• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 北海道医薬専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 薬業学科

北海道認可/専修学校/厚生労働大臣指定/北海道

ホッカイドウイヤクセンモンガッコウ

薬業学科

定員数:
60人

薬の国家資格「登録販売者」の取得を目指し、ドラッグストア、調剤薬局、病院薬剤部、化粧品会社などで活躍する人材へ

学べる学問
  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問で、基礎薬学と医療薬学・臨床薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、化学物質の分析と新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学では、薬の作用、副作用についてと、薬を正しく、安全に使う方法を学びます。薬学を学べる学部には、薬学部のほかに薬科学部があります。これは4年制の学部で、主に研究者の育成を目的としています。薬を扱ううえでは、細かな計測や厳重な安全管理が欠かせません。ですから、几帳面な性格の人は、薬学に向いているといえるでしょう。薬学を学んだ人の多くは、薬剤師として薬局や病院に就職します。そのほかにも、製薬会社での研究開発や、食品、化粧品会社での商品開発に携わる人、公務員として薬学の知識を生かせる職に就く人もいます。いずれにしても薬を通して、人々の健康や生活の安全にかかわっていく仕事です。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 販売・接客・サービス

    お客様が快適なひとときを過ごしたり、買い物を楽しんだりできるようサービスを提供

    ショップやレストラン、ホテルなどでお客さまに応対する仕事。お客さまが快適なひとときを過ごしたり、不便なく買い物を楽しんだりできるよう最適なサービスを提供する。販売では、商品に対する質問に答え、適切な助言を与える。お客さまの買い物アドバイス以外に、販売事務、商品管理、レジスター、苦情処理、顧客情報の収集などの仕事にもあたる。相手が何を望んでいるかをくみ取ってコミュニケーションする力が求められる。また、相手に好印象を与える接遇マナーも必須の仕事だ。

  • 企画・調査

    会社の事業戦略のおおもとになるデータを収集・分析し戦略の方向性を示す

    民間企業などで、事業戦略を定める際、その基礎となるさまざまなデータを収集し戦略の方向性を示す仕事。業績の詳細な分析、市場規模や消費者のニーズの調査、予算シミュレーションなど、緻密な作業と分析力が必要とされる。あらゆる業種の企業にあり。

  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • ビューティアドバイザー・美容部員

    化粧品の知識やメイクの技術を駆使する販売スタッフ

    デパートやショッピングセンターの化粧品売り場、化粧品の専門店やドラッグストアなどで、お客さまに対してメイクのアドバイスと商品の販売を行う仕事。顔立ちや健康状態、年齢、好みに合わせたメイク法やスキンケアについてアドバイスするとともに、その場で実際にお客さまにメイクをし、それぞれのニーズに合った化粧品を勧める。女性が圧倒的に多い仕事ではあるが、最近は男性のビューティアドバイザー・美容部員も少しずつ増えている。

  • メイクアップアーティスト

    タレントやモデルのメイクから、ブライダルや医療メイクなども

    テレビ、雑誌、CM、ポスター、ファッションショー、映画などのモデル、タレント、俳優などのメイクを手がける。メイクは、役柄や求められる雰囲気づくりに対して深く関わる重要なポイントになっている。最近では、よりアート性を重視したものや、映画の特殊メイクなどの分野でも活躍している。

  • 医薬品登録販売者

    薬局の店舗スタッフとして活躍。第二類、第三類医薬品を販売できる

    薬局などで販売している医薬品には第一類、第二類、第三類の3種類があり、このうち第一類は薬剤師がいないと販売できない。しかし、一般的なかぜ薬など市販薬の9割以上を占める第二類、第三類は登録販売者の有資格者がいれば売ることができる。薬剤師は人材が不足していることもあり、現在は多くの薬局で登録販売者が活躍。医薬品の効能・副作用などの説明や会計などの店舗業務に従事している。6年制の大学を卒業しなければならない薬剤師に比べると資格も取りやすい。

