• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 福井工業大学

私立大学/福井

フクイコウギョウダイガク

福井工業大学の風景

3学部8学科の総合大学。工学や環境、スポーツなど多彩な分野で活躍できる技術者に。

工学部、環境情報学部、スポーツ健康科学部の3学部8学科の総合大学。話すチカラ重視の英語教育プログラム「SPEC」を導入し、工学や環境、スポーツなど多彩な分野で、グローバルに考え活躍できる技術者を育成します。

福井工業大学の特長

福井工業大学の特長1

工学部、環境情報学部、スポーツ健康科学部の3学部8学科の総合大学

工学部、環境情報学部、スポーツ健康科学部の3学部8学科からなる総合大学。文系理系の枠組みを越え、環境に配慮した新しい工学の教育・研究を通して、高度情報化時代にふさわしいエンジニアとデザイナーを育てます。また、スポーツ健康科学部では、生理学や運動学といった基礎専門分野に加え、フィットネスクラブの運営や商品販売に求められるビジネス・経営学的知識を身につけます。ロボカップや鳥人間、古民家再生などに取り組むさまざまなプロジェクトも活発です。あわらキャンパスにある北陸地域最大の直径10mのパラボラアンテナを活用し、超小型衛星の開発設計などに挑戦する「ふくいPHOENIXプロジェクト」も活動しています。

福井工業大学の特長2

キャリアセンターを中心にきめ細かなサポートを実施。就職率99.3%を達成

キャリア教育の根幹を担うキャリアセンターでは、民間企業経験のある職員やキャリアカウンセラーなどの専門職員を配置し、専用ブースを設けて随時、個別相談を実施しています。各学科の就職担当教員や研究室担当教員とも連携し志望職種や適性を見きわめながら具体的なアドバイスを行います。また、実際の就職試験に万全の体制で臨むことができるよう、入学時から4年間を通して、豊富なキャリア形成科目を開講し、就職支援に取り組んでいます。これら多岐にわたるサポートを通して高い就職率を実現しており、2017年3月卒業生の就職率は99.3%(就職者427名)となっています。また、卒業生の就職支援に関する満足度は92.9%(回答者467名)でした。

福井工業大学の特長3

"英語を話せる"技術者の育成 SPEC

地域企業が世界に進出している今、海外出張や海外企業との取引に臆せず挑める人材を輩出していくという考えのもと、話す力重視の英語教育プログラム『SPEC(Special Program for English Communication)』を推進。総勢9人のネイティブスピーカーの教員の指導のもと、実践的な英語力を養うことでコミュニケーション能力全般をレベルアップし、海外の現場で活躍できる人材を育成します。また、夏休みと春休みを利用し、オーストラリア、イギリスなどで2~4週間滞在する海外語学研修制度もあり、研修終了者は、英語科目として4単位取得できます。

右へ
左へ
福井工業大学の特長1

工学部、環境情報学部、スポーツ健康科学部の3学部8学科の総合大学

工学部、環境情報学部、スポーツ健康科学部の3学部8学科からなる総合大学。文系理系の枠組みを越え、環境に配慮した新しい工学の教育・研究を通して、高度情報化時代にふさわしいエンジニアとデザイナーを育てます。また、スポーツ健康科学部では、生理学や運動学といった基礎専門分野に加え、フィットネスクラブの運営や商品販売に求められるビジネス・経営学的知識を身につけます。ロボカップや鳥人間、古民家再生などに取り組むさまざまなプロジェクトも活発です。あわらキャンパスにある北陸地域最大の直径10mのパラボラアンテナを活用し、超小型衛星の開発設計などに挑戦する「ふくいPHOENIXプロジェクト」も活動しています。

