• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 東邦大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医学部

私立大学/東京・千葉

トウホウダイガク

医学部

一人ひとりと笑顔で向き合える強さを養い、社会に貢献できる人間性豊かな「臨床医」や「研究者」へ

学べる学問
  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

目指せる仕事
  • 医師

    患者の診療、治療から研究者の道も

    現在、医師の多くは臨床医だ。臨床医とは、患者の治療や病気の予防、健康相談、検診などを行う。医療技術や薬品の進歩もめざましく、医療分野もより専門化している半面、総合的な力も求められる仕事だ。地域の開業医たちが患者のデータをパソコンで共有して、連携して医療にあたるという新しいスタイルも生まれてきている。

  • 医学研究者

    さまざまな角度から、病気の原因やメカニズム、治療方法などを科学的に研究する。

    医学研究者は「基礎医学研究」と「臨床医学研究」に大きく分かれる。基礎医学研究は分子生物学や化学、工学などの研究方法によって、遺伝子、免疫、生化学、衛生、生理、解剖など、さまざまな角度から病気の原因やメカニズムを解明し、治療方法を科学的に研究する。そのため医学部の出身者だけでなく、工学や理学、薬学、農学など、さまざまな学部から医学研究者になる道がある。臨床医学研究は患者の治療を通じて病気を研究し、治療方法などの検証や研究を行う。こちらは医師国家試験に合格し、医師として仕事をすることが前提となる。

  • 病理学研究者

    患者がどのような病気にかかっているか調べたり、病気にかかった細胞を観察・分析して病気を研究する。

    病理学研究者の役割は大きく二つに分かれる。ひとつは、患者の細胞を採取して、どのような病気にどの程度かかっているかを診断する「病理診断」。この場合、診断結果をカルテに記入して医師に渡すが、時には医師と話し合い、直接患者に病状の説明などを行い治療に強力することもある。そしてもうひとつの役割が、細胞などを観察・分析して、なぜ病気にかかるのか、どのように進行するのかなど、病気そのものを研究する「病理研究」の仕事がある。仕事場は、病院または大学などの研究室。研究結果を論文として発表し、医学会に貢献する。

bug fix
bug fix

募集学科・コース

最先端医療を実践する付属3病院での臨床実習や少人数の問題解決型の教育が充実。リサーチマインドの高い医師を育成

キャンパスライフShot

東邦大学 医学部の解剖学実習室は実習台にモニターを完備した最新設備。映像の活用で実習がより効果的に
医学部の解剖学実習室は実習台にモニターを完備した最新設備。映像の活用で実習がより効果的に
東邦大学 少人数制で行われる英語の授業。国際的に通用する英語を身につけ、試験に合格すれば海外での臨床実習も可能
少人数制で行われる英語の授業。国際的に通用する英語を身につけ、試験に合格すれば海外での臨床実習も可能
東邦大学 隣接の「大森病院」は、主な実習先であり、多くの卒業生が勤務する
隣接の「大森病院」は、主な実習先であり、多くの卒業生が勤務する

学部の特長

学ぶ内容

自主性重視の教育
「自ら問題を発見し解決していく力」を身につけるために、1年次からさまざまな医療現場に触れられる「全人的医療人教育科目」を設置。カリキュラムに対して学生の意見や要望を反映できるように「FT(フレキシブルタイム)」も時間割に組み込んでいます。また、専任のサポートスタッフを配置した学生専用の自習空間「STL室(セルフティーチングラボ)」では「eラーニング」も可能。一つひとつの教育の機会を充実させ、成長しやすい環境づくりに力を注いでいます。
他学部との共同研究
総合大学の確かな教育研究基盤を生かし、薬学部や理学部と共同研究を実施。再生医療や遺伝子治療など最先端の基礎研究、将来のチーム医療などを想定した演習を行っています。

授業

付属病院との連携
大学に隣接する付属の大森病院を中心に実習を行っていますが、大橋・佐倉病院でも実習を行っています。
診療参加型臨床実習(医学科4年次)
「臨床実習」では、トータル72週間をかけて全診療科で実習を行います。「ベッドサイド実習」や「手術見学」など、実際の医療現場を経験的に学びます。

資格

受験資格が得られるもの
医学科/医師〈国〉 ■国家試験合格率 97.1%  (合格者100名、2018年3月新卒実績)

施設・設備

バイオストラクチュラル・リソース・センター
マルチメディア化された解剖学実習室。ミクロとマクロの形態画像を同時比較できるなど、最先端設備を整えています。
東邦大学医療センター(付属病院)
付属の3病院の病床数は合計約1700床。全員が質の高いプログラムを経験できます。

学部のプロフィール

学部の特徴
「より良き臨床医の育成」を教育の理念に掲げ、東邦大学の前身である帝国女子医学専門学校以来の伝統を受け継いでいます。 2016年度より新カリキュラムがスタート。教養教育、基礎医学、臨床医学を効果的に連携させています。とくに臨床教育に重点を置き、臨床実習は4年次から始まります。5年次にはスチューデントドクターとして診療参加型臨床実習に参加し、6年次には国内・海外の実習病院で選択型臨床実習を行います。

入試・出願

入試一覧

合格難易度

学べる学問

就職率・卒業後の進路 

■卒後臨床研修
多くは臨床医を目指し卒後臨床研修へ。研修は前期(卒後2年間)と後期(卒後3年目以降)があり、前期は付属3病院の他、約110の関連施設からも研修先を選択可。研修後は認定医・専門医の資格を取得し臨床医となる他、約2割の卒業生は大学院に進学。

問い合わせ先・所在地

〒143-8540 東京都大田区大森西5-21-16
03-5763-6670 

所在地 アクセス 地図・路線案内
大森キャンパス(医学部) : 東京都大田区大森西5-21-16 京浜急行線「梅屋敷(東京都)」駅から徒歩 約8分
JR「蒲田」駅から東口2番バス 約10分 「東邦大学」下車 徒歩 約2分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東邦大学(私立大学/東京・千葉)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る