• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 福山大学

私立大学/広島

フクヤマダイガク

その一歩が未来につながる。学生の成長を応援する環境で学び、社会で活躍できる人材に

自ら考え行動できる意欲を養い、学生一人ひとりの可能性を引き出し、着実に成長できる多彩なプログラムを用意しています。幅広い基礎学力と教養を身につけ、変動する現代社会を生き抜く「人間力」を養います。

福山大学の特長

学校の特長1

地元企業中心に結ばれた産業界との強い絆と全教職員による学生へのきめ細かい就職支援

2015年に開学40周年を迎えた福山大学の卒業生は、地元のみならず全国で経営者として、企業の中核として、また公務員や教員として活躍しています。その実力が認められ、多くの企業から大学内で開催される合同企業説明会への定数を超える参加申し込みがあります。さらに、福山市には関東・関西等の一流企業の営業所や支店が数多く存在します。学生の理想の就職を叶え、また企業の要望に応える人材輩出のため、福山大学全教職員が学生一人ひとりにきめ細かい就職支援を行っています。その結果、全国の大学の中でもトップクラスの就職内定率を誇り、新聞や経済情報誌などのメディアに「就職に強い大学」として取り上げられています。

学校の特長2

地域と密接に関わる環境の中、学生一人ひとりを大切にする「福山大学新教育システム」

学生が教員、学生同士、地域社会…と人間関係の輪を広げながら交流し、学習を発展させていくシステムを構築しており、各学部の特性を活かした地域交流活動を学生主体で展開し、地域社会と密接に関わりながらコミュニケーション力や人間力を育んでいきます。また、入学から卒業まで一人ひとりにあわせた段階的な学習指導とキャリア教育を展開し、1専任教員に対し学生17人という少人数体制で、各学部が就職支援に取り組みます。さらに「BINGOチャレンジインターンシップ」など、地元企業と連携して社会から積極的に学べる体制も整っています。

学校の特長3

2016年4月、メディア・映像学科へ名称変更。最新設備と一から教えてくれる先生が魅力

メディア情報文化学科は、2016年4月に「メディア・映像学科」へ名称を変更し、さらに専門性を追究する学科へと進化しています。従来のマスメディアをはじめ、急速に発展を続けるソーシャルメディアまで、それぞれの役割や機能を学びます。メディアを活用し、自ら情報発信するために必要な知識と技術を幅広く、そして理論的に学びます。カリキュラムは、社会情報コース・映像表現コースの講義科目群と、メディアコンテンツ制作科目群で構成。印刷物・CG・Webページ・映像などの制作演習を通して、幅広い知識と実践力を身につけます。理論と実践を融合させて、相乗効果を生み出すカリキュラムが大きな特色です。

右へ
左へ
学校の特長1

地元企業中心に結ばれた産業界との強い絆と全教職員による学生へのきめ細かい就職支援

2015年に開学40周年を迎えた福山大学の卒業生は、地元のみならず全国で経営者として、企業の中核として、また公務員や教員として活躍しています。その実力が認められ、多くの企業から大学内で開催される合同企業説明会への定数を超える参加申し込みがあります。さらに、福山市には関東・関西等の一流企業の営業所や支店が数多く存在します。学生の理想の就職を叶え、また企業の要望に応える人材輩出のため、福山大学全教職員が学生一人ひとりにきめ細かい就職支援を行っています。その結果、全国の大学の中でもトップクラスの就職内定率を誇り、新聞や経済情報誌などのメディアに「就職に強い大学」として取り上げられています。

学校の特長2

地域と密接に関わる環境の中、学生一人ひとりを大切にする「福山大学新教育システム」

学生が教員、学生同士、地域社会…と人間関係の輪を広げながら交流し、学習を発展させていくシステムを構築しており、各学部の特性を活かした地域交流活動を学生主体で展開し、地域社会と密接に関わりながらコミュニケーション力や人間力を育んでいきます。また、入学から卒業まで一人ひとりにあわせた段階的な学習指導とキャリア教育を展開し、1専任教員に対し学生17人という少人数体制で、各学部が就職支援に取り組みます。さらに「BINGOチャレンジインターンシップ」など、地元企業と連携して社会から積極的に学べる体制も整っています。

