• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岐阜
  • 岐阜医療科学大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 薬学部
  • 薬学科

私立大学/岐阜

ギフイリョウカガクダイガク

< 薬学部 (2020年4月設置予定)

薬学科(2020年4月設置予定)

定員数:
100人

医療系大学の薬学部誕生。4学科合同のチーム医療でさまざまな分野で活躍できる薬学のエキスパートを育成します。

学べる学問
  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬学は薬に関するあらゆることを学び、研究する学問で、基礎薬学と医療薬学・臨床薬学という2つの分野に大別されます。基礎薬学では、化学物質の分析と新薬の開発を目指し、医療薬学・臨床薬学では、薬の作用、副作用についてと、薬を正しく、安全に使う方法を学びます。薬学を学べる学部には、薬学部のほかに薬科学部があります。これは4年制の学部で、主に研究者の育成を目的としています。薬を扱ううえでは、細かな計測や厳重な安全管理が欠かせません。ですから、几帳面な性格の人は、薬学に向いているといえるでしょう。薬学を学んだ人の多くは、薬剤師として薬局や病院に就職します。そのほかにも、製薬会社での研究開発や、食品、化粧品会社での商品開発に携わる人、公務員として薬学の知識を生かせる職に就く人もいます。いずれにしても薬を通して、人々の健康や生活の安全にかかわっていく仕事です。

目指せる仕事
  • 医学研究者

    さまざまな角度から、病気の原因やメカニズム、治療方法などを科学的に研究する。

    医学研究者は「基礎医学研究」と「臨床医学研究」に大きく分かれる。基礎医学研究は分子生物学や化学、工学などの研究方法によって、遺伝子、免疫、生化学、衛生、生理、解剖など、さまざまな角度から病気の原因やメカニズムを解明し、治療方法を科学的に研究する。そのため医学部の出身者だけでなく、工学や理学、薬学、農学など、さまざまな学部から医学研究者になる道がある。臨床医学研究は患者の治療を通じて病気を研究し、治療方法などの検証や研究を行う。こちらは医師国家試験に合格し、医師として仕事をすることが前提となる。

  • 病理学研究者

    患者がどのような病気にかかっているか調べたり、病気にかかった細胞を観察・分析して病気を研究する。

    病理学研究者の役割は大きく二つに分かれる。ひとつは、患者の細胞を採取して、どのような病気にどの程度かかっているかを診断する「病理診断」。この場合、診断結果をカルテに記入して医師に渡すが、時には医師と話し合い、直接患者に病状の説明などを行い治療に強力することもある。そしてもうひとつの役割が、細胞などを観察・分析して、なぜ病気にかかるのか、どのように進行するのかなど、病気そのものを研究する「病理研究」の仕事がある。仕事場は、病院または大学などの研究室。研究結果を論文として発表し、医学会に貢献する。

  • 薬剤師

    正しく安全に薬を調剤、医療と患者の架け橋になる

    医師の指示にもとづき、薬局や病院、診療所で薬の調剤、薬品の管理や販売にあたる。活躍の場は幅広く、薬局や病院、診療所のほかに製薬会社に勤務して薬品の研究や開発に携わる場合もある。また薬局を開業するケースもある。薬剤師は不足傾向にあり、採用は広がっている。

  • 医薬品登録販売者

    薬局の店舗スタッフとして活躍。第二類、第三類医薬品を販売できる

    薬局などで販売している医薬品には第一類、第二類、第三類の3種類があり、このうち第一類は薬剤師がいないと販売できない。しかし、一般的なかぜ薬など市販薬の9割以上を占める第二類、第三類は登録販売者の有資格者がいれば売ることができる。薬剤師は人材が不足していることもあり、現在は多くの薬局で登録販売者が活躍。医薬品の効能・副作用などの説明や会計などの店舗業務に従事している。6年制の大学を卒業しなければならない薬剤師に比べると資格も取りやすい。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

初年度納入金:未定  (認可申請後公表予定)

学科の特長

学ぶ内容

4学科合同で行うチーム医療で協調性、学際性など必要な技術と知識を習得します
本学は、保健科学部 臨床検査学科、放射線技術学科、看護学部 看護学科の3学科が共に学ぶカリキュラムで、チーム医療に不可欠な協調性や学際性、コミュニケーション能力を養えるプログラムが特色です。2020年4月、新たに薬学部が加わり4学科によるチーム医療の新体制がはじまります。

カリキュラム

4学科による新体制のもと、高度化・ 複雑化する未来の医療界を支える人材を育成していきます
医療・福祉・行政・教育機関及び関連職種の連携の必要性とチームの一員としてのあり方を理解し、チーム医療に積極的に参画する行動力と実践力を身に付けます。更に、社会生活で身に付けておくべき人間性、問題解決能力、情報処理や外国語によるコミュニケーション能力を身に付けます。

卒業後

薬学の知識を活かして各分野での活躍が期待できます
薬学の知識を活かせるフィールドは多岐にわたります。【病院薬剤師】【薬局薬剤師】【製薬会社】【在宅医療】【化粧品メーカー、化学メーカー、食品メーカー】【県庁や国公立の研究機関(公務員)】など、どの分野でも活躍できるように独自のプログラムを計画しています。

資格

薬剤師<国>(予定 構想中)資格取得をめざします。卒業後も取得のサポートをします
本学は現行の3学科において全国トップクラスの国家試験合格率を誇っています。模擬試験や過去問分析など、さまざまな国家試験対策やサポート体制で、クラス担任による熱心なマンツーマン指導で合格に導いています。

施設・設備

2019年4月、岐阜県可児市に新キャンパス誕生
岐阜県可児市に新キャンパスが誕生します。こちらでは、一足先に看護学部が設置され、2020年4月に薬学部が設置される予定です。都市圏からも通いやすくなるキャンパスで夢への一歩をスタートできます。 また、関キャンパスの保健科学部2学科を加えての「チーム医療」カリキュラムで他学科の学生との交流も広がります。

制度

担任制度、少人数教育で一人ひとりをきめ細かくフォローします
担任制・少人数教育を実施。オリエンテーションや新入生交流会もあり、早く大学生活に慣れるよう大学全体でフォローします。各学科では担任制度を採用し、1クラスにつき複数の担任がついてきめ細かな指導を行って
います。薬学科も同じく、担任が学生一人ひとりと向き合い、将来の夢を支えていきます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 薬剤師<国> (予定 構想中)

就職率・卒業後の進路 

病院、薬局、製薬会社、在宅医療、化粧品、食品会社、公務員、大学、研究所などでの活躍が期待されます。

入試・出願

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒501-3892 岐阜県関市市平賀字長峰795-1
0120-23-4186(フリーダイヤル・入試広報課)
gumsk@u-gifu-ms.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
可児キャンパス(2019年4月新キャンパス開設) : 岐阜県可児市虹ヶ丘4-3-3 名鉄「西可児」駅下車、無料スクールバス10分
JR「美濃太田」駅下車、無料スクールバス20分

地図

 

路線案内


岐阜医療科学大学(私立大学/岐阜)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る