• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 立教大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 経営学部
  • 国際経営学科

私立大学/東京・埼玉

リッキョウダイガク

国際経営学科

募集人数:
155人 (増員)

国際社会でリーダーシップを発揮できるグローバルな人材を育成する。

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    経済学をベースに、現実の経済の動きや、ビジネスの実践的な業務に必要な方法論や仕組みを、調査・分析などを通して学ぶ。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

目指せる仕事
  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 経営コンサルタント

    経営の専門アドバイザー

    企業の経営に関するトータルコンサルティングを行う。主に、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをする仕事。経営者の心強いパートナーともいうべき存在だ。

  • マーケットリサーチャー

    製品開発に欠かせない調査員

    モノ余りの時代には、ヒット商品を生み出すために、どんな人たちがモノを欲しがっているか、商品についての需要予測や消費者の嗜好動向、購入層、過去の販売実績、販売方法など市場の動きを正確に把握する必要がある。マーケットリサーチャーはこれら調査の専門家として社会調査やその結果を集計・分析する。

  • 消費生活アドバイザー

    企業・公共団体の消費者相談窓口

    消費者と企業のパイプ役。消費者のために買い物相談や助言をするとともに商品に対する問い合わせや苦情の受付窓口になる。また、アンケート調査を行い、消費者の要望を把握し、新商品づくりや販売戦略を提案するという仕事を通して、利用者の立場からみた商品の不充分な点を改善すべく社内に働きかける役割を担う。

  • 商品バイヤー

    売れる商品を発掘し販売量を予測。交渉力を発揮し有利に買い付ける

    会社やショップなどで商品の仕入れを専門に担当する人。売れ筋商品を発掘し、販売量を予測し、できるだけ安く仕入れられるよう交渉する。海外の商品を買い付ける場合は、英会話はもちろん貿易に関する専門知識、為替知識も必要になる。

  • 商学・経営学研究者

    大学・大学院、公的研究機関・民間研究所などで専門分野を研究し論文を書く

    商学または経営学に関する専門的な研究を、大学・大学院、公的研究機関・民間研究所などで続け学会などに論文を発表する。大学・大学院の場合は、教授・准教授または助教として、学生の指導も行う

  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 貿易事務

    輸出入に必要な事務が仕事

    総合商社、専門商社、貿易代行会社、メーカーの海外事業部門などを舞台に、輸出入の必要な事務をとる。輸入の場合は、海外への注文手続きから、商品が日本に着いた際の通関手続き、輸入元に対する代金の支払いまで。輸出の場合は、注文のとりまとめ、輸送手続きなどを行う。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 130万7500円  (入学金含む)

学科の特長

カリキュラム

「バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム(BBL)」でコミュニケーション力を習得
少人数のグループワーク「バイリンガル・ビジネスリーダー・プログラム(BBL)」では、日本にいながら経営学を英語で学び、英語コミュニケーション能力や交渉力を身につける。国際環境でリーダーシップを発揮できるスキルを養う
「Business Project」ではビジネス・プロジェクトの全プロセスを実体験する
専門科目の約70%は、英語で開講される。そのために必要な英語力を養う授業を入学時から学生の理解度に合わせて段階的に進め、理解と定着を図る。3年次開講の「Business Project」では英語使用またはバイリンガルな環境で働くことを想定し、ビジネス・プロジェクトの提案から実現までの全プロセスを実体験する

授業

異文化理解・コミュニケーションに関する専門選択科目を多数設置
「異文化コミュニケーション論」「Business Communication」「Intercultural Business Management」などの専門選択科目により、異なった文化的背景をもつ人々との交渉や対応能力などのスキルを身につける
「企業人セミナー」やインターンシップで企業の現場を知る
ビジネスの現実に触れるため、グローバル市場で活躍する日本企業や外資系企業などと連携した「企業人セミナー」を開設。3年次の夏休み以降には国内外の企業で就業体験をするインターンシップ科目を配置。また、情報化・IT化社会に対応した情報コミュニケーション能力・リサーチ能力を身につけるための科目群も展開している

制度

経営学科の専門科目も自分の興味に合わせて学べる
「ビジネス・リーダーシップ・プログラム(BLP)」のほか「企業の社会的責任」「リーダーシップ論」などの経営学科の専門科目も学べる。BLPでは、2年次にビジネスの実践過程を学びつつ、自分のキャリアデザインを設計。3年次にはビジネス・プロジェクトの提案から実現までの全プロセスをアクション・プログラムとして体験
国際化社会のコアとなる人材を育てる海外留学プログラム
英語コミュニケーション能力の向上と異文化体験の機会として、1年次の夏休みに行われる原則全員参加の海外留学プログラム「Overseas EAP」を用意。3週間の海外研修を通じ、英語力とビジネススキルを学ぶ。また、2年次以降は希望者を対象に、海外の大学で正規の専門科目を履修する「中期・長期海外スタディ」を設置している

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 司書<国> 、
  • 学芸員<国>

社会教育主事任用資格
社会調査士 ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 98.6 %

( 就職希望者353名 )

主な就職先/内定先

    日本アイ・ビー・エム 、 みずほフィナンシャルグループ 、 三菱東京UFJ銀行 、 三井住友海上火災保険 、 損害保険ジャパン日本興亜 、 東京海上日動火災保険 、 ヤフー 、 楽天 、 ワークスアプリケーションズ 、 ソフトバンクグループ ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※学部全体のデータです

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒171-8501 東京都豊島区西池袋3-34-1
TEL03-3985-2660

所在地 アクセス 地図・路線案内
池袋キャンパス : 東京都豊島区西池袋3-34-1 「池袋」駅から徒歩 約7分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

立教大学(私立大学/東京・埼玉)