• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 国公立大学
  • 新潟
  • 新潟職業能力開発短期大学校

新潟職業能力開発短期大学校で学んでみませんか?

新潟職業能力開発短期大学校の風景

基本を大切に実践力と人間力を磨きます

専門分野の基礎から、生産現場で即応できる技術・技能までを体系的に学びます。グループ作業による課題制作実習では、問題発見力、問題解決力だけでなく、コミュニケーション力や社会人基礎力を磨きます。

新潟職業能力開発短期大学校はこんな学校です

新潟職業能力開発短期大学校は学ぶ内容・カリキュラムが魅力

新潟職業能力開発短期大学校の特長1

知識と技術を効果的に修得。専門科目中、約60%が実験・実習です

生産現場で必要となる技能・技術を身につけるため、実験・実習に重点を置いたカリキュラムを編成しています。実際の現場で製造されているものと同じ部品の製作を課題として実習に取り入れるなど、産業界のニーズに応じた実践的なカリキュラムとなっています。同時に、生産現場で必要な技術・技能に関係する理論を有機的に結びつけた訓練も実施。「ものづくり」に必要な専門知識を学習した上で、理論と技能・技術を一体的に学習し、現場に対応できる実践力を身につけます。

新潟職業能力開発短期大学校は施設・設備が充実

新潟職業能力開発短期大学校の特長2

現場に直結する機器を導入。一人1台の機器使用を基本に実習を行います

新潟職能短大は、技術革新に対応できる高度な教育訓練により、実践的な技能・技術を身につけた人材の育成を教育理念として掲げています。その実現のために、最新の機器・設備を導入して実習を行うことにこだわっています。一人1台の機器使用を基本として、製造設備現場において必要とされる技能・技術を修得していきます。

新潟職業能力開発短期大学校はきめ細かな少人数制

新潟職業能力開発短期大学校の特長3

1学科約20名のクラス編成。各学科教員5名体制で学生を支援します

各学科の定員は、20~25名と少人数。さらに各学科の専任教員が5名で学生を支援する体制を組んでいるため、きめ細かく、より質の高い教育訓練を提供することができます。学生と教員が常にコミュニケーションがとれる学習環境によって、技術革新に対応できる技術・知識の修得のみならず、人間力にあふれた人材を育成しながら、ものづくりの楽しさ、大切さ、奥深さを学び、ものづくりの感性を高めていきます。

新潟職業能力開発短期大学校の特長を詳しく見る

あなたは何を学びたい?
新潟職業能力開発短期大学校の学部学科、コース紹介

生産技術科 (定員数:20人)

電気エネルギー制御科 (定員数:20人)

電子情報技術科 (定員数:25人)

住居環境科 (定員数:20人)

新潟職業能力開発短期大学校では社会人・大学生・短大生・専門学校生の方も学べます

新潟職業能力開発短期大学校の既卒者向け画像

人生100年時代を見据えた新潟職能短大校のリカレント教育

当校は、「高度なものづくりを支える人材」を育成しており、2年間の専門課程では、社会人や就業経験者の方の学び直しを希望する方も応援しています。ものづくり分野において、先端技術の根幹となるものは技能・技術の基礎です。人生100年時代を見据えて、キャリアの幅を広げたい、新たな専門性を身に付けたい方、新潟職能短大校で学んでみませんか? ※社会人推薦入試制度がありますので、日程等はカレッジHPをご覧ください。

新潟職業能力開発短期大学校の就職・資格

高い就職率に加え、大学校の応用課程への進学も選択可能です

短期大学校の2年間という短い在校期間においては、入校当初から就職に対する意識を持つことが重要です。新潟職能短大の就職活動は、担任の先生、就職相談員2名および臨床心理士1名の体制で、就職相談及びカウンセリングを実施しています。進路担当の先生と連携して、学生のキャリア・ビジョンを把握し、学生の就労意識の確立や就職後のミスマッチ防止など、きめ細かい指導をしています。また応用課程(2年間)を修了すると他大学の大学院進学も可能となります。

新潟職業能力開発短期大学校の就職についてもっと見る

気になったらまずは、新潟職業能力開発短期大学校のオープンキャンパスにいってみよう

新潟職業能力開発短期大学校のイベント

  • 2022オープンキャンパスの詳細

    2022オープンキャンパス

    専門課程

    入学後何を学べるの? 卒業後はどんな仕事に就るの? 入学前に知りたいこと、分からないことはオープンキャンパスで解決! 元気いっぱいの学生スタッフが皆さんをお迎えします。 【学校概要説明】  各学科の特徴や就職・進学先についての説明を行います。 【在校生へのインタビュー】  学生生活や就職活動についてのインタビューがあります。  オープンキャンパスに参加された皆様からも質問を受け、学生が本音で回答してくれます。 【施設見学】  実践的な実習が自慢の新潟職能短大!充実した実習機器についての説明や各種競技大会の出場状況について説明があります。 ※午前のみの開催のため、体験授業はありません。

新潟職業能力開発短期大学校の所在地・アクセス

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県新発田市新富町1-7-21 「新発田」駅西口より徒歩20分

地図

 

路線案内

新潟職業能力開発短期大学校で学ぶイメージは沸きましたか?

つぎは気になる学費や入試情報をみてみましょう

新潟職業能力開発短期大学校の学費や入学金は?
初年度納入金をみてみよう

■2022年度納入金(参考) 55万9200円(入校料16万9200円を含む)
(※その他、教科書等諸経費が別途必要)

すべて見る

新潟職業能力開発短期大学校に関する問い合わせ先

新潟職業能力開発短期大学校

〒957-0017 新潟県新発田市新富町1-7-21
TEL:0254-23-2168

請求できるパンフはこちら

無料
学校案内
無料
学校案内・学生募集要項(願書含む)
新潟職業能力開発短期大学校(文部科学省以外の省庁所管の学校/新潟)

新潟職業能力開発短期大学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる
この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!
資料請求する
RECRUIT