• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 公務員・法律・政治
  • 警察官
  • なるには
やりたいことを見つけよう!

警察官になるには

概要

警察官になるには、「警察官採用試験」を突破しなければいけません。特別な資格は必要ありませんが、採用試験を受けるためには高校卒業以上の学歴が必要です。警察官の採用は、「警察庁」と「都道府県警察」、そして「皇宮警察」の3つがあります。圧倒的に「都道府県警察」の採用が多く、「警察庁」「皇宮警察」は国家公務員となるいわゆるエリートコースです。

「警察庁」の警察官になるには

警察庁勤務はいわゆるキャリア警察官。警察組織の中枢であり、治安維持の観点から内政全般を見渡す「内政の要たる官庁」として機能する、国家公務員の機関です。警察庁の警察官は交番などの現場で働くのではなく、警察組織の幹部としてキャリアアップしていくことが基本となります。警察庁の警察官になるには、まずは「国家公務員採用試験」に合格する必要があります。その後さらに、警察庁の採用試験を受けて採用されなければ警察官として働くことはできません。警察庁は人気のある省庁であるため、上位の成績で国家公務員試験を合格しないと採用は厳しいでしょう。警察庁の総合職の採用者数は毎年10名程度といわれています。

「皇宮警察本部」の警察官になるには

警察組織のうち「皇宮護衛官」は、天皇皇后両陛下や皇族の護衛、皇居や御用邸などの警備をする特殊な警察官。皇宮警察本部の警察官になるには、人事院が実施する「皇宮護衛官採用試験」に合格する必要があります。

「都道府県警察」の警察官になるには

都道府県警察は地方公務員。採用はそれぞれ独自に行われています。一般的には大学卒業程度のⅠ類、短大・専門学校卒業程度のⅡ類、高校卒業程度のⅢ類に分けて試験が行われます。多くの都道府県では、受験の申し込みをするとまずは一次試験が行われ、合格者のみ二次試験を受ける形になります。二次試験に合格すると、採用候補者名簿に登載。採用後は、全寮制の警察学校に入学して警察官として必要な知識を身につけることになります。警察学校の入校期間は、Ⅰ類採用者が6カ月、Ⅱ・Ⅲ類採用者が10カ月です。

警察官に関連する仕事・資格

警察官に関連する学問

警察官を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路