• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京バイオテクノロジー専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • バイオテクノロジー科(3年制)
  • 化粧品開発コース

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウバイオテクノロジイセンモンガッコウ

化粧品開発コース

自分だけの「香り」と「化粧品」がつくれる化粧品開発技術者になる。

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 化粧品企画・開発・研究者

    ファッション性と美容・健康をともに追求し、新たな化粧品を生み出す

    化粧品メーカーで、新製品を企画したり、美容効果がある新たな成分などを研究開発したりする仕事。化粧品には、色や光沢などファッションとしての側面と、美肌やアンチエイジングなど美容・健康につながる側面とがある。その両方を意識しながら、消費者のニーズや流行にこたえる製品を創り出していく。化粧品の素材は化学物質から自然由来のものまでさまざまあり、化学やバイオ・生命科学、薬学などの専門家が数多く活躍。人の肌に使用するものなので、安全性の追求も非常に重要となる。

  • フレグランスコーディネーター

    香水の処方・設計・調香を行う

    化粧品販売店の店頭や、香水の教室などで、客や生徒に、洋服や演出したい雰囲気、気分に合わせた香水をアドバイスする。パフューマーは、既製の香水のアドバイスにとどまらず、好みに応じた香りの処方、設計、調香を行う。香水は、酸化や濃縮する時間が早いので、最適な状態をキープするための知識・技術も難しい。

初年度納入金:2019年度納入金 138万円  (教材費別途)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

調香と基礎化粧品からメイクアップ化粧品まで!充実した開発実習カリキュラム
化粧品開発コースでは、関東1都6県の専門学校で唯一「調香」が学べます。化粧水や美容液などの基礎化粧品、アイシャドウやリップなどのメイクアップ化粧品、そしてシャンプーやコンディショナーなどのヘアケア製品などの開発に必要な処方作成や試作も行います。現場で求められる開発・分析技術を習得します。

カリキュラム

マーケティング、商品開発、品質管理の知識と技術を身につける
商品開発では開発技術はもちろん、マーケティングや製品の分析が不可欠です。また、皮膚科学、化粧品の成分、薬事法などについて知ることも必要不可欠です。これらの知識、技術を習得し、化粧品業界で開発や製造・品質管理のプロとして活躍します。

実習

関東1都6県の専門学校で唯一!調香技術を学べる東京バイオ!
調香実習では、日本でも数少ない現役の調香師が指導します。香料ひとつひとつの特徴を知り、調香の基本技術から新しい香りをつくる応用まで、調香技術をより実践的に学ぶことができます。化粧品と香料それぞれの知識・技術を習得することで、化粧品メーカーだけではなく、香料会社での活躍の道が開かれます。

学生

  • point キャンパスライフレポート

    「コンプレックスを自信に変える」化粧品の開発がしたい!

    日本酒について学ぶために醸造コースへ進むつもりで入学しました。しかし、化学の基礎を学び、先輩方の話を聞くうちに、化学的な化粧品開発の分野に興味を惹かれ方向転換。化粧品開発コースを選択しました。

    東京バイオテクノロジー専門学校の学生
  • point キャンパスライフレポート

    トイレタリー商品の開発に携わる仕事に就きたい!

    もともと応用化学に興味がありましたが、将来の仕事として何をしたいのかがわからなかったんです。東京バイオでは1年次に実験の基礎から学べますし、就職に役立つ資格がたくさん取れるところに魅力を感じました。

    東京バイオテクノロジー専門学校の学生

卒業生

  • point 先輩の仕事紹介

    培ってきた専門性を活かして、リピーター続出の大ヒットヘアケア製品を開発したい!

    入社してから主にヘアケア製品の開発に携わってきました。企画開発部が無く研究開発室と営業だけなので、企画から分析、開発、デザインに至るまで、広く関わることができます。新製品を開発するにあたって一番難しいのは、ターゲットに製品が合っているかを見極めるところ。開発する私たちが「良いもの…

    東京バイオテクノロジー専門学校の卒業生

卒業後

東京バイオでは98%※の学生が「実験を仕事に」する
「実験を仕事に」する東京バイオは長年の就職実績により、企業による校内説明会が実施されるなど、業界と太いパイプでつながっています。キャリアセンターのスタッフが企業・研究所とつながっていて、現在必要とされている人材についての情報を収集して、ひとり一人の就職を確実にサポートします。※2017年3月卒業生実績

資格

現場で化粧品開発をするために!
スキンケア製品、ヘアケア製品の処方作成やその試作、分析のための知識と技術を習得し、化粧品業界で化粧品の開発、製造、品質管理の技術者として活躍します。また、香料についての知識と調香技術によって広く「香料」を扱う業界でも活躍します。
『化粧品総括製造販売責任者』資格が卒業と同時に取得できる
化粧品開発コースは、『化粧品総括製造販売責任者』の取得に必要なカリキュラムになっているので、卒業と同時に申請により取得できます。『化粧品総括製造販売責任者』は、化粧品を製造・販売する現場に必要な資格です。また、毒物劇物取扱責任者など化学系の資格対策も充実しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

化粧品総括製造販売責任者<国>

目標とする資格

    • バイオ技術者認定試験 (中級) 、
    • 知的財産管理技能検定<国> (3級) 、
    • 毒物劇物取扱責任者<国> 、
    • 有機溶剤作業主任者<国> 、
    • 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者<国> 、
    • 危険物取扱者<国> (乙種4類) 、
    • コミュニケーション検定

    ・日本化粧品検定

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)日本色材工業研究所 、 株式会社エイエムジー 、 ハイム化粧品(株) 、 (株)日本天然物研究所 、 坂本香料(株) ほか

※ 2017年3月卒業生実績

化粧品や化成品メーカー、香料メーカーで商品開発や品質管理、分析といった業務で活躍します。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒144-0032 東京都大田区北糀谷1-3-14
TEL03-3745-5000
info@bio.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都大田区北糀谷1-3-14 「梅屋敷(東京都)」駅から徒歩 10分
「大森(東京都)」駅から京急バス 15分 北糀谷下車 徒歩 1分

地図

 

路線案内


東京バイオテクノロジー専門学校(専修学校/東京)