学校の特長3

2016年4月、メディア・映像学科へ名称変更。最新設備と一から教えてくれる先生が魅力

メディア情報文化学科は、2016年4月に「メディア・映像学科」へ名称を変更し、さらに専門性を追究する学科へと進化しています。従来のマスメディアをはじめ、急速に発展を続けるソーシャルメディアまで、それぞれの役割や機能を学びます。メディアを活用し、自ら情報発信するために必要な知識と技術を幅広く、そして理論的に学びます。カリキュラムは、社会情報コース・映像表現コースの講義科目群と、メディアコンテンツ制作科目群で構成。印刷物・CG・Webページ・映像などの制作演習を通して、幅広い知識と実践力を身につけます。理論と実践を融合させて、相乗効果を生み出すカリキュラムが大きな特色です。

右へ
左へ
学校の特長1

地元企業中心に結ばれた産業界との強い絆と全教職員による学生へのきめ細かい就職支援

2015年に開学40周年を迎えた福山大学の卒業生は、地元のみならず全国で経営者として、企業の中核として、また公務員や教員として活躍しています。その実力が認められ、多くの企業から大学内で開催される合同企業説明会への定数を超える参加申し込みがあります。さらに、福山市には関東・関西等の一流企業の営業所や支店が数多く存在します。学生の理想の就職を叶え、また企業の要望に応える人材輩出のため、福山大学全教職員が学生一人ひとりにきめ細かい就職支援を行っています。その結果、全国の大学の中でもトップクラスの就職内定率を誇り、新聞や経済情報誌などのメディアに「就職に強い大学」として取り上げられています。

学校の特長2

地域と密接に関わる環境の中、学生一人ひとりを大切にする「福山大学新教育システム」

学生が教員、学生同士、地域社会…と人間関係の輪を広げながら交流し、学習を発展させていくシステムを構築しており、各学部の特性を活かした地域交流活動を学生主体で展開し、地域社会と密接に関わりながらコミュニケーション力や人間力を育んでいきます。また、入学から卒業まで一人ひとりにあわせた段階的な学習指導とキャリア教育を展開し、1専任教員に対し学生17人という少人数体制で、各学部が就職支援に取り組みます。さらに「BINGOチャレンジインターンシップ」など、地元企業と連携して社会から積極的に学べる体制も整っています。

学校の特長3

2016年4月、メディア・映像学科へ名称変更。最新設備と一から教えてくれる先生が魅力

メディア情報文化学科は、2016年4月に「メディア・映像学科」へ名称を変更し、さらに専門性を追究する学科へと進化しています。従来のマスメディアをはじめ、急速に発展を続けるソーシャルメディアまで、それぞれの役割や機能を学びます。メディアを活用し、自ら情報発信するために必要な知識と技術を幅広く、そして理論的に学びます。カリキュラムは、社会情報コース・映像表現コースの講義科目群と、メディアコンテンツ制作科目群で構成。印刷物・CG・Webページ・映像などの制作演習を通して、幅広い知識と実践力を身につけます。理論と実践を融合させて、相乗効果を生み出すカリキュラムが大きな特色です。

右へ
左へ

福山大学からのメッセージ

【進路別セミナーのお知らせ】
日時:6月11日(日)13:30~16:00(受付/13:00~)
場所:福山大学宮地茂記念館(広島県福山市丸ノ内1丁目2番40号)JR福山駅 北口正面 徒歩1分
福山平成大学と合同開催!
内容はホームページをご覧ください。(予約はホームページまたはお電話で!当日参加もOK!)
http://www.fukuyama-u.ac.jp/ent/ent-open-campus/seminar.html
●お問い合わせ先
入試広報室(Tel:084-936-0521)

(5/30更新)

福山大学の学部・学科・コース

入試情報

実施している入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】経済学部/115万5000円、人間文化学部/115万5000円、工学部/141万5000円、生命工学部/146万5000円、薬学部/228万5000円
(入学金33万円(薬学部のみ40万円)を含む)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数662名
就職希望者数577名
就職者数574名
就職率99.5%(就職者数/就職希望者数)
進学者数21名
就職率は、2015年3月卒業生99.4%から0.1%上昇しました

就職支援

学生一人ひとりに全教職員が協力して就職活動の支援を行っています

学生一人ひとりの就職支援・指導はゼミ担当教員を中心にきめ細かく行い、各学部学科から選出された就職委員がそれをバックアップしています。就職課はその就職委員によって構成される就職委員会で決められた諸施策を学生に対して具体的に実施しています。また、国家検定「1級キャリア・コンサルティング技能士」に合格した就職課職員が学生のさまざまな就職相談や面接訓練等にいつでも対応できるよう常に準備して待っています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試広報室

