• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 植物・フラワー・園芸
  • 農業
  • やりがいを聞いてみよう
農業のやりがいを聞いてみよう

農業のやりがいを聞いてみよう

全国のオススメの学校

自然の中で、自分の手で土作りから収穫までを行えるのが一番大きなやりがいとなっているようです。さらに日々手入れをして時間をかけて作物を育て収穫できたときの喜びは格別なもの。自分が育てた作物が高い評価を受けたり、人気になったりすると自信もつきます。
最近では、食の安全への意識が高まってきたこともあり、生産者の名前を記して販売される機会も多くなってきました。消費者に直接評価される機会も増え、大きなやりがいにつながっているという声も聞かれるようになりました。
そして、自然を身近に感じ、季節の移り変わりを肌で感じながら仕事ができることも、ほかの職種では味わうことができない醍醐味(だいごみ)であり、やりがいとなっているようです。

自然の中で仕事をする幸福感

外で作業することが多い農業は、暑さ寒さなどの厳しさもありますが、一方で季節の移り変わりを肌で感じながら太陽の下で作業ができるという充実感を得られます。
最近では、医療の面からも土に触れることが身体への癒やし効果があるという研究が進み、農家へと転職する人も増えているほどです。日照時間に合わせて作業を行うため、生活リズムも安定して健康的な日々を送れます。自然の中での作業を通して得られるさまざまな感動やメリットがやりがいにつながるようです。

苦労して育てた作物を収穫する喜び

土作りから始まり、日々のていねいな手入れなどを重ねて時間をかけて育てる作物を収穫するときの喜びはひとしおです。みずみずしい野菜、色鮮やかに育った花、豊かな香りをもつ果物など、自分の思い描いたとおりに育った作物を収穫するのは何よりも楽しく、仕事をする上でのやりがいとなるようです。

多くの人に評価される機会の増加

市場で高く評価されたり、出荷時に名前を表記することで価値が高まったり、といったことも多くあります。
最近では、販売ルートも多彩になり、レストランや小売店、または消費者から直接指名されて注文が入る機会も増えています。これは大きなやりがいにもつながり、自分が育てた作物に誇りを感じることもできます。

関連する仕事・資格・学問もチェックしよう

農業を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路