• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 秋田県立大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生物資源科学部

公立大学/秋田

アキタケンリツダイガク

[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2017年8月時点)

生物資源科学部募集人数:150人

生物資源科学部

初年度納入金
2017年度納入金(参考) 81万7800円~95万8800円  (詳細はお問い合わせください。)

募集学科・コース

バイオテクノロジーで生命現象を究明し、その成果を新たな産業へ

植物バイオテクノロジーで新バイオ産業の振興と地球の持続的発展に貢献する

ふるさとの自然環境から地球環境までを見つめる、フィールドに密着した科学

農業・農村を新たなビジネス視点で再構築する

学部の特長

学ぶ内容
生物資源科学部
 応用生物科学科では、動物・植物・微生物といった幅広い生物全般を対象に、それらの生物が持つ、ある物質を他の物質に転換する機能を、微生物・組織・細胞・遺伝子・分子レベルから多角的に学ぶ。その研究成果を生かして、農林水産物に代表される生物資源をより高度に利用することも目指す。
 生物生産科学科では、秋田県の気候・環境・地理的条件に合った農業の発展をテーマに、緑色植物を中心とした生物資源の生理・生態を学ぶ。
 バイオテクノロジー技術を用いた種苗開発や品種改良、耕地生態系を基礎とした生産技術などを研究し、植物のすぐれた機能を利用した産業の振興に寄与できる人材を育成する。
 生物環境科学科では、生物資源が果たす「環境保全機能」「環境修復機能」「自然生態系の再生」について学ぶ。そのため、人間生活への生物資源の活用・保全・再生についての講義・演習を行い、環境と調和した生物資源の効果的利用を考える。
 アグリビジネス学科では、生物資源や食料の生産知識、技術といった実践的農業、食料や農作物の流通・品質管理といった経営・経済について学ぶ。経営感覚やマネジメント能力に優れた人材、新たな生産活動を展開できる人材の育成を目指す。

就職率・卒業後の進路 

秋田おばこ農業協同組合、秋田県庁(農業農村工学)、東日本旅客鉄道各3、国家公務員(農林水産省)、新あきた農業協同組合、秋田銀行、北都銀行、WDBエウレカ、エム・イー、源川医科器械各2など。

問い合わせ先・所在地

〒010-0195  秋田市下新城中野字街道端西241の438 
TEL (018)872-1535 
〒010-0444  秋田県南秋田郡大潟村字南2の2 
TEL (0185)45-2026

所在地 アクセス 地図・路線案内
秋田キャンパス : 秋田県秋田市下新城中野字街道端西241-438 JR奥羽本線「追分(秋田県)」駅下車、徒歩20分

地図

 

路線案内

大潟キャンパス : 秋田県南秋田郡大潟村字南2-2 JR「八郎潟」駅からバス〈大潟村行き〉で約20分、カントリー公社事務所下車、徒歩約5分。

地図

 

路線案内

※[学校トップ][学部・学科コース]は旺文社「大学受験パスナビ」の内容に基づいています(2017年8月時点)

他の学部・学科・コース

秋田県立大学(公立大学/秋田)