福井工業大学の特長2

キャリアセンターを中心にきめ細かなサポートを実施。就職率99.3%を達成

キャリア教育の根幹を担うキャリアセンターでは、民間企業経験のある職員やキャリアカウンセラーなどの専門職員を配置し、専用ブースを設けて随時、個別相談を実施しています。各学科の就職担当教員や研究室担当教員とも連携し志望職種や適性を見きわめながら具体的なアドバイスを行います。また、実際の就職試験に万全の体制で臨むことができるよう、入学時から4年間を通して、豊富なキャリア形成科目を開講し、就職支援に取り組んでいます。これら多岐にわたるサポートを通して高い就職率を実現しており、2017年3月卒業生の就職率は99.3%(就職者427名)となっています。また、卒業生の就職支援に関する満足度は92.9%(回答者467名)でした。

福井工業大学の特長3

"英語を話せる"技術者の育成 SPEC

地域企業が世界に進出している今、海外出張や海外企業との取引に臆せず挑める人材を輩出していくという考えのもと、話す力重視の英語教育プログラム『SPEC(Special Program for English Communication)』を推進。総勢9人のネイティブスピーカーの教員の指導のもと、実践的な英語力を養うことでコミュニケーション能力全般をレベルアップし、海外の現場で活躍できる人材を育成します。また、夏休みと春休みを利用し、オーストラリア、イギリスなどで2~4週間滞在する海外語学研修制度もあり、研修終了者は、英語科目として4単位取得できます。

右へ
左へ
福井工業大学の特長1

工学部、環境情報学部、スポーツ健康科学部の3学部8学科の総合大学

工学部、環境情報学部、スポーツ健康科学部の3学部8学科からなる総合大学。文系理系の枠組みを越え、環境に配慮した新しい工学の教育・研究を通して、高度情報化時代にふさわしいエンジニアとデザイナーを育てます。また、スポーツ健康科学部では、生理学や運動学といった基礎専門分野に加え、フィットネスクラブの運営や商品販売に求められるビジネス・経営学的知識を身につけます。ロボカップや鳥人間、古民家再生などに取り組むさまざまなプロジェクトも活発です。あわらキャンパスにある北陸地域最大の直径10mのパラボラアンテナを活用し、超小型衛星の開発設計などに挑戦する「ふくいPHOENIXプロジェクト」も活動しています。

福井工業大学の特長2

キャリアセンターを中心にきめ細かなサポートを実施。就職率99.3%を達成

キャリア教育の根幹を担うキャリアセンターでは、民間企業経験のある職員やキャリアカウンセラーなどの専門職員を配置し、専用ブースを設けて随時、個別相談を実施しています。各学科の就職担当教員や研究室担当教員とも連携し志望職種や適性を見きわめながら具体的なアドバイスを行います。また、実際の就職試験に万全の体制で臨むことができるよう、入学時から4年間を通して、豊富なキャリア形成科目を開講し、就職支援に取り組んでいます。これら多岐にわたるサポートを通して高い就職率を実現しており、2017年3月卒業生の就職率は99.3%(就職者427名)となっています。また、卒業生の就職支援に関する満足度は92.9%(回答者467名)でした。

福井工業大学の特長3

"英語を話せる"技術者の育成 SPEC

地域企業が世界に進出している今、海外出張や海外企業との取引に臆せず挑める人材を輩出していくという考えのもと、話す力重視の英語教育プログラム『SPEC(Special Program for English Communication)』を推進。総勢9人のネイティブスピーカーの教員の指導のもと、実践的な英語力を養うことでコミュニケーション能力全般をレベルアップし、海外の現場で活躍できる人材を育成します。また、夏休みと春休みを利用し、オーストラリア、イギリスなどで2~4週間滞在する海外語学研修制度もあり、研修終了者は、英語科目として4単位取得できます。

右へ
左へ

オープンキャンパスに行ってみよう!

