• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 岩手
  • 盛岡大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 文学部

盛岡大学 文学部

定員数:
320人

東北の地域に根差しながら、文化と教育を担う社会人を育成することを目指す

学べる学問
  • 日本文学

    古代から現代まで、あらゆる日本の文学作品を学ぶ

    日本文学の作品を読み、テーマや文体などの研究を通して、作品の背景となる歴史や文化、社会、人間そのものを研究する。

  • 外国文学

    海外の文学作品を読み、その国の文化や思想を学ぶ

    外国文学を読み、作家や作品の研究を通して、作品の背景となる歴史や文化、社会や人間そのものを研究する。文学史、作家論のほか、言語や文化の研究も行う。語学学習は必須。

目指せる仕事
  • 小学校教諭

    全教科オールラウンドに教える小学校の先生

    全国の国公立、私立の小学校で児童に教える先生。児童全員が一定レベルの教育を受けられるよう文部科学省が定めた「学習指導要領」の基準に沿って授業計画を立て、教科の指導を行います。授業以外にも授業の準備、教材やテストづくり、採点、PTA活動、学校行事の運営など仕事内容は多岐にわたります。また、小学校の6年間は児童の人間形成に影響を与える大事な時期でもあるため、教科指導のほかにも児童の自立心・社会性を考慮しつつ、生活面での指導も行います。「児童に一番近い存在の大人」として時には児童の相談にのるなど、子どもたちに寄り添って学校生活をサポートする重要な役割を担っています。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

bug fix
初年度納入金:2020年度納入金 121万円 
bug fix

盛岡大学 文学部の募集学科・コース

英語4技能「読む・話す・聞く・書く」を習得し、国際社会で活躍できるグローバル人材をめざす

上代から近世・現代文学・ライトノベルまで自分のやりたい研究をとことん深く学ぶ

文化・社会・歴史の3領域を総合的に学び、自由に組み立てられるカリキュラムが魅力

6つの専門分野ユニットで広く、深く学び、「教員や保育者になりたい!」という夢を叶えられる!

盛岡大学 文学部のキャンパスライフShot

盛岡大学 グローバル社会を生きる。言葉、文化、そして心を受け取ること、伝えること。それがグローバルコミュニケーション
グローバル社会を生きる。言葉、文化、そして心を受け取ること、伝えること。それがグローバルコミュニケーション
盛岡大学 「子どもの学びを引き出す先生」、「子どもに学ぶ先生」を育てます
「子どもの学びを引き出す先生」、「子どもに学ぶ先生」を育てます
盛岡大学 自分の学びを自分で組み立て、地域を見つめ、世界へはばたくために
自分の学びを自分で組み立て、地域を見つめ、世界へはばたくために

盛岡大学 文学部の学部の特長

文学部の学ぶ内容

英語文化学科
英語圏の言語や文化についての専門的な知識と幅広い教養を培い、同時に実践的な英語運用能力を習得し、進展する国際化や情報社会化に即応できる人材を育成します。
日本文学科
日本特有の言語・文学・文化を国際的視野に立って幅広く学び、話す・聞く・書く・読む能力を備え、課題を見出し解決することができる人材を育成します。
社会文化学科
文化・社会・歴史の領域を総合的に学習することにより、問題発見能力に富み、世界的視点と地域的視点とから複眼的に問題を考察し、実践的に解決の方途を模索して組織化し、社会文化的価値を創造していくことができる人材を育成します。
児童教育学科
幅広い専門的教養と創造性豊かな実践力及び対人関係能力を備え、初等教育・保育に携わる人材を養成します。

文学部のカリキュラム

英語文化学科
文化・文学、言語学、グローバル・コミュニケーションの3領域でコミュニケーション能力を高めます。グローバル社会で活躍する素養を身につける多彩な科目、「コミュニケーション力」を支える「グローバル・コミュニケーション」「言語学」「文化・文学」の3つの専門領域を学びます。国際教養を身につけ、国際専門職で活躍できる人材を目指します。
日本文学科
充実した多面的なカリキュラムで、日本の言語・文学・文化をグローバルな視点から理解します。日本語の再発見から始まり、やがて幅広い専門領域へ。さまざまな専門科目を選択していくことで、文学作品などから時代を超えて語りかける人々の心を読みとる力、それを現代社会に適用する力を育てていきます。また、模擬授業と全員討議の演習を重視し、国語科教師に必要な実践力・人間性を養います。
社会文化学科
文化・社会・歴史の3領域と個性的な選択科目でグローバル社会に鋭くアプローチします。多彩な専門科目の中から、興味のある領域をステップアップしながら学びます。柔軟なカリキュラムは年次が上がるにつれて専門性が高まるように計画的に編成されています。授業は少人数制をベースに、フィールドワークやプレゼンテーションなどが盛り込まれています。実践すること・体験することを重視した実学講義で、問題把握力・行動力・思考力を培っていくことが狙いです。
児童教育学科
初等教育や保育の現場は変化し続けています。それに対応すべく、児童教育学科は2014年度から「児童教育コース」と「保育・幼児教育コース」の2コース制へとリニューアルし、カリキュラムを一新しました。「幅広い専門的教養」「想像力豊かな実践力」「対人関係能力(コミュニケーション力)」を備えた人材づくりを目指しています。

文学部の学生支援・制度

先生と話そう月間
文学部で行っている「先生と話そう月間」は、新入生に大学・学科について理解を深め、大学生活に早く慣れてもらうための制度です。入学後の約1カ月の間に、担任以外の所属学科の教員2名と面談を実施。終了後は、面談記録とアンケートを提出してもらい、アフターサポートを行います。
学生アドバイザー
新入生は、履修や生活のことなど、戸惑うことばかり。各クラスに上級生アドバイザーがつき、良き話し相手になります。新入生特別研修は、上級生とも仲良くなる絶好のチャンスです。
なんでも相談室
学生相談員が常駐し、学業や心身のことはもとより、日常生活の中でのトラブル、悩み、困ったことなどさまざまな相談に応じるのが「なんでも相談室」です。学生相談員が親身になって話を聞き、解決に向けてともに取り組みます。ひとりで思い悩まず、どんなことでも気軽に相談してください。

盛岡大学 文学部のオープンキャンパスに行こう

文学部のOCストーリーズ

盛岡大学 文学部の入試・出願

盛岡大学 文学部の学べる学問

盛岡大学 文学部の問い合わせ先・所在地

〒020-0694 岩手県滝沢市砂込808
TEL 019-601-2645(広報戦略室)
mail kouhou@morioka-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
岩手県滝沢市砂込808 IGRいわて銀河鉄道「滝沢」駅からバスで10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

盛岡大学(私立大学/岩手)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る