• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • JAPANサッカーカレッジ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • コーチ・審判専攻科

新潟県認可/専修学校/新潟

ジャパンサッカーカレッジ

コーチ・審判専攻科

定員数:
20人

コーチ・レフェリー・テクニカルなど、サッカー界で今、求められている人材を育成します

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

目指せる仕事
  • スポーツトレーナー

    怪我の予防・応急処置、疲労回復、成長サポート。選手を第一に考え、最高のパフォーマンスへと導く

    スポーツトレーナーは、スポーツ選手が最高の状態で競技できるようサポートをする、トレーニングとコンディショニングのプロです。プロスポーツチームやスポーツジムなどに所属し、怪我の予防に細心の注意を払いながら、トレーニング方法から生活リズム・メンタルの整え方まで幅広く指導します。また、競技中の応急処置や怪我後のリハビリサポートも、スポーツトレーナーの大事な仕事となります。資格が必須となる職業ではありませんが、選手の体に直接触れて処置をするケースが多いため、柔道整復師・あん摩マッサージ指圧師・はり師・きゅう師・理学療法士など医療系の国家資格をもっているスポーツトレーナーがほとんどです。これらの資格をもつことでさまざまな状況に対処することができるようになるほか、幅広い知識をもっている証明にもなり、チームや選手からの信頼を得ることにつながるようです。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツの技術指導を行う

    スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う。スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行う。

  • プロスポーツ選手

    専門のスポーツ競技の分野で、自分の実力で勝負

    プロ野球、サッカーのJリーグ、ボクシングやゴルフなどプロスポーツの世界はさまざまな分野がある。どの分野でやるにしても、スポーツでお金を稼ぐということは並大抵のことではない。憧れの大きい分、競争社会であり、実力次第で天と地の差がはっきりでる。でもスター選手を目標に頑張るだけの価値がある魅力的な仕事だ。

  • 監督・コーチ

    スポーツ選手の強みや弱みを把握し、勝てる選手になるよう鍛え、試合を導く

    野球やサッカー、バレーボールなど、プロおよびアマチュアスポーツの監督・コーチとして、選手の育成や試合の指導を行う。医学やスポーツ科学など科学的なアプローチのし方から、メンタル面の支援など、幅広い知識と経験も問われる。個々の選手の強み・弱みを把握し、より強くなるよう指導したり、「勝てる」試合運びを指導したりする。Jリーグでは日本サッカー協会が認定する指導者資格(コーチライセンス)のS級を取得していないと監督になれないなど、競技によって、コーチ育成のための研修・資格認定を受ける必要があることも。

  • スポーツ審判員

    各種競技によって審判員制度がある。実績を積みながら大きな試合の審判員へと成長する。

    野球やサッカー、バレーボール、テニス、柔道など競技によってそれぞれ審判員の制度があり、資格を取得して審判を行う。中には弟子入りして修業を重ねるものもある。ただし、スポーツ審判員を主な収入源として仕事にできるのは、プロ野球、相撲、一部の格闘技、競馬・競輪の判定程度。ほとんどは本業を別に持ち、ボランティアとして協力するのが一般的。とはいえ審判員の経験や知識は重要で、実績を積みながら次第に大きな試合の審判へと成長する。ちなみにプロ野球の場合は、セ・パ両リーグがそれぞれ不定期で採用試験を行う。

初年度納入金:2018年度納入金(参考) 129万円 
年限:2年制

学科の特長

授業

Jリーグや日本サッカー協会(JFA)と連動したカリキュラムでサッカー界の最先端を学ぶ
JFAの公認指導者ライセンスを付与することができる指導者養成インストラクターが常駐し、指導スキルのレベルアップを図ります。JFAが発信する最新の指導・育成情報を得ることができ、学校内でC級コーチやキッズリーダー養成講習会が行われています。また、急速に需要が高まっている分析コーチに必要な授業も展開。

実習

プロ~幼稚園まで幅広い実習先
アルビレックス新潟のサッカースクールをはじめ、Jリーグ・JFL・各スクール、地域の幼稚園・小・中学校、クラブ等の様々なチームでアシスタントコーチとして経験と実績をつみます。在学中に実際の現場に出て多くの経験をすることにより、就職後に即戦力となる人材を育成します。

卒業生

Jリーグクラブなどに多くの卒業生を輩出!
豊富な現場実習とインターンシップの経験により、これまでジュビロ磐田、浦和レッズ、横浜F・マリノス、ガンバ大阪、FC東京、川崎フロンターレ、清水エスパルス、柏レイソル、ヴィッセル神戸、大分トリニータ、アルビレックス新潟など数々のJクラブのスクールコーチやアカデミーコーチ、チームスタッフを輩出しています!

資格

JFA公認C級コーチ、2級審判員、キッズリーダーなど在学中に資格の取得をめざす
指導者養成インストラクターが指導にあたり、指導者講習会も学校で開催されているため、JFA公認C級コーチは2002年開校以来取得率100%(2018年度合格者31名)の実績があります。また2級審判員、キッズリーダーの資格に関しても、高い取得率を誇っています。

奨学金

夢に向かって頑張る学生のために、様々な学費バックアップシステムでサポート
日本学生支援機構や国の教育ローンなど、国や各都道府県の奨学金はもちろん、学校独自の奨学金制度や学資ローン制度があります。

入試

AO入試制度や学費給付の可能性がある特待生入試制度を実施
早期に進路を決定できるAO入試制度をはじめ、面接と書類選考で学費(119万円)の一部または全額が給付される可能性がある特待生入試制度があります。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    日本サッカー協会公認C級コーチ
    日本サッカー協会公認2級審判員
    日本サッカー協会公認キッズリーダー

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    アルビレックス新潟 、 川崎フロンターレ 、 鹿島アントラーズ 、 名古屋グランパスエイト 、 ガンバ大阪 、 ジュビロ磐田 、 サガン鳥栖 、 ファジアーノ岡山 、 Y.S.C.C.横浜 ほか

※ 2018年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒957-0103 新潟県北蒲原郡聖籠町網代浜925-1
TEL:0120-731-211 (フリーダイヤル・携帯&PHSもOK)
E-mail:cups@nsg.gr.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
JAPANサッカーカレッジ : 新潟県北蒲原郡聖籠町網代浜925番地1 「佐々木」駅から無料送迎 15分
「新潟」駅から車 30分

地図

 

路線案内