• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 中部大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生命健康科学部
  • 生命医科学科

私立大学/愛知

チュウブダイガク

生命医科学科

募集人数:
60人

病気予防と健康生活に貢献できる人材を育成。※臨床検査技師・合格率70.6%(12名合格/2015年度実績)

学べる学問
  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生命工学研究者

    遺伝子の成り立ちや組み換えなど生物を分子レベルでとらえ、大学や各種研究機関で新たな研究・開発を行う。

    遺伝子の成り立ちや細胞学、生命科学などの成果を、製薬や食品などの工業分野にフィードバックし、生産力をあげたり、新製品の開発につなげるための研究を行っているのが生命工学研究者。分子レベルで生物をとらえ、さまざまな生命や体のメカニズムを解明しようとしている。ある特定の遺伝子の働きが実際にDNAのどの部分で働いているのかなど、マウスを使った実験を繰り返すことで解明しようとする研究者がいたり、実験用の均質なマウスを、遺伝子操作によって作り出すといった実験を繰り返す研究者もいる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 医学研究者

    さまざまな角度から、病気の原因やメカニズム、治療方法などを科学的に研究する。

    医学研究者は「基礎医学研究」と「臨床医学研究」に大きく分かれる。基礎医学研究は分子生物学や化学、工学などの研究方法によって、遺伝子、免疫、生化学、衛生、生理、解剖など、さまざまな角度から病気の原因やメカニズムを解明し、治療方法を科学的に研究する。そのため医学部の出身者だけでなく、工学や理学、薬学、農学など、さまざまな学部から医学研究者になる道がある。臨床医学研究は患者の治療を通じて病気を研究し、治療方法などの検証や研究を行う。こちらは医師国家試験に合格し、医師として仕事をすることが前提となる。

  • 臨床検査技師

    病気の早期発見に寄与する、医療検査のスペシャリスト

    医師の指示のもと、病院や産科・レディスクリニック、整形外科(MRI)、臨床検査センターなどで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

初年度納入金:2017年度納入金 190万3300円 

学科の特長

学ぶ内容

さまざまな学問分野に精通した学際的で、総合的な判断力と実行力を兼ね備えた人材を育成
生命機能や病気のメカニズムを解明し、病気予防や診断・治療・リハビリに必要な薬物や機材、技術を開発し、予防・健康を推進できる専門家を育成。医師や理・薬・工・農学などの科学者や技術者と共同し、開発や研究、普及と実践を行うため、「医学の基礎」「バイオなどの科学技術」を基本とする“新しい学び”を修得します。

カリキュラム

めざす進路にあわせて科目を選択
めざす自分の進路に沿った科目群を選択(選択必修)することが可能です。例えば、予防健康管理の専門家をめざすなら「保健予防医科学」の科目群を。創薬・技術開発の科学者・技術者なら「保健予防薬・技術開発学」の科目群を。医療機器などの開発に関わる研究者・技術者なら「先端医用工学」の科目群を重点的に選択します。

先生

これからの医学を変える-そんな可能性を秘めた研究に携わる教師陣
「糖鎖」という物質に注目し、早期のガン発見やインフルエンザ予防などに役立つ研究をする先生や、抗肥満作用を持つ生薬成分を研究する先生、赤血球の性質や生成のメカニズムを研究する先生など、生命の謎を解明し、医療を変える可能性を秘めた研究に携わる先生が揃っています。興味深い研究に思う存分取り組める環境です。

研究テーマ

最先端の研究「人工関節」に世界が注目
各主要新聞社にも取り上げられるほど注目されているのが、「人工関節」の研究。工学と医学の連携で多くの人々の健康に貢献すると期待されています。

卒業後

高校保健教諭、臨床検査技師などにも対応したカリキュラムで、希望する将来がめざせる
高等学校保健教諭1種免許状の取得をめざすなら、専門基礎科目と教務課程の指定科目に加え、保健科教育法と教育実習を受講。臨床検査技師の資格取得をめざすなら、専門基礎科目+資格取得コースの指定科目に加え、臨床検査専門科目を受講。●臨床検査技師・合格率70.6%(12名合格/2015年度実績)

施設・設備

すべての実験を自分の手で行う。充実の施設で思う存分研究を
地上12階建の生命健康科学部の建物には、50床のベッドや、実際の病院と同じ機器・装置を備えた臨床検査実習室が。1人1台の顕微鏡をはじめ遠心分離器、DNAシーケンサー、X線解析装置など、最新機器も完備しています。また、実験用のマウスをつくり遺伝子操作実験などを行う、実験動物教育研究センターもあります。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【保健】<国> (1種)

受験資格が得られる資格

  • 臨床検査技師<国>

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 96.9 %

( 就職者数31名 )

主な就職先/内定先

    愛知医科大学病院 、 名古屋大学医学部附属病院 、 大同病院 、 中京病院 、 桑名市総合医療センター 、 近畿健康管理センター 、 名古屋セントラルクリニック 、 二プロ 、 メディック 、 ハヤシ化成 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒487-8501 愛知県春日井市松本町1200
中部大学入学センター TEL:0120-873-941

所在地 アクセス 地図・路線案内
春日井 : 愛知県春日井市松本町1200 「高蔵寺」駅から北口8番乗場発 名鉄バス 10分 中部大学下車
「神領」駅から大学直通の名鉄バス 乗車時間10分

地図

 

路線案内


中部大学(私立大学/愛知)