オープンキャンパスの詳細

オープンキャンパス

・全体説明 ・学科体験 ・学生生活、入試相談 ・入試・奨学金説明会 ・キャンパスツアー ・保護者向け…

続きを見る

福井工業大学の学部・学科・コース

電気電子工学科 (定員数:80人)

機械工学科 (定員数:80人)

建築土木工学科 (定員数:60人)

原子力技術応用工学科 (定員数:30人)

デザイン学科 (定員数:50人)

経営情報学科 (定員数:80人)

環境・食品科学科 (定員数:50人)

スポーツ健康科学科 (定員数:70人)

入試情報

下記は全学部の入試情報をもとに表出しておりますので、詳細は各入試種別のページをご覧ください。

  • 試験実施数 エントリー・出願期間 試験日 検定料
    8 8/1〜11/30 9/8〜12/8 5,000円
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    40 10/1〜2/13 10/27〜2/22 入試詳細ページをご覧ください。
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    16 1/4〜3/8 1/30〜3/14 入試詳細ページをご覧ください。
  • 試験実施数 出願期間 試験日 検定料
    8 1/4〜3/18 1/19〜1/20 入試詳細ページをご覧ください。
入試情報を見る

合格難易度

学費(初年度納入金)

2018年度納入金/工学部・環境情報学部153万円、スポーツ健康科学部150万円
(入学金含む)

就職・資格

卒業後の進路データ (2017年3月卒業生実績)

卒業者数480名
就職希望者数430名
就職者数427名
就職率99.3%(就職者数/就職希望者数)
進学者数39名

就職支援

入学時から一貫してサポートする就職支援プログラムを整備

入学時から4年間を通して取り組むキャリア形成・就職支援を担うのが「キャリアセンター」で、将来の夢の実現に向けて全力でサポートしています。取り組みの中心となる「就職支援プログラム」では、1年次4月にキャリアガイダンスと自己発見レポートを行うなど、入学時から一貫してバックアップする体制を整備。ステップを上りながら、学生たちは少しずつキャリアデザインを明確にしていきます。特に就職活動が本格化する3年次からは実際の就職試験に万全の体制で臨むことができるよう、ガイダンスやセミナー、各種対策講座などが本格化。スキルアップに励む学生を応援するために、資格取得対策講座の開講やインターンシップなども行っています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入学センター 入学課

〒910-8505 福井県福井市学園3-6-1
TEL:0120-291-780 (フリーコール)

所在地 アクセス 地図・路線案内
福井キャンパス : 福井県福井市学園3-6-1 JR「福井(福井県)」駅西口バスターミナル3番のりば 12・17学園線「福井高校前」下車 (所要時間約10分)
JR「福井(福井県)」駅西口バスターミナル3番のりば 13桜ヶ丘団地線、14西安居線「福井工業大学前」下車 (所要時間約10分)

地図

 

路線案内

あわらキャンパス : 福井県あわら市北潟213-21 JR北陸本線「芦原温泉」駅からタクシーで 15分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2018年07月17日 14:51 BLOG

    http://www.fukui-ut.ac.jp/library_new_arrivals/entry-4211.html

  • 2018年07月17日 14:20 BLOG

     平成30年7月14日(土)、未来塾~FUT公開講座~「カヌー&カヤック体験会」を開催しました。講師は、本学のスポーツ健康科学科 講師 栗本宣和が務めました。  まず、全員で準備体操をし体をほぐしていただきました。続いて、実際にパドルを持ち水上での動かし方を学んでいただきました。初めてパドルを持った方が多く、最初は見よう見まねでの練習を繰り返し行っていただきました。そして、北潟湖に入り実際の水上でのパドルの動きを念入りに練習していただきました。陸上での練習成果があり、水上での実践はスムーズに行うことが出来ました。  続いて、いよいよカヌー&カヤックを体験していただました。本学のカヌー部員の補助もあり、経験者の方はより上達し、初心者の方々も終盤ではご自身の力で漕ぐことが出来ていました。初めてのこともあり、陸上に上がった頃には全力を出し切ったのか少し疲労の様子も見えましたが、「楽しかった!またやりたい!!」という声をたくさんいただけたので、充実したお時間を過ごしていただけたと思います。  体験後には、使用したカヌー&カヤックのお手入れもしていただき全員で片付けをしていただきました。最後には集合写真を撮り終了いたしました。  ご参加くださいました皆様、福井工業大学 あわらキャンパスまでお越しいただきありがとうございました。またのご参加を心よりお待ちしております。

