• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 新潟食料農業大学

私立大学/新潟

ニイガタショクリョウノウギョウダイガク

新潟食料農業大学の風景

「食」「農」「ビジネス」を一体的に学び“日本の食料産業界”をリードする!

食卓から生産、加工、流通、販売までを繋ぐ「フードチェーン」を一体的に学び「食」「農」「ビジネス」に関する総合知識・技術と高度な専門性を兼ね備えた食料産業界の”ジェネラリスト(総合職人)”を育成します。

新潟食料農業大学の特長

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

フードチェーンを学ぶ

自由に科目・コースが選べる

3つのコース制

新潟食料農業大学の特長