• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 小学校教諭
  • 今から役立つ経験を教えて
小学校教諭になるために今から役立つ経験

小学校教諭になるために今から役立つ経験

全国のオススメの学校

教諭めざす人は高校時代にどんなことに気をつけ、どんな勉強をしておけばよいのでしょうか。学校の勉強はもちろんですが、それ以外にも教壇に立ったときの自分を想像しながら、さまざまな準備をしていて損はありません。ここでは、高校時代に身につけておくとよい特技を考えていきましょう。

基礎英語を習得し、勉強法の秘策や秘訣を蓄積しよう

教育心理学や教育哲学などの専門的学問は、大学などの高等教育機関に進学してから学んでも遅くないので、まずは学校の勉強を高校時代にしっかりしておくことが大切です。加えて、英語が苦手な人より英語が好きな人のほうが、教諭になったときに有利になります。それはなぜかというと、2011年に学習指導要領が改定され、5年生から「外国語活動」が必修化されたためです。この改定により基礎英語は教諭をめざす人にとって、必要最低限のレベルとなりました。
また、小学2年生のときに学ぶ九九の掛け算も、プリントに書かれた九九の表を暗記する方法では、暗記が苦手な児童は途中で投げ出してしまうことになります。そうした児童が一人も出ないよう、クラス全員がゲーム感覚で楽しみながら学べる九九の教材を活用すると、児童は無理なく九九を習得できるようになります。
こうした創意工夫あふれる勉強法や、暗記をするうえでのコツや工夫は高校時代に培われることが多いので、やる気を出すコツ、集中力を途切れさせない方法、不得意分野を克服するコツといった秘策や秘訣を、試験勉強などに臨む際にあれこれ工夫しておくと、教壇に立ったときにきっと役立つことでしょう。

他者に誇れる特技、得意分野をみつけよう

“他者に誇れる自分だけの特技”をみつけておくことも大切です。例えば音楽の授業で童謡、ポップス、ヒット曲などを歌唱するとき、サビの部分や印象的な歌詞を繰り返し歌いながら先生は児童の音感を養っていきます。でも、ハモリ、輪唱などを学ぶときにピアノ、ギターの生演奏では児童の引き込まれ方、のめりこみ方がぐっと強くなり、学びの度合いも深まります。
さらに、サビの部分を繰り返し練習するときや、子どもの声のキーに合わせて伴奏するときも、CDの音源と比較して生演奏は圧倒的に自由度が高くなります。
そのほかにも、体育、図画工作といった実技教科に生かされる“他者に誇れる自分だけの特技”をもっておけば「先生ってすごい!」と、その特技が児童の心をひきつける武器になり、児童と強いつながりを築くこともできるでしょう。もちろん特技に限らず、世界地図に詳しい、カブトムシやセミの生態に詳しい、バク転や倒立ができる……など、社会、理科、体育の教科に生かされる得意分野も同じです。
でも、他者に誇れる特技や得意分野をもつのは難しいもの。“他者に誇れる自分だけの特技”を身につけたいと思っている人であれば、どんなふうに児童と時間を過ごし、○○を教えるとき自分はどんな方法で児童に教えるか……といった具合に、教諭になったときの自分をイマジネーションしてみましょう。そうすれば、どんな趣味をもったらよいか、どんな特技を身につけたらよいか……と “他者に誇れる自分だけの特技”がなんとなく思い浮かぶはずです。高校時代からそうした努力しておくと、教壇に立ったときその特技が大いに役立つことになるでしょう。

関連する記事

小学校教諭を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路