• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 保育・教育
  • 小学校教諭
  • 学校の選び方
小学校教諭の学校の選び方

小学校教諭の学校の選び方

全国のオススメの学校

小学校教諭に必要な教員免許は、大学・短大・専門学校・通信制大学で必要な単位を修得し、卒業することで取得できます。学校や学部によって取得できる免許の種類が異なりますので、自分が希望する免許が取得できる学校を調べることから始めるとよいでしょう。また、小学校・中学校・高校の教員免許を複数取得することが可能な学校や学部もあるので、将来の自分の可能性を広げるためにもそうした学校を選ぶのも一つの手です。

4年制大学

普通免許状の「一種免許状」を取得することができます。一般的に小学校教諭を目指す人は「一種免許状」を取得するため、4年制大学に進む人が多いです。小学校教諭は教える教科も多く、学ぶべきことが多いので4年制大学で時間をかけてしっかりと学ぶことは将来プラスになるでしょう。大学によって心理系の科目が充実している、国際教育が強いなど特色があるので自分の進みたい道を決め、それに沿って大学を選ぶのもおすすめです。

・教育学部
教員の免許状取得が卒業条件になっているのが、教育大学の教育学部です。小学校教諭になるためのカリキュラムが整っているうえ、周りに同じ志を持った学生が多いのでいい刺激を受けながら学ぶことができるでしょう。

・教育学部以外の教職課程のある学部
選択した学部の勉強に加えて、教職課程も学ばなければならないので勉強量は増えます。ですが、周りの学生は先生を目指している人ばかりではないので教育学に留まらず「広い視野が養える」というメリットがあります。「多彩な思考に触れ、自分の視野を広げることができたので、その経験が児童に指導する際に役立っている」と言う人もいます。

自分がどんな経験を経て、どんな教諭を目指したいのかをよく考えて学校選びをしましょう。

短大・専門学校

卒業することで普通免許状の「二種免許状」が取得できます。4年制大学より修得する科目数が少ないので時間をかけずに小学校教諭になれることが特徴です。「一種免許状」と「二種免許状」に仕事内容の差はありませんが、現状、「二種免許状」をもつ人は、教員になった後に通信教育や公開講座で「一種免許状」を取得することが努力義務とされています。

関連する記事

小学校教諭を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路