    http://www.fukui-ut.ac.jp/news/education/report_s2/entry-4207.html

  • 2018年07月17日 11:04 BLOG

    今年度、第3回目のオープンキャンパスを開催!! 全国各地から多くの高校生・保護者の皆様にご参加いただきました。 【全体説明会・保護者説明会】 全体説明会では、掛下学長の挨拶に始まり、池田副学長より本学の概要説明に加え、「ふくいPHOENIXプロジェクト」、本学独自の海外留学プログラム「OCPS」について紹介されました。また、本学の紹介動画が上映されました。 学生スタッフからは、学校生活について、「オープンキャンパススタッフの活動を通して・国家資格の取得を目指して・就職支援について」の3つのテーマについてスピーチがありました。 保護者説明会では、保護者の方を対象に、本学のキャリア教育、就職支援体制、入試・奨学金制度などについて説明が行われました。また、説明会終了後にはキャリアセンターを見学しました。 【学科説明・体験】 全体説明後、希望の学科に分かれ説明や体験を行いました。 【工学部 電気電子工学科】 1. 主任による学科全体説明   電気・電子・情報の知識を学ぶ意義、各学年で学ぶ内容、各プロジェクト紹介、英語教育の重要性、就職実績について説明。 2. 学科の各研究内容紹介ブース   電気電子工学科の様々な研究を紹介しました。   芥子研究室は、「人工知能」を説明。                                    (参加者の声) ・どの研究も驚かされるような発想ばかりで大変勉強になったし、興味が湧きました。 ・工業と農業の技術を組み合わせ、よりよい製品を作り出す発想が面白いと思いました。 ・衛星で色々な情報が得られることが分かった。 【工学部 機械工学科】 ・自動車システムコースの実習紹介 ・機械工学科で学べること ・ロボット実演 (参加者の声) ・自動車の整備の様子を見ることができた。 ・電子顕微鏡や引張試験機などを見ることが出来た。 ・3Dプリンタやアルミで作られたロボットが動くところを実際に見ることが出来た。 【工学部 建築土木工学科】 1.建築土木工学科の概要(市川、西川先生) 学科の特徴、授業、コース分け、研究室、資格、進路などについて概説しました。また、パネルによる研究室紹介も行いました。 2.プロジェクト紹介(吉村先生) 県内大野市などを舞台として実施している自転車普及やまちづくりに関する学外プロジェクトを紹介し、これらを通じて大学で学ぶ意義や効果を説明しました。 3.施設見学(仲地、五十嵐、髙島先生) 3号館1、4および5階にある製図室、演習室や実験室を見学してもらいました。構造実験室では、コンクリートの用途や要求される性状について概説した後、実際に圧縮試験を実施し、コンクリートの強度を体感してもらいました。 (参加者の声) ・専門的なことを多く学べるので、大学に興味がわいた。 ・就職率100%に感心した。 ・資格試験への対策がしっかりしていることがわかった。 ・設備がよく整っていた。 ・圧縮試験が迫力があり、コンクリートが粉々になることに驚いた。 ・自転車の街を作る話がおもしろかった。 ・耐震性の高い家の作り方に興味をもった。 【工学部 原子力技術応用工学科】 学科紹介(学習内容カリキュラム、研究室研究概要、キャリアパス・資格・就職情報)についての説明。 核融合発電の現状についてポスター6枚を説明。 原子力発電所の仕組みの発電実験、霧箱、原子力ロボット、放射線測定、環境浄化実験、原子炉シミュレータ、放射の除去装置の概要説明、ゲル線量計、理論概要説明および簡易版体験実験。 (参加者の声) ・「原子力」という学科であるが、様々な広い分野について取り組んでいることが分かった。 (特化しているが電気系、機械系、化学系、生物系) ・実験を交えて学科の説明も分かりやすくとても面白い分野だと思った。 【環境情報学部 環境・食品科学科】 教員と話してみよう「化学」「環境」「食品」「バイオ」他10体験 (参加者の声) ・ゲルを使って人の体に本当に良いのか悪いのか判断できるのがすごかった。 ・人工イクラ(アルギン酸)が光ることがあることをはじめて知り、実際に見ることができて良かったです。 ・食品についての面白い実験をして、ますます食品について興味がわいた。 ・私は文系を選択をしていたので、正直よく分からないかなとも思っていたけれど、アクセサリー作りをやってみて、化学ってこんなところでも使えるんだ!って思ったし、すごく楽しめました。 ・実際に体験を行い、興味がわきました。UVレジンを使うのは初めてだったので、とても楽しく、体験できて良かったです。私は文系なので、最初はあまり理系だしなと思っていましたが、FUTのSPECであったり、研究室でいろんな実験をしたりなど、さまざまな体験を通して、とても楽しいしおもしろいなと感じました。全く関係ないとか思っていたけど今回の体験で興味がわきました。明るい雰囲気で自由な感じが好印象となった。 【環境情報学部 経営情報学科】  『優良企業とは?』というテーマで模擬授業を行った。企業を取り巻く利害関係者(ステークホルダー)は様々であり、その立場によって『優良企業』の捉え方が異なる。今回は、株主の立場に立って分析を行った。株主が企業に投資するのは、利益の一部を配当金として分配してもらうためである。しかしながら、できるだけ多くの利益を獲得するためには、ただ漠然と事業活動を行うのではなく、経営戦略を立案することが必要不可欠である。経営戦略は企業ごとに異なり、その特徴を明らかにするため、企業間比較(ゲンキー、クスリのアオキ)を行い、その解説を行った。また、日本経済新聞社が主催している日経STOCKリーグ(2000年から始まった中・高・大学生のための株式学習コンテスト)の案内と昨年度の実績(上位10%のチームが入る一次予選通過)の報告を行った。 (参加者の声) ・身近な企業について比較していたので参考になった。 ・企業について興味を持った。もし入学するなら経済の分野を学びたい。 ・経営情報学科について知ることが出来てよかった。 ・大学の講義は高校と違ってペースが早いことがわかった。 ・チェスター・バーナードを知ることが出来てよかった。 ・経営系の学部がどういう勉強をするのかについてわかった。 ・経営は難しいと思った。 【環境情報学部 デザイン学科】 1年生の実習室である1号館7階実習室を主な説明エリアとし、来場者に学科の特徴やデザイン分野ごとに学び方の流れを説明した。加えて、依頼の多い資格修得・就職関係について丁寧な説明を心掛けた。また、学生の課題作品や過去の受託研究で行ったデザインを展示し、具体的にどのような事が学べるか説明を行った。体験授業ではグラフィックデザインが専門の玉野講師によるワークショップが行われ、アクアビーズ(またはアイロンビーズ)を使用してオリジナルのロゴマークデザインやキャラクターデザインなどを制作した。 (参加者の声) ・丁寧に説明してくれてよくわかった。 ・ビーズの限られた色だけで作るのは難しかった。 ・たくさんの材料を使って制作できて楽しめた。 ・前回と違う内容だったので、飽きずに取り組めた。 【スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科】 ・スポーツ健康科学部(学科)の概要  スポーツ健康科学科の授業やプロジェクトの種類、また、取得できる資格や将来想定されるなど、大学での学びの様子が紹介された。 ・SPEC体験  スポーツ分野において英語を使うことの重要性が説明された。その後、参加者同士が質問をし合いながら、英語を話す授業が行われた。 ・模擬授業  写真や動画で得られた情報を数値化することで、パフォーンマンスの改善や適切なフィードバックが可能になることについて、参加者に実践してもらった動作を通して学んだ。 (参加者の声) ・テレビで見たことがある手法が生で見れて、興味がもてた。 ・英語が身近に感じられ、何を言っているのか理解できた。 ・高校の授業と異なり、好きな授業を受講できるので、大学生になるのが楽しみ。 ・学科で行っているプロジェクトについても分かって良かった。 ・陸上の山縣選手が強くなれた理由を知ることができ、自分もそういったことに関われたら嬉しい。 【入試・奨学金説明会】 平成31年度入試日程や入試内容についての説明が行われました。 平成31年度入試における変更点や入試結果で採用される奨学金制度について、参加者の方々は時折メモを取りながら熱心に話を聞かれていました。 【学生生活・入試相談コーナー】 学生生活や入試制度についての相談を、オープンキャンパス開催中にいつでもご相談いただけます。 今回も多数の来場者が相談に訪れていました。 【キャンパスツアー】 学生がよく利用する施設…