  • 医薬情報担当者(MR)

    医師に薬品の情報を提供する

    MRとはMedical Representativeの略で、製薬会社の営業販売をする人。医療機関に出入りし、メーカーを代表して医師らに医薬品の情報を提供したり、情報を収集する仕事。また、各研究機関への委託研究の連絡や研究発表、シンポジウムを手伝うこともある。

初年度納入金:2019年度納入金 84万5000円  (その他、教科書代、ユニフォーム代等が必要)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

医薬品販売専攻<医薬品販売のプロを目指す>
医薬品の知識はもちろん、販売マーケティングや店舗マネジメント、外国語での接客も学び、ドラッグストアの店長を目指します。
ヘルス&ビューティ専攻<くすり+美容+健康を学ぶ>
医薬品の知識に加え、化粧品の成分や医療用メイクについても学び、美と健康のスペシャリストを目指します。
薬剤師アシスタント専攻<調剤薬局や病院薬剤部で活躍>
薬についてより深く学び、調剤薬局や病院の薬剤部、製薬会社への就職を目指します。

カリキュラム

基礎からしっかりと学べるので安心!
全専攻で「登録販売者」の取得を目指し、薬の成分や種類、効能や副作用等、基礎から専門まで幅広い知識を修得。本物のドラッグストアさながらの薬業実習室やメイクの専門的な実習ができるヘルス&ビューティ実習室など、充実した設備を使用した実践授業も豊富です。

実習

海外の薬・医療と歴史にふれる『海外研修旅行』と就職に直結の『職場実習制度』
1年次に6日間にわたり海外研修旅行を実施。海外の薬・医療の歴史を知ることや医療機関の見学を目的としています。お楽しみの観光の時間もあり海外で見聞を広めます。また、1年次にドラッグストアや調剤薬局の現場実習を実施。患者さんやお客様、業務上での対人、仕事への理解を深めます。就職先に結びつく例もあります。

資格

薬剤師以外で唯一、医薬品販売が可能な資格「登録販売者」合格をサポート
ドラッグストアや薬店等で医薬品販売を行うことができる「登録販売者」の資格取得を全面サポート(2018年合格者21名/合格率100%)。他にも薬学検定や調剤事務管理士等、将来薬の専門家として活躍するために必要な資格の取得が可能です。

募集コース・専攻一覧

  • 医薬品販売専攻

  • ヘルス&ビューティ専攻

  • 薬剤師アシスタント専攻

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 登録販売者<国> 、
    • メイクセラピー検定 (3級) 、
    • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス (3級・2級) 、
    • サービス接遇検定 (3級) 、
    • コンピュータサービス技能評価試験 (ワープロ部門3級・2級/表計算部門3級・2級) 、
    • 硬筆書写技能検定 (3級・2級) 、
    • 介護事務管理士

    薬学検定、調剤事務管理士、サプリメント管理士、ビューティケアアドバイザー、ヘルスケアアドバイザー

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 96.4 %

( 就職希望者数28名 )

主な就職先/内定先

    (株)サッポロドラッグストアー、(株)ツルハ 、 コープさっぽろシーズドラッグ、(株)ジョイフルエイケイ 、 (株)オストジャパングループ ドラッグセイムス 、 サツドラホールディングス(株)サツドラ調剤薬局 、 (株)サンクール あしたば薬局 、 札幌臨床検査センター(株)ノルデン薬局 、 (株)アインファーマシーズ、北海道大学病院薬剤部 ほか

※ 2018年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒001-0024 北海道札幌市北区北24条西6丁目2-10(入学センター)
フリーダイヤル 0120-5888-97
info@iyaku.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
本館(入学センター) : 北海道札幌市北区北24条西6丁目
(校舎)
地下鉄南北線「北24条」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


北海道医薬専門学校(専修学校/北海道)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る