• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 私立大学
  • 福井
  • 福井工業大学

スペシャル学校情報

福井工業大学で学んでみませんか?

福井工業大学の風景

4学部8学科の工科系総合大学。工学や環境、経営情報、スポーツなど多彩な分野を探る

工学部、環境学部、スポーツ健康科学部に加え、2023年4月に経営情報学部(仮称)を設置予定(構想中)。英語教育にも力を注ぎ、4学部8学科の工科系総合大学からグローバルに考え活躍できる技術者を育成します。

福井工業大学はこんな学校です

教育方針や校風が魅力

福井工業大学の特長1

4学部8学科に再編を構想中。工科系総合大学として新たな一歩へ

工学部、環境学部、スポーツ健康科学部に加え、2023年4月設置予定(構想中)の経営情報学部を含めた4学部8学科の工科系総合大学。文系理系の枠組みを越えた新しい工学の教育・研究を通して、高度情報化時代にふさわしいエンジニアとデザイナーを育てます。あわらキャンパスにあるパラボラアンテナから得た衛星データやドローンの空撮画像、IoTセンサーなどで得た情報など、膨大なデータをAIで解析することで多岐にわたる分野の新たな価値を創造する「AI&IoTセンター」もあります。

就職に強い

福井工業大学の特長2

キャリアセンターを中心にきめ細かなサポートを実施。就職支援満足度95.7%を達成

キャリアセンターでは民間企業経験のある職員やキャリアカウンセラーなどの専門職員を配置し、専用ブースを設けて随時、個別相談を実施しています。各学科の就職担当教員や研究室担当教員とも連携し志望職種や適性を見きわめながら具体的なアドバイスを行います。また、就職試験に万全の体制で臨めるよう、入学時から4年間を通して豊富なキャリア形成科目を開講しています。これら多岐にわたるサポートを通して高い就職率を実現しており、2021年3月卒業生の就職率は98.8%(就職者486名)。卒業生を対象にしたアンケートでも、実に95.7%もの学生が就職支援に「非常に満足」「満足」と回答しています。

在校生・卒業生が魅力

福井工業大学の特長3

学生が主体となったプロジェクトが多彩!専門性を生かした“まちづくり”も進行中

大学の主役は学生一人ひとりであり、多種多様な学生主体のプロジェクトが進められています。学部の垣根を越えてものづくりに挑む「学生プロジェクト」もその一つ。各種工作機械がそろう「Student Space Laboratory」などの施設を拠点としながら、鳥人間や設計デザイン、F’s Design Studio、FUKUIスポーツ活性化などの多岐にわたる挑戦が繰り広げられています。また、教授の研究プロジェクトに参加し、専門性を生かす“まちづくり”も活発です。デザインの力で三国湊エリア(福井県坂井市)の魅力を発信したり、長崎県五島列島で雨水活用システムを整備したりするなど、学生はキャンパスを飛び出して専門知識や創造力を発揮しています。

福井工業大学の特長を詳しく見る

あなたは何を学びたい?
福井工業大学の学部学科、コース紹介

工学部

(定員数:250人)

電気・電子・機械・自動車・ロボット・建築・土木など生活を支える技術・知識を身につけたエンジニアへ

電気電子情報工学科 (定員数:80人) 2023年4月名称変更予定(構想中)(現学科名 電気電子工学科)

機械工学科 (定員数:80人)

建築土木工学科 (定員数:70人)

原子力技術応用工学科 (定員数:20人)

環境学部

(定員数:90人)

2023年4月名称変更予定(構想中)(現学部名 環境情報学部)

地球環境問題など現代社会が抱える課題に「環境」と「デザイン」をキーワードに新しい社会と生活文化の価値を創造する

デザイン学科 (定員数:50人)

環境食品応用化学科 (定員数:40人)

スポーツ健康科学部

(定員数:70人)

スポーツ健康科学科 (定員数:70人)

経営情報学部

(定員数:90人)

2023年4月設置予定(構想中)

福井を動かす、社会を動かす人になる。“新・経営情報学部”がスタート

経営情報学科 2023年4月設置予定(構想中)

福井工業大学では、こんな先生・教授から学べます

福井工業大学の評判や口コミは?
在校生の声が届いています

福井工業大学の就職・資格

卒業後の進路データ (2021年3月卒業生実績)

