• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校北海道福祉大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 社会福祉学科

北海道認可/専修学校/厚生労働大臣指定/北海道

センモンガッコウホッカイドウフクシダイガッコウ

社会福祉学科

募集人数:
30人

道内唯一、社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の国家資格受験資格を取得。社会福祉の専門職を目指す!

学べる学問
  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • 介護福祉士

    入浴・食事の世話など、生活面の介護や指導を行う

    介護や福祉の専門的知識や技術を身につけ、身体や精神機能が低下し日常の生活を送るのに支障がある人に、食事や排泄、入浴や外出、身辺の整理整頓などの生活上の介護をする。さらに家族への介護指導も重要な仕事だ。

  • 手話通訳士

    聴覚障害者と健常者の対話をサポート

    手話を音声言語に、あるいは音声言語を手話に訳する仕事。テレビにも手話通訳が取り上げられ、一般の人の手話への関心は高まっているが、手話の通訳者として一人前になるにはかなりの経験が必要。まだまだ絶対数が足りない状況。

  • 点字通訳者

    書物や文献の文字を点字に直す

    視力障害のために本の文字が読めない人のために、点字に直して書物の内容を理解してもらったり、文学作品の感動を味わってもらう。点字の知識や点字に訳す技術はもちろん、より忠実に再現するよう時間をかけて取り込む、努力と根気が必要。仕事というより、ボランティアの部分も大きい。

  • 精神保健福祉士

    精神障がいのある人の生活を援助し、社会復帰をサポートする

    精神病院や社会復帰施設、および保健所などに勤務して、精神障害者に対し、社会復帰のための手助けする。また家族の相談相手になったり、医師や看護師、作業療法士などの治療チームの調整役を務めるなどさまざまな役割を持つ。精神障害者の福祉向上のためにニーズは高まっている。

  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

    保護や援助を必要とする人のアドバイザー

    児童相談所や福祉施設に勤め、心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関するさまざまな相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題解決にあたる。さまざまな福祉サービスの中から利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しい仕事だ。

  • ケアマネジャー

    介護サービスの内容や業者などを決め、介護計画を立てる介護支援専門員

    介護保険サービスの申請を市町村から受け、申請者を訪ねてその身体状況を調査し、介護保険給付が必要となった場合は介護サービス計画を作成する介護支援専門員。申請者との信頼関係、介護サービスの提供者側との調整などが、能力の問われるところだ。

  • 医療ソーシャルワーカー

    患者が社会復帰するための援助・助言をする

    入院患者やその家族が直面するさまざまな問題解決のための援助を行う。例えば保健や治療費の減免制度活用の援助、患者とその家族の人間関係の調整、受診・受療を促進するための心理的・社会的援助、退院後の福祉施設の選定や在宅ケアサービスの調整など、患者やその家族の話に親身になったアドバイスを行う。

  • 社会福祉主事

    行政の中で福祉サービスに携わる

    公務員となって福祉関連部署で働く。地方自治体の福祉課の窓口で福祉サービスに関する相談を受け、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う他、福祉事務所や児童相談所で相談を受けたら、児童施設の児童指導員や老人福祉施設などの生活指導員として活躍する場合もあり、その仕事内容は多岐にわたる。

  • レクリエーションインストラクター

    レクリエーション活動の提案や指導をする

    学校や職場、町内会などでスポーツ、ゲーム、イベントといったレクリエーション活動の指導をしていく。時には、レクリエーションの提案をしたり、イベント等の主催者の相談にのるなど、社会的にレクリエーションの大切さを啓蒙していくことも大切な仕事だ。

初年度納入金:2018年度納入金 111万円  (教材費など別途必要)
年限:4年制

学科の特長

学ぶ内容

道内唯一、社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の3つの国家資格を目指せる!
社会福祉・精神保健福祉・介護福祉の3つの視点を学習し、高い専門技術をもった「できる人」を育てます。 独自科目により“考える力”を育み、社会福祉施設等への見学実習や特別講義等による「みる」・「きく」授業で福祉の現場理解を深め、全6回の現場実習にて“実践力”を身につけることができます。

実習

就職先も視野に入れた様々な福祉施設実習を実施!
介護施設実習の他に、1年次の高齢者・障がい者(児)施設見学をはじめ、2年次にはケアハウス・グループホームなどの施設でレクリエーション指導やボランティア活動を経験し、また3年次以降に、児童相談所や精神保健福祉援助施設、医療機関などで援助技術を学び“生きるちから”を支援できる実践力を身につけます。

卒業後

1995年の開校以来約3000名を超える卒業生が福祉現場の第一線で活躍しています
実習中心のカリキュラムによって培われた実践力が各方面に認められ、卒業生が道内外の福祉現場で活躍中。このOB・OGのネットワークが学生たちの就職活動を有利にする大切な後ろ盾となっています。もちろん卒業後の就職サポートも万全です。就職率100%(就職者数17名)(2016年3月社会福祉学科卒業生実績)

資格

北海道トップクラスの国家試験合格実績!目指せる3つの国家資格
【国家試験合格率】※2016年3月卒業生実績
社会福祉士52.9% 9名合格(全国平均26.2%)/精神保健福祉士68.8% 11名合格(全国平均61.6%) 
社会福祉士・精神保健福祉士・介護福祉士の3つの職種について学ぶことで「資格+αの力」が身につき、社会福祉に関する視野が拡大。卒業時に「高度専門士」の称号も取得。

クチコミ

姉妹校との教育連携。プロフェッショナルが授業を担当
専門学校北海道リハビリテーション大学校との「介護とリハビリテーション」、吉田学園医療歯科専門学校との「口腔ケア」、「緊急時の対応」など、姉妹校との連携で、福祉現場に求められる知識と技術をよりリアルに学ぶことができます。

奨学金

様々な奨学金制度で経済的負担をサポート
筆記試験と書類審査の結果、認定ランクに応じて初年度授業料の一部を免除(5万~50万円)する特待生制度があります。その他、大短専卒業者、学業成績優秀者、クラブ活動・生徒会活動・ボランティア活動で功績のあった者、子弟入学者などの各種優遇制度や、教育提携ローン、介護福祉士養成奨学金制度もあります。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 社会福祉主事任用資格 、
  • レクリエーション・インストラクター

受験資格が得られる資格

  • 社会福祉士<国> (卒業と同時に受験可能) 、
  • 精神保健福祉士<国> (卒業と同時に受験可能) 、
  • 介護福祉士<国>

目標とする資格

    社会常識マナー検定

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者数17名 )

主な就職先/内定先

    名寄市 、 ふらの西病院 、 道央病院 、 児童養護施設 北光学園 、 小規模多機能ホーム 緑陽 、 函館厚生院 、 えぽっく 、 湖星会 、 北愛館 、 ラポール東小樽 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒065-0014 北海道札幌市東区北14条東6丁目 吉田学園入学相談室
フリーダイヤル 0120-607033(携帯、PHSからでも可)
public@yoshida-g.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道札幌市中央区南3条西1丁目 地下鉄南北線・東西線・東豊線「大通」駅下車35番出口より徒歩 3分
地下鉄東豊線「豊水すすきの」駅下車1番出口より徒歩 2分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

専門学校北海道福祉大学校(専修学校/北海道)