〒729-0292 広島県福山市学園町1番地三蔵
TEL:084-936-2111

所在地 アクセス 地図・路線案内
広島県福山市学園町1番地三蔵 「福山」駅から南口を出て6番乗り場より 直通バス 30分
「松永」駅からスクールバス 10分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年10月18日 18:14 BLOG

    大学教育センターの学長室ブログメンバー、T&Wです。今回は、日本語検定のうれしいお知らせについてのミニレポートです。 日本語検定(前期6月10日実施)でのすぐれた成績をあげた団体に贈られる特別賞を、福山大学は今年も受賞しました。これで3年連続の受賞となります。過去2年は「日本語検定協会 特別賞」、今年は「東京書籍賞 優秀賞」です。近日中に日本語検定協会のホームページにも載る予定です。 日本語検定3級はレベルとしては高校卒業程度です。とは言え、多くの企業の社内研修でもこの日本語検定が導入されており、有名企業でも入社試験において、この検定合格者を優遇しているところがあります。この日本語検定の受検を、1年次共通教育の必修科目「日本語表現法」のなかで全員に勧めるとともに、検定に向けた演習を、授業や学内の学修支援システムCerezo上でも重ねています。教職課程を履修する1年生にも、今年から受検を勧めました。 大学は、資格取得支援の一環として学生の個人負担を少しでも軽減するために、検定料の約3分1の補助をしています。 データでみると、新入生の約65%が受検し、その84%が認定(あるいは準認定)という結果です。これをより向上させるために、学修内容の見直しなど、検討をまた始めているところです。 まもなく後期の検定も行われます。検定が終わっても、日々、私達は日本語のより良い在り方を求めていかなければなりません。 学長から一言:3年連続の入賞、おめでとうございます。。。誰がおめでたいかというと、先輩達の後を追ってしっかり日本語を学んだ新1年生達、そして毎年指導法の工夫を重ねながら日本語による表現法を教えている先生方!!!「お・め・で・と・う!」  

    http://blog.fuext.fukuyama-u.ac.jp/2017/10/blog-post_83.html

  • 2017年10月18日 17:14 BLOG

    こんにちは、学長室ブログメンバー、大学教育センターの前田です。 昨年初めて出場したものの残念ながら受賞には至らず、悔しい思いを胸に松山大学から帰ってきた思い出のコンテスト、、、「社会人基礎力育成グランプリ」! 「次回こそは、絶対入賞!」とリベンジを果たすべく、今年も自主ゼミ「F4」のメンバーでエントリーをおこないました!そのエントリー報告と現在の取り組み状況について、松田学長に報告をおこなってきましたので、今日はその様子をお伝えします。 はじめに、学長室を訪問したF4メンバー8人による自己紹介です。今年からF4に入った1年次生の5人は、初めての学長室訪問ということもあって緊張気味です。 緊張した様子の1年次生たち 高橋さん(心理学科1年)、葛嶋君(経済学科1年)行廣君(スマートシステム学科) 伊藤君(生物工学科1年)、大久保君(生物工学科1年) 自己紹介が一通り終わると、昨年に続き今年もF4のリーダー(ゼミ長)を務めている稲垣君(生物工学科3年)より本年度の取り組み内容について説明がありました。 出場に向けての意気込みを語るリーダーの稲垣君 「今年は、昨年度と比べて特に力を入れてきた『地域の人々との連携』と、大幅に増えたメンバーとの『チームワークの強化』について、発表をしていきたい」 と、グランプリ地区予選に向けての抱負を語ってくれました! そして、稲垣リーダーに続き、今年度の発表予定メンバーである藤井さん(心理学科2年)、大久保君(生物工学科1年)も、出場に向けての熱い想いを語ってくれました。 「自身の成長につなげる挑戦の機会にしたい」藤井さん 「先輩達から教えて頂きながら精一杯頑張りたい」大久保君 今年度の社会人基礎力育成グランプリ中国・四国地区予選大会まで、残り約1ヶ月半。長いようで短いこの期間を計画的に過ごして、昨年の反省もしっかりと踏まえながら、スライド制作、発表練習に頑張って欲しいと思います! F4のみんな!今年度頑張ってきた成果がしっかりと伝わるプレゼンを準備して、今年こそ念願の全国大会出場だー!おーーーーっ! ■「社会人基礎力育成グランプリ出場」に関する過去の投稿はこちら  ・学生グループ「F4」、社会人基礎力育成グランプリ地区予選に出場!  ・学生グループ「F4」、昨年の活動報告と今年の意気込みを語る! 学長から一言:社会人基礎力養成という、今大学生に最も求められている力を大学生が競うのですから、暑くなりますね!!!がんばって!!!入賞報告を待っていま~す!!!

    http://blog.fuext.fukuyama-u.ac.jp/2017/10/f4.html

  • 2017年10月17日 16:16 BLOG

    こんにちは。海洋生物科学科・学長室ブログメンバーの Kenji♪ です。 今回は、福山大学因島キャンパスに新たに配備された調査船「爽風丸(そうふうまる)」の紹介です。 因島キャンパスに在る内海生物資源研究所・所長の有瀧教授から、「爽風丸」のレポートが届きましたので紹介します。 ----------------------------------------------------------------- 因島キャンパスでは、瀬戸内海をモデルとして海洋生物を「育てる」「守る」「探る」「利用する」の観点から研究・教育活動を進めています。 ただ、これらの目的を達成するためには相手をよく知ることが重要になります。 すなわち、調査ですね。これまでも、沖合は実習船の第二爽風丸で定期的にプランクトンネットを用いて、魚の卵や仔魚(魚の赤ちゃん)を採集してきました。 第二爽風丸            また、クロダイ、スズキ、メバル、シロギス等、皆さんにおなじみの魚は、稚魚(魚の子ども)になるとごく浅いところで生活するため、藻場や砂浜海岸を人力で網を曳いて調べています。 沿岸調査                ただ、藻場や砂浜には残念ながら大きな船では入って来れず、人の背が立たないような調査場所がぽっかりと空いてしまいます。 そこで、この度新たに小型の船外機船を配備し、機動的で緻密な調査のできる体制を整えてもらいました。 新船の名前は・・・「爽風丸」 これは、因島キャンパスの黎明期を支えた調査船の名にあやかっています。 全長6.2m、幅1.9mの0.7トン、定員6名で50馬力のエンジンを積んでいます。 新たに仲間入りした「爽風丸」来年度には小型の地引網も作製し、爽風丸を用いて調査研究に活用しようと考えています。 今から楽しみです!! 学長から一言:福山大学の本部キャンパスにも爽風が吹いていますよ!1号館に囲まれた庭の名前は「爽風の庭」です。きっと「爽風」には、創設者・宮地茂の思いが詰まっているのでしょうね。。。そういうわけで、この夏、1号館の第1食堂を改装した折には、「カフェテリア爽風」と名付けたのですよッ!「爽風丸」の活躍を期待しています!

    http://blog.fuext.fukuyama-u.ac.jp/2017/10/blog-post_89.html

  • 2017年10月16日 18:14 BLOG

    学長室ブログメンバーの井上(経済学部 税務会計学科)です。 今回は、経済学部税務会計学科許教授に先日福山大学経済学部で行われた河北大学経済学部との研究交流「首都圏と地域経済発展に関する国際シンポジウム」の件につき報告してもらいます。 ----------------------------------------------------------------------------------------- 河北大学経済学部長の王金営教授ならびに河北大学ディスティングイッシュト・プロフェッサーの裴桂芬教授御一行13名が本学に来られ、経済学部との共催で「首都圏と地域経済発展に関する国際シンポジウム」を実施しました。 中国政府が河北省保定市に、サブ首都を目指す雄安新区を建設するというプロジェクトに合わせ、北京天津河北省の共同発展が一つの重要なテーマとなっており、日本にも「地方創生」事業があるように、中国でも都市圏と地域経済についての研究が盛んに行われるようになっています。 9月28日、29日の両日にわたり、河北大学の12名の先生と、本学経済学部の萩野教授、李教授および劉講師が、日本と中国をはじめ、イギリス、インド、ブラジル、韓国など、各国における首都圏と地域の経済発展を巡り、行政、生態、企業、不動産、労働力、イノベーション等の様々な側面から研究分析された成果を日本語、中国語と英語で発表され、議論が交わされました。経済学部の教員をはじめ、大学院生や学部生も多数参加し、極めて有益な時間となりました。 また、28日の午後に、裴桂芬教授による学部生向けの講演会が行われ、「米国のアンチグローバリゼーションと中国のB&R イニシャル」というタイトルで、欧米を中心とした反グローバル化の潮流のなか、中国が提唱する「一帯一路」構想で、海と陸のグローバル化を促す動きも加速していることを説明されました。これまでの「勝者がすべてを得る」というグローバル化の問題点をいかに克服できるかは、「真のグローバル化」を目指すカギとなるだろうという裴先生自らの観点も述べられ、140名を超える学生たちが熱心に聞き入っていました。 学長室で記念撮影 今回のシンポジウムは両大学における研究教育交流の第一歩に過ぎず、このような時期を得た研究交流を契機に、日中間の相互理解を深め、研究教育におけるウィン・ウィンの関係を築き、本学における「真のグローバル化」の推進に寄与できることを願っています。 また、この場を借りて、多大なご協力をいただいた経済学部教員、経済・人間文化学部事務室および国際交流課の職員の皆様に感謝を申し上げます。 学長から一言:河北大学のご一行は、とてもフレンドリーで、おおらかで、賑やかでした。。。良い研究交流が出来たようで良かったですねッ!

