• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 旅行・観光
  • ツアーコンダクター
  • 仕事内容
ツアーコンダクターの仕事内容

ツアーコンダクターの仕事内容

ツアーコンダクターの主な仕事は、参加者を募集するパッケージツアーや、修学旅行や社員旅行などのような国内・海外への企画旅行などに同行して、参加者が安心して旅行できるように行程を管理することです。
参加者が集合した時から解散までの間、交通機関への誘導や安全確認、宿泊や食事の手配確認や調整、海外旅行では出入国手続きの手助け、急病や盗難が発生した際の対応などをおこなうのが役目です。
添乗業務を1人で担当できるツアーコンダクターは、国内ツアーの場合は国内旅程管理主任者、国内・海外で添乗するには総合旅程管理主任者という資格が必要です。

現場で旅程を見守るツアーコンダクター

旅行会社の仕事には大きく分けて営業販売・予約手配・添乗などがあり、このうち添乗をツアーコンダクターが担当します。
具体的な仕事は、旅行中のスケジュール管理や参加者の安全確保、宿泊施設や飲食店、観光地への案内です。海外ツアーでは、出入国や税関申告時のサポート、外国語を使ってやり取りすることがあります。
また、交通機関の遅延や欠航、急病人や盗難が発生したときの緊急対応も重要な仕事です。こうした旅程管理を単独で行う場合は、国内ツアーでは国内旅程管理主任者、国内・海外ツアーの場合は総合旅程管理主任者の資格が必要です。

ツアーコンダクターが添乗する旅の種類

さまざまな旅行商品の中でもツアーコンダクターが添乗するのは、企画旅行です。企画旅行には、パッケージツアーに代表される、旅行会社が日程や目的地、交通手段や宿泊先を決めて参加者を募集する募集型と、修学旅行や社員旅行といった受注型の2種類があります。これらの企画旅行には、予定どおりに旅行を実施する旅程保証、トラブルに対する特別補償などが契約で定められており、旅程管理主任者であるツアーコンダクターは、契約どおりに旅行が進むことを管理する役目を担っています。

ツアーコンダクターは旅の演出家

ツアーコンダクターの業務で混同されやすいのが観光ガイドです。ツアーコンダクターは旅の進行を管理するのが仕事なので、観光地でのガイドなどは行いません。ただし、旅先で参加者に役立つ情報を提供したり、楽しい思い出を作ってもらうための演出も重要な仕事の一つです。一流のツアーコンダクターともなると、その人気が集客力となってツアー商品が組まれることもあります。

取材協力/一般社団法人日本添乗サービス協会

全国のオススメの学校

ツアーコンダクターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路