    http://www.fukui-ut.ac.jp/news/event/entry-4210.html

  • 2018年07月15日 17:20 BLOG

    7月15日(日)、本学福井キャンパスにおいて第3回目のオープンキャンパスを開催しました。 当日は晴天にも恵まれ、全国各地から約450名の方にご来場いただきました。 3学部8学科の学科体験をはじめ、入試・奨学金説明会、寮・下宿、奨学金相談コーナーなど参加された方に とって福井工業大学をリアルに体験できる1日となりました。 ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。 今後の開催予定は下記の通りです。多くの方のご参加を、学生スタッフ・教職員一同お待ちしています。 8月4日(土) 9月9日(日) 10月21日(日) 大学祭同時開催

    http://www.fukui-ut.ac.jp/news/event/entry-4208.html

  • 2018年07月15日 16:41 BLOG

    開催日程 次回は 8月4日(土) 10:00 受付 10:30 スタート ● 9月9日(日)  ● 10月21日(日) 大学祭同時開催    無料シャトルバス乗車の方はこちらから予約をお願いします。 (福井駅便の予約は不要です。) 下記の日程で臨時便を運行いたします。 ● 7月・8月 彦根、長浜便    ● 7月・8月 京都便      無料シャトルバス時刻表 【要予約】 無料シャトルバス時刻表 臨時便 【要予約】   タイムスケジュール 開催レポート オープンキャンパスの様子は写真をクリックするとご覧いただけます。 4月29日 第1回   昨年度の様子を表示する 平成29年度 開催レポート 昨年度実施したオープンキャンパスの様子は写真をクリックするとご覧いただけます。 4月29日第1回 6月17日第2回 7月16日第3回 8月5日第4回 9月10日第5回 10月7,8日第6回 .toggle_box{ display:none; overflow:hidden; } .btn{ background-color:#ddd; border: 1px solid #ddd; padding:10px; -moz-border-radius: 5px; -webkit-border-radius: 5px; border-radius: 5px; text-align:center; } .btn.active, .btn:hover { background-color:#eee; color:#666; padding:10px; } .btn:hover{ cursor:pointer; } .box{ width:100%; margin-top:20px; margin-bottom:20px; }

    http://www.fukui-ut.ac.jp/open_campus/op_yotei/entry-4201.html

福井工業大学(私立大学/福井)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 金沢工業大学

    未来へチャレンジする研究力を身につける「世代・分野・文化を超えた共創教育」を実践

  • 金沢学院大学

    2018年4月英語教育に強い小学校教員・保育者を養成する「文学部教育学科」を開設

  • 金沢星稜大学

    早期留学や難関試験合格に向けた独自の教育で難関企業や公務員・教員採用試験に合格!

  • 愛知工業大学

    「工学部」「経営学部」「情報科学部」。ものづくりを中心とした“工科系総合大学”

  • 北陸大学

    薬・医療・経済経営・国際の教育の各分野で、社会に貢献できる人材を養成

  • 金城大学

    “いのちによりそう”仕事のために、保健・医療・福祉、教育分野を専門的に学ぼう!

  • 北陸学院大学

    一人ひとりを大切にする大学。教育学・心理学・社会学を学び、与えられた使命を果たす

  • 近畿大学

    6つのキャンパスに医学から芸術分野までを集積した、西日本最大級の総合大学。

  • 立命館大学

    多文化協働のリーディング大学。既存の枠を超えて、新たな未来を創造する。

  • 金沢医科大学

    充実したカリキュラムで、人間性豊かな医師・看護職者を育成

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる