• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • メイク・ネイル・エステ
  • メイクアップアーティスト
  • なるには
メイクアップアーティストになるには

メイクアップアーティストになるには

まずは美容系またはメイク系の専門学校で必要な基礎技術を習得するのが一般的です。美容系の専門学校を出て美容師の資格を取得しておけば仕事の幅も広がり、よりチャンスをつかむ機会に恵まれるでしょう。学校卒業後、ヘアメイク事務所や化粧品会社、ブライダルサロンなどに就職して、アシスタント経験を経て一人前のメイクアップアーティストになるケースが多いようです。

まずは美容系の学校へ

まったくのゼロから、ヘアメイク事務所に就職したり、メイクアップアーティストのアシスタントになったりする例もありますが、それで成功するケースはごく少数です。美容専門学校やヘアメイク専門学校、トータルビューティを扱う専門学校にまずは入学して、基礎的なスキルを身につけておく必要があります。ただし、高校在学中、または一般の大学に在学中にダブルスクールや通信教育でメイクの基礎を学び、美容師免許を取得して、卒業後すぐにメイク関連の会社に就職をする例などもあります。

短大・美容専門学校

2年間の在学中で美容師免許を取得することを目指します。その他、学校によってカリキュラムは若干異なりますが、エステ、ネイル、メイク、ブライダルヘアメイクなどの基礎を学ぶこともできます。

トータルビューティの専門学校

メイクアップの専門知識、エステ、ネイル、ファッション、ビューティアドバイザーになるための専門知識などを学ぶことができます。

取材協力
一般社団法人 JMA(Japan Make-up Association)

全国のオススメの学校

関連する仕事のなる方法もチェックしよう

メイクアップアーティストを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路