• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • メイク・ネイル・エステ
  • メイクアップアーティスト
  • なるには
メイクアップアーティストになるには

メイクアップアーティストになるには

全国のオススメの学校

まずは美容系またはメイク系の専門学校で必要な基礎技術を習得するのが一般的です。メイクアップアーティストには必要な資格はありませんが、実際の現場では美容師免許を求められることも多いため、美容系の専門学校を出て美容師の資格を取得しておけば仕事の幅も広がり、よりチャンスをつかむ機会に恵まれるでしょう。学校卒業後、ヘアメイク事務所や化粧品会社、ブライダルサロンなどに就職して、アシスタント経験を経て一人前のメイクアップアーティストになるケースが多いようです。

まずは美容系の学校へ

まったくのゼロから、ヘアメイク事務所に就職したり、メイクアップアーティストのアシスタントになったりする例もありますが、それで成功するケースはごく少数です。美容専門学校やヘアメイク専門学校、トータルビューティを扱う専門学校にまずは入学して、基礎的なスキルを身につけておく必要があります。ただし、高校在学中、または一般の大学に在学中にダブルスクールや通信教育でメイクの基礎を学び、美容師免許を取得して、卒業後すぐにメイク関連の会社に就職をする例などもあります。

短大・美容専門学校

厚生労働大臣の認可を受けた美容師養成施設での2年間の在学中で、美容師免許を取得することを目指します(通信制の場合は3年間)。その他、学校によってカリキュラムは若干異なりますが、エステ、ネイル、メイク、ブライダルヘアメイク、まつげエクステなどの基礎を学ぶこともできます。

トータルビューティの専門学校

メイクアップの専門知識、エステ、ネイル、ファッション、ビューティアドバイザーになるための専門知識などを学ぶことができます。近年では、トータルでファッションを学ぶために、人気アパレルブランドのショップ店員やスタイリスト・バイヤーの授業をカリキュラムとして組み込んでいる学校もあるようです。

取材協力・監修

HAIRMAKE NAO※2020年8月21日更新

メイクアップアーティスト。2007 年 神戸ホテル内のブライダルサロンにて基礎を習得。独立後は雑誌やドレスカタログ、芦屋スタジオにて撮影映えの観点からスタイリングを研究。同時期に花嫁着付技術取得 / 留袖着付け県大会 3 位入賞。上京後はブライダル以外にも視野を広げ、クリエーターの事務所に2年間マネージャーとして在籍し、そこでマネージメント技能と先端のファッションにふれる。都内大手婚礼会場を巡る傍、スキンケア商材等の広告メディア販促ビジュアルを手がけ、その活動は多岐にわたる。「全力の点と点はいつか線になる」という志を支えに邁進中。柔らかい中に芯のある女性像の表現が得意。

関連する仕事のなる方法もチェックしよう

メイクアップアーティストを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
RECRUIT