• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 高崎健康福祉大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 健康福祉学部
  • 医療情報学科

私立大学/群馬

タカサキケンコウフクシダイガク

医療情報学科

募集人数:
70人

医療分野とIT分野の未来を展望し、病院や企業の今後の成長を担う人材になる

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

  • 訪問介護員(ホームヘルパー)

    家庭に派遣され、家事を代行する

    高齢者や心身障害をもつ人の家庭などに派遣され、炊事、洗濯、掃除などの家事を代行する仕事。時には入浴や排泄補助などの介護や、福祉施設へのつきそいなども行う。定期的な訪問の中で、家族の生活、介護に関する悩みや相談にも応じ、家事だけでなく精神的な負担も軽くするよう努める。

  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

  • 病棟クラーク

    医者と看護師の架け橋的な存在として、医療現場がスムーズに進むようアシストする

    医師が診療を行う前の簡単な問診や、診療に使う薬剤や器具の準備や片づけ、カルテの管理、診療精算業務などを行うスタッフのこと。事務から医療により密接した現場作業まで、仕事は多岐にわたる。そのため、事務処理能力、基本的な医療知識は必要だ。

  • 診療情報管理士

    病院の診療情報を管理する

    病院で保存される診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。記録の点検は十分行い、カルテや検査結果に不備がないかも確認する。このノウハウをもとに病院内の医療情報のデータベース化や診療統計を行うなどの役割も期待される。

  • 医療情報管理者

    医療情報を管理し、研究や広報にも活用

    カルテをはじめとする院内の診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。この情報を加工し、病気や診療統計をまとめ、研究や広報のために提供することもある。多くの患者が訪れる大規模な病院では専門職として勤務する場合もある。

初年度納入金:2017年度納入金 135万9730円 

学科の特長

学ぶ内容

医療と情報の2領域を学ぶことで将来の進路が多彩に広がる
専門的な医療の知識と高度な情報技術を同時に学べる特色ある学科となっている。1年次は両方の基礎を学び、2年次からは「医療コース」と「情報コース」のいずれかを選択。どちらかに軸足を置きながらも、医療と情報技術の両分野に強みを持った社会人となれる。

カリキュラム

「医療コース」と「情報コース」に分かれ、診療情報管理・情報技術のスペシャリストを目指す
2年次から、より専門的な2コースに分かれる。医療機関で情報のプロフェッショナルとして働くためのスキルを身につける「医療コース」と、医療関連企業の技術者に必要なコンピュータやネットワークの技術を学ぶ「情報コース」を設置し、将来を見据えた専門的な教育を実践。

卒業後

診療情報管理士および医療分野に強い情報技術者として社会へ
医療・健康分野のIT化で求められる先進のスキルを幅広く修得し、医療機関はもちろん、情報関連企業や一般企業などで有資格者としての活躍が期待される。

資格

2、3年次での資格取得を目標に、授業と対策講座を連動して支援
「医療コース」では診療情報管理士や医療事務管理士、「情報コース」では基本情報技術者やITパスポートの資格取得に力を入れている。いずれも在学中の取得が可能。両コースとも授業と対策講座のWフォロー体制で、就職活動前に複数資格を取得できるよう、充実した支援体制が整っている。

施設・設備

充実した生体情報実験の施設
「生体情報実験室」では、超音波診断装置、近赤外光イメージング装置、サーモグラフィなど先端の医療情報機器を使用してデータ処理・コンピュータ解析技術等を修得する。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 司書<国>

目標とする資格

    • 診療情報管理士 、
    • 医療事務管理士 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • IT パスポート試験<国>

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 98.7 %

( 卒業生79名/就職希望者78名/就職者77名/大学院・その他進学1名 )

主な就職先/内定先

    東京慈恵会医科大学 、 北里研究所 、 伊勢崎福島病院 、 北関東循環器病院 、 佐野厚生総合病院 、 栗原医療器械店 、 富士薬品グループ 、 ジーシーシー 、 高信化学 、 両毛システムズ ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒370-0033群馬県高崎市中大類町37-1
TEL027-352-1290
nyushi@takasaki-u.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
群馬県高崎市中大類町37-1 JR「高崎」駅東口から、スクールバス 15分
JR「高崎」駅東口から 循環バスぐるりん「群馬の森線」 15分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

高崎健康福祉大学(私立大学/群馬)