卒業者数529名
就職希望者数492名
就職者数486名
就職率98.8%(就職者数/就職希望者数)
進学者数11名

入学時から一貫してサポートする就職支援プログラムを整備

入学時から4年間を通して取り組むキャリア形成・就職支援を担うのが「キャリアセンター」で、将来の夢の実現に向けて全力でサポートしています。取り組みの中心となる「就職支援プログラム」では、1年次の4月にキャリアガイダンスと自己発見レポートを行うなど、入学時から一貫してバックアップする体制を整備。ステップを上りながら、学生たちは少しずつキャリアデザインを明確にしていきます。特に就職活動が本格化する3年次からは実際の就職試験に万全の体制で臨むことができるよう、ガイダンスやセミナー、各種対策講座などが本格化。スキルアップに励む学生を応援するため、資格取得対策講座の開講やインターンシップなども行っています。

福井工業大学の就職についてもっと見る

福井工業大学の所在地・アクセス

所在地 アクセス 地図・路線案内
福井キャンパス : 福井県福井市学園3-6-1 JR「福井(福井県)」駅西口バスターミナル3番のりば 12・18学園線「福井高校前」下車 (所要時間約10分)
JR「福井(福井県)」駅西口バスターミナル3番のりば 13桜ヶ丘団地線「福井工業大学前」下車 (所要時間約10分)

地図

 

路線案内

あわらキャンパス : 福井県あわら市北潟213-21 JR北陸本線「芦原温泉」駅から車で約15分

地図

 

路線案内

福井工業大学で学ぶイメージは沸きましたか?

つぎは気になる学費や入試情報をみてみましょう

福井工業大学の学費や入学金は?
初年度納入金をみてみよう

2022年度納入金(参考)/工学部・環境情報学部157万円、スポーツ健康科学部154万円(入学金含む)

すべて見る

福井工業大学の入試科目や日程は?
入試種別でみてみよう

下記は全学部の入試情報をもとに表出しております。

【注意】昨年度の情報の可能性がありますので、詳細は各入試種別のページをご覧ください。
  • 試験実施数 エントリー・出願期間 試験日 検定料
    16 9/1〜12/10 9/25〜12/18 10,000円
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    32 11/1〜12/9 11/20〜12/18 入試詳細ページをご覧ください。
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    48 1/6〜2/26 2/5〜3/4 入試詳細ページをご覧ください。
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    32 1/6〜3/17 1/15〜3/17 入試詳細ページをご覧ください。

入試情報を見る

福井工業大学の入試難易度は?
偏差値・入試難易度

福井工業大学の学部別偏差値・共通テスト得点率

現在表示している入試難易度は、2022年1月現在、2022年度入試を予想したものです。 偏差値・合格難易度情報: 河合塾提供
  • BF
  • 30
  • 40
  • 50
  • 60
  • 70〜
37.5~47.5
40.0~47.5

