたり、購入の手助けをしたりもする。

  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

初年度納入金:2017年度納入金 128万7500円  (入学金含む)

学科の特長

学ぶ内容

福祉の制度や法律だけでなく、社会学や心理学などの専門関連科目を学ぶ
実際に福祉の実践を行う際に必要な知識や能力を獲得することだけにとどまらず、福祉の骨格である制度や法律についても学ぶほか、社会学や心理学などの専門関連科目を学修する。また、人間福祉に関連する諸学を総合するコミュニティ福祉学部の学科として、学部共通科目を通じて、幅広い意味での社会福祉を考えていく
「福祉マインド」をもって福祉社会の構築に寄与する
支援が必要な人々を手助けすることだけが福祉ではない。経済社会が豊かさとともに貧困も生み出している中で、すべての人が豊かに生きることをめざすのが福祉である。福祉学科で培われるこうした「福祉マインド」は、福祉の分野はもちろん、どこの組織や企業であっても必要とされるものである

カリキュラム

社会福祉に関する行政・政策について学ぶことができる
福祉の行財政における国や自治体の役割、高齢社会における社会システム再構築と福祉に関する制度・政策、社会福祉と法といった内容を学ぶ専門科目を幅広く展開。また、コミュニティ政策学科にも行政・政策に関する科目が多く展開されており、福祉学科の学生も履修することができる

実習

福祉現場を深く理解するため、福祉関連施設の利用者と直接関わりを持つ実習が充実
1年次の「基礎演習」、2年次の「福祉ワークショップ」等に加え、3年次には4週間の現場実習科目を設置。施設の生活プログラムへの参加、相談・面接場面への同席、家庭訪問への同行などを通し、福祉の実際を学ぶ

卒業生

社会ニーズの高い福祉の視点を生かし、民間企業はじめ幅広く活躍
福祉視点のニーズが高まっていることから、高齢者を対象とした資産運用の相談を行う金融機関や、障がい者の旅行プランを提案する旅行会社など、福祉業界に限らず多くの民間企業でも卒業生が活躍している。社会福祉士、精神保健福祉士になる人もいる

資格

社会福祉士、精神保健福祉士の受験資格が得られる
「社会福祉士」は身体上もしくは精神上の障がいがある人の福祉に関する相談に応じ、指導、助言その他の援助を行い、「精神保健福祉士」は精神障がい者の社会復帰についての相談援助を行う国家資格である。指定科目をすべて修得することにより、両者の受験資格を得ることができる

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【社会】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【公民】<国> (1種) 、
  • 高等学校教諭免許状【福祉】<国> (1種) 、
  • 司書<国> 、
  • 学芸員<国>

社会教育主事任用資格 ほか

受験資格が得られる資格

  • 社会福祉士<国> 、
  • 精神保健福祉士<国>

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 97.7 %

( 就職希望者351名 )

主な就職先/内定先

    東京都特別区 、 三菱東京UFJ銀行 、 三井住友銀行 、 みずほフィナンシャルグループ 、 りそなホールディングス 、 野村證券 、 さいたま市役所 、 東日本旅客鉄道 、 三井住友海上あいおい生命保険 、 東京消防庁 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※学部全体のデータです

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL03-3985-2660

所在地 アクセス 地図・路線案内
新座キャンパス : 埼玉県新座市北野1-2-26 「志木」駅から徒歩 約15分
「志木」駅からバス 約10分 ※スクールバスも有
「新座」駅から徒歩 約25分
「新座」駅からバス 約10分 ※スクールバスも有

地図

 

路線案内


立教大学(私立大学/東京・埼玉)