• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 旅行・観光
  • ツアーコンダクター
  • ズバリ!将来性は?
ツアーコンダクターのズバリ!将来性は?

ツアーコンダクターのズバリ!将来性は?

インターネットの普及と共に旅行の選び方も変化し、移動手段や宿泊先を自分でアレンジすることが当たり前になりつつあります。一方で、煩雑な予約や出入国手続き、外国語への不安を解消してくれる添乗員同行の旅行を選ぶアクティブなシニアも増えています。価格がワンランク上がっても細やかなサポートを受けて、旅行をできるだけラクにゆっくり楽しみたい層が、高齢化社会とともに拡大傾向なのです。こうしたツアーに対応するために、より質の高いツアーコンダクターの需要が今後も見込まれます。

付加価値の高い旅行に欠かせない存在

高齢化社会を迎えてシニアの旅行市場が拡大していく中、ツアーコンダクターによる細やかなサポートに価値を感じる人々も増えています。そうした人々には、少々高めの設定であっても交通手段や食事の手配はプロに任せて、より快適に旅を楽しみたいというニーズがあるようです。こうした背景から世界遺産や秘境ツアーなど、アクティブシニアに人気の添乗員同行ツアーは、今後もますます増加していくものと思われます。

旅の演出家として“個”のチカラが武器になる

ツアーコンダクターの多くは派遣会社に登録し、ツアーごとに依頼を受けて添乗業務に当たります。そうしてツアー参加者と近い距離で同じ時間を共有することから、同じパッケージツアーでもツアーコンダクターの対応ひとつで旅の印象は大きく変わります。派遣元の旅行会社にとってもリピーターを増やすために、この添乗員さんとまた旅がしたいと指名されるような人への評価は高く、必然的に依頼も増えます。ツアーコンダクターは旅の演出家であり、個のチカラがより試されるようになります。そのために、段取りや手際の良さを磨くことはもちろん、観光名所などの知識を深めたり、外国語などの専門性を身につけたりといったスキルアップを目指すことが必要です。

全国のオススメの学校

ツアーコンダクターを目指せる学校を探すならスタディサプリ進路