ブログ・インフォ

  • 2022年04月28日 07:58 BLOG

    福井工業大学に女子硬式野球部が新設された。監督には、全日本代表として世界大会で活躍し、大学や実業団チームの指導者としてキャリアを重ねてきた新井純子さんが就任。プロ野球の球団に女子チームが結成されるなど、女子野球が盛り上がりを見せる中で、新井監督の野球に対する思いや今後の目標についてうかがった。 世界大会連続出場と3連覇を果たした日本女子野球界のレジェンド 日本の女子野球界をリードしてきた新井さんが、兄の影響を受け野球を始めたのは3歳のときだった。小学6年生までは軟式野球、中学、高校ではソフトボールに打ち込み、高校を卒業した1993年から6年間は、実業団のソフトボールチームに所属。女子野球部を設けている中学、高校も、社会人チームもほとんどない中でソフトボールを続けながら、野球への情熱を持ち続けた。「野球は、ランナーが出てからどう守るか、あるいはどう攻めるか、いろいろな方法が考えられる。そこに駆け引きが生まれ、その多様さが魅力です」。チームによる作戦の応酬と個々のプレーが織りなす奥深い展開が野球の醍醐味だ。 ソフトボールから硬式野球に転向して間もない1999年2月、女子野球日本代表チームが結成された。選手募集の新聞記事を見て応募し、第1期メンバー20人の1人に選ばれた新井さんは、フロリダで開かれた全米大会に出場。その後、女子野球の国際大会は「女子野球世界大会」(2001~04年)、「WBSC女子ワールドカップ」(2004年~、隔年開催)として開かれ、都度代表メンバーが選出されている。新井さんは2012年の第11期まで連続して選ばれ、14年にわたり日本代表の3塁主として活躍。ワールドカップでは2008年、10年、12年に3年連続優勝を果たし、日本女子野球のレジェンドと言われるようになった。 この間、全日本の活動がない時期は軟式のチームに所属したこともあったが、2006年4月、埼玉県川越市の「尚美学園大学」に女子硬式野球部が創設されると、選手兼ヘッドコーチに就任。以後、指導者としても活躍を続け、ワールドカップ3連覇を達成した2012年の11月に選手を引退。尚美学園大学グラウンドで行われた引退記念試合には全国から大勢の女子野球選手が集まった。 女子野球の競技人口が増え、社会人選手の環境が向上 全日本女子野球連盟によると、女子野球の競技人口は、硬式が2,500人を超え、軟式を合わせると25,000人を超えている。その中で、2022年3月26日~4月3日に開催された第23回全国高等学校女子硬式野球選抜大会で福井工業大学附属福井高等学校が優勝を果たし、大きな話題となった。本大会の出場チームは38に上り、第1回大会(2000年)の8チームの4倍を超えた。クラブチームや社会人チームも増え、女子チームを立ち上げたプロ球団もある。「私が社会人になった頃は、アルバイトや派遣社員として働きながら野球を続ける先輩がほとんどでしたが、今では正社員として実業団チームの一員になる選手が多くなりました」と語り、女子が野球を続けやすい環境が整ってきたことを喜んでいる。 高校や実業団で女子野球が盛り上がりを見せる一方、全国大学女子硬式野球連盟登録大学は10校前後で、高校に比べ遅れていることは否めず、同じく伸びが小さい中学校とともに、今後の発展が期待されている。 プレッシャーが大きいからこそ挑戦する意欲が湧く 選手引退後、「尚美学園大学」のヘッドコーチを続けていた新井さんだったが、2018年、介護・福祉事業などを手掛ける大阪市の株式会社エースタイルが結成した女子硬式野球チーム「WELFARE」のコーチに転身。介護や福祉の仕事をする選手たちを理解しようと、子どもの福祉業務にも携わっていた新井さんに、福井工大女子硬式野球部監督の就任依頼があったのは2021年3月のことだった。「最初は、福井工大野球部の女性トレーナーさんから照会があり、その後、全日本チームの元監督さんと、福井工大野球部の監督さんからのご要請を受け、決断しました」。 自分に監督が務まるかどうか不安を感じる一方、当時「コーチのままで終わりたくない」という気持ちが湧いていたのも事実だった。「よいタイミングで声をかけていただき、やってみようと前向きな気持ちになりました。采配を振り、勝敗の全責任を負うのが監督です。プレッシャーはありますが、だからこそ、挑戦しがいがあり、楽しみも大きいと思っています」。 粘り強いチームをつくり、全国制覇を目指す 女子硬式野球部には1年生7人が入部した。活動の初日、新井監督がまず選手たちに伝えたのは、あいさつをきちんとすること、道具を丁寧に扱うことなど礼儀正しい行いを心掛けることである。社会で通用する人に成長するために必要な指導を厳しく行うのが基本方針だ。 野球指導で重視するのは、あきらめずに最後まで戦うモチベーションを維持すること。勝負の場で良い結果を残すには粘り強さが欠かせない。そして、良い結果を出すことが、「福井工業大学で野球をやりたい」との目標を持つ後進を増やすことにつながる。そのために新井監督が考えているのが守備中心のチーム作りである。「1・2点リードしていたチームが結局負けてしまう試合を何度も見てきました。最後に粘り強さを発揮するのは守備を大事にしているチームだと思っています」。さらに、全日本チームで教えられたことで重視しているのが、エラーをしたときの気持ちの切り替えだ。「落ち込んで下を向いてはいけない。次はちゃんと取るぞとか、気持ちを切り替えることが大事。流れを悪い方向に変えてしまう空気を払拭するには、“次”の気持ちで向かっていくことです」。 練習は、約3時間の全体練習を週6日実施し、空き時間を利用した個人の練習時間も週2日設けている。7人とも高校の野球部出身だが、今年は一人ひとりを丁寧に指導し、個々のレベルアップを図ることが目標だ。そして来年以降、メンバーが増え、チームとして機能するようになったとき目指すのが全日本大学野球選手権大会での優勝である。「選手たちにも、全国制覇という大きな目標を掲げて進んで行きましょうと伝えています」。新井監督の決意は、プロチームの選手、コーチ、監督の経験を持つ新原千恵さんをヘッドコーチとして招いたことにも表れている。新原さんは、日本一を目指す新井監督の思いに応え、福井へ来る決心をされたそうだ。 自身の経験や学びを選手たちに伝えることも使命だと考えている新井監督。「野球を通じて人間力を高め、大学で学んだことをそれぞれの立場で後輩に伝えていってほしい。そういう縦のつながりが女子野球を支え、さらに発展させていくものと思っています」。

