• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 小学校教諭
  • なるには
小学校教諭になるには

小学校教諭になるには

小学校教諭になるには、教員免許が必要となります。教員免許は普通免許状、特別免許状、臨時免許状に分かれており、大半の人は普通免許状の取得を目指します。小学校教諭の普通免許状を取得するには教職課程のある大学・短大・大学院に行き、教育課程を履修する必要があります。また、大学に進学しなくても通信教育や「科目履修生制度」を利用して取得することも可能です。
免許状を取得した後は教員採用試験を受けます。地域によって、また公立・私立など学校の種類によって試験内容は変わります。教員採用試験に合格すれば、小学校教諭として働くことができます。

大学など教職課程のある学校に進学し、免許状を取得する

小学校教諭の普通免許状には次の3種類があります。

・一種免許状
大学で教科・教職に関する科目を学び、必要な単位を修得して卒業することで取得できます。
・二種免許状
短大で必要な単位を修得して卒業することで取得する、もしくは、文部科学省が行っている「教員資格認定試験」に合格することで取得することができます。
・専修免許状
大学院を卒業することで取得することができます。

取得する免許によって、仕事内容や指導できる範囲に違いはありませんが、一般的には「一種免許状」を取得する人が多いようです。
取得する一つの方法として、免許状取得のカリキュラムが整っている&免許状取得が卒業条件となっている教育大学の教育学部に入学し、教育課程を履修する方法があります。なお、教育大学以外の大学でも教職課程のある学部をもつ大学はあります。また、中学校・高校の免許状を取得するための大学・学部もあるので、小学校教諭になるための免許が取得できる大学なのかどうか、きちんとチェックしましょう。

大学以外で取得する

大学に進学しない、また、教職課程のない大学へ行っても普通免許状を取得することは可能です。通信教育のほか、その大学の学生以外が大学の科目を受講できる「科目履修生」として単位を修得する方法、また、高校を卒業した20歳以上であれば受けられる「教員資格認定試験」に合格する方法(取得できるのは二種免許状)があります。

全国のオススメの学校

小学校教諭を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路