• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 東京
  • 東邦大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 綱 由香里さん(医学部 医学科/医師)

東邦大学医療センター大森病院には卒業生も多数勤務

先輩の仕事紹介

患者さんから多くのことを学んだ恩返しとして、治療により生活の質の向上に貢献したい

医師
医学部医学科/卒
綱 由香里さん

この仕事や研究の魅力・やりがい

耳鼻咽喉科の医師として東邦大学医療センター大森病院に勤務しています。耳鼻咽喉科の診察で扱う耳や鼻などの感覚器の領域は、患者さんご自身が自覚症状をおぼえ来院されることが多く、医師にとっても視診で診察することが可能な領域です。なかには精密な検査が必要なこともありますが、その場の処置や手術により、症状が改善することも多くあります。患者さんから直接「耳が聞こえやすくなった」「鼻が通った」等と言っていただけた時は、何より嬉しい瞬間です。感覚器の健康は、生活の質の向上にも直結します。治療に携わり患者さんの症状が改善され「当たり前に生活できる」ようになる。それこそが、この仕事のやりがいだと思います。

この分野・仕事を選んだきっかけ

子供の頃、病気を治してくれる医師という存在に憧れの気持ちを抱いてから、何となく将来の夢として考えていました。そして高校生の時、ある病院主催の「1日医師体験」に参加。その中で患者さんと直接お話しする機会があり、「病気を治すだけでなく、患者さん自身を診ることができる医師になってください」と言われたことが印象に残りました。実際に患者さんと接したことで、医師という仕事の人間味や面白さが少し分かったような気がしました。患者さんにとって医師は治療を行うだけでなく心を癒す存在でもあることを教えていただいた体験でした。それが転機となり、医師への夢や憧れを目標と捉え直し、「医学部に進み医師になる」と決めました。

鼻の視診の様子。症状の改善も非常に分かりやすい

学校で学んだこと・学生時代

医学部の6年間は、1~4年次の講義や学内での実習で学んだ知識を、5年次の病院での実習で実践するといったカリキュラムでした。授業のなかで特に印象に残っているのは1年次に学んだ解剖学です。身体について学ぶことができただけでなく、医師は人の生死に寄り添う仕事なのだと改めて気づくことができた授業でした。そして6年間で最も多くの学びがあったのは病院での学生実習です。様々な診療科をローテートできるため、人生の中で一番多くの診療科を経験できます。進路を決める助けになり、また各診療科が取り扱う疾患の特徴や診療を学ぶことができます。実習で学んだ知識や経験は、医師となった今でも役立つほど貴重なものでした。

患者さん自身を診ることができる医師でありたいですね

綱 由香里さん

東邦大学医療センター大森病院 耳鼻咽喉科/医学部医学科/卒/高校生の時から英語が得意だったので、英語の配点が高い本学の入試を受験し、合格した。昨今、英語力は診察にも役立つと言う。また、受験生に向けて分野選びについてアドバイスするなら、興味のあることを実際に体験する機会を設けることが何より大事だと言う。高校在学中に経験した医師体験や、病院での学生実習で学んだことが、今なお診療の手助けとなっている。医学部での学びも、医師の仕事も、患者さんから教えてもらったことが非常に多かった。自分の手を動かし診察することで、患者さんに恩返しをしたい、と日々治療にあたる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

この先輩が学んだのは…

この学校のおすすめ記事

東邦大学(私立大学/東京・千葉)
RECRUIT