    http://www.fukui-ut.ac.jp/passion/entry-8081.html

  • 2022年04月02日 16:29 BLOG

    4/2(土)、福井キャンパスの金井講堂にて感染予防措置を徹底し、2部制で入学式を挙行しました。学部学生505名、編入学生2名、大学院生21名の合計528名が、新たなスタートを切りました。 掛下学長は「今回の事態が収束した後には、日本も世界も、その在り様が間違いなく大きく変わります。その時に最も大きな力を発揮するのは、これまでのしがらみにとらわれない、柔軟な発想をもった若い皆様の行動力です。他人への思いやりと、責任感をもって、これからの福井を、これからの日本と世界を変えていくために勉学に励んでください。」と式辞を述べました。 新入生を代表して、 工学部機械工学科の西辻遥人さん、スポーツ健康科学部スポーツ健康科学科の古川奈瑠美さんが「建学の精神に則り、勉学に励み、学問の真理探究にまい進する」と宣誓しました。 新入生の皆さん、ご入学おめでとうございます。 教職員一同、心よりお祝い申し上げます。

    http://www.fukui-ut.ac.jp/news/topics/entry-8007.html

  • 2022年04月01日 15:03 BLOG

    大会名:中日学生ゴルフ4月定例会 場所:名古屋広幡ゴルフコース(愛知)

    http://www.fukui-ut.ac.jp/circle_calendar/entry-8016.html

  • 2022年04月01日 15:03 BLOG

    保護者の皆様へ  兄弟学費減免申請の受付を開始しております。下記のリンクより詳細をご確認いただき、期日までに申請くださいますようお願いいたします。  兄弟学費減免のご案内  以上、よろしくお願いいたします。

    http://www.fukui-ut.ac.jp/news/topics/entry-8015.html

  • 2022年04月01日 09:46 BLOG

    http://www.fukui-ut.ac.jp/

すべて見る

福井工業大学の関連ニュース

福井工業大学に関する問い合わせ先

入学センター 入試広報課

〒910-8505 福井県福井市学園3-6-1
TEL:0120-291-780 (フリーコール)

福井工業大学(私立大学/福井)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 社会実装型の学び・研究を深める。これからの社会をかたちづくる技術者へ

  • 2022年4月「教育学部」開設。特色ある7学部8学科で社会に役立つ人間になる!

  • 公務員・教員などの現役合格者多数!独自の教育を通じて国内外で活躍する人材を輩出!

  • 日本における「Top Global University」をめざす!

  • 「動物・自然・健康・医療・福祉・教育」いのちをまなび、動じない人になる。

  • 薬学・医療・経済経営・国際・心理の分野で成長力NO.1を実践する大学へ

  • 融合・感化しあう3学部の学びから地域に貢献する医療・看護・福祉のエキスパートへ!

  • 文系・理系10学部18学科、約15,000名が集う一拠点総合大学。

  • 世界で通用する「開拓者精神を持つ人材」を目指します

  • 学部・学科の枠を超えた学びで、自分らしさを磨く

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる
この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!
資料請求する
RECRUIT