    http://blog.fuext.fukuyama-u.ac.jp/2017/10/blog-post_16.html

  • 2017年10月16日 18:14 BLOG

    みなさん、こんにちは! 学長室ブログメンバーの国際交流課、神原です。 現在、ブルガリアのヴェリコタルノヴォ大学に留学をしている操田慎哉くん(経済学部 国際経済学科)から、2回目の留学レポートが届きましたので、紹介します。(1回目のレポートはこちらから。) ********************  今回のレポートは、ヴェリコタルノヴォでの国際交流について書きます。  私の両隣の部屋には、イギリス人とスイス人が住んでいます。彼らとは、英語でコミュニケーションをとるのですが、自分のスピーキングイングリッシュはまだまだだなと、思わされます。しかし、これをモチベーションに「もっと語学を勉強しよう!」という気持ちが強くなります。  また、私は福山大学で第2外国語としてドイツ語を履修しており、ヴェリコタルノヴォ大学でもドイツ語を履修しているので、スイスの人には、たまにドイツ語で話しかけてみます。 彼らと一緒に、街のセンターのレストランに行って、話をして交流を深めています。     これ以外にも、ESNというエラスムス留学生の交流会にも参加させてもらっています。このグループは主にトルコ、ポーランド、イギリス、スイス、ギリシャ、フランスなどのヨーロッパ各国の学生が多いです。(アジア人は私だけ) 私は、エラスムスの留学生ではないですが、彼らは、フレンドリーに声をかけてくれ、そのグループに入れてくれました。そしてそのグループで行われるゲームやパーティに招待してくれました。こういったパーティに参加することでいろんな国の人と交流ができるので、自分への良い刺激になります。    最後に、10月2日に大学のオープニングセレモニーがあり、その式に参加しました。こちらの大学のセメスターの始まりは秋からなので、この日は、多くの人たちが集まっていました。    その後、私は、日本語学科のオリエンテーションに参加させてもらい、そこに所属している学生とほんの少しですが、交流することができました。多くの日本語学科の学生は、最初話をかけてきてくれませんでしたが、自分から積極的に声をかけていき、コミュニケーションを取りました。彼らは、「自信がありません」と言いますが、かなり日本語を理解しているので普通に会話はできました。  こんな感じで、今回のレポートは、ヴェリコタルノヴォでの国際交流について書かせていただきました。 ******************** 学長から一言:素晴らし~い国際交流が進んでいますねッ!積極性と協調性が、操田君の国際交流を進める両輪になっていますねッ!素晴らし~い!!!

    http://blog.fuext.fukuyama-u.ac.jp/2017/10/2.html

福山大学(私立大学/広島)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    最先端の技術力と豊かな人間性を兼ね備え、人を幸せにする技術者に

  • Photo

    2017年4月、経営学部を開設。文理融合の総合大学へ。

  • Photo

    実践力重視のカリキュラムにより、地元広島や地域で活躍できる人材を育成します。

  • Photo

    学修成果を可視化するシステムを再構築。「能動的・自主的な学び」で意欲を育てます。

  • Photo

    充実の環境がキミをサポート。「人間力」と「専門力」を磨き、社会で通用する力を養う

  • Photo

    2017年4月健康科学部開設、2018年4月国際コミュニティ学部開設予定(構想中)

  • Photo

    芸術・科学・医療・動物・スポーツ・危機管理、それぞれの道で活躍できるプロになる!

  • Photo

    「実学」重視の教育で人間性も育み、社会に貢献できる人材を育成

  • Photo

    一人ひとりに向き合い、生きぬく力を育む“確かな教育”

  • Photo

    100年を越える時を経ても、未来へつながる学びをさらに充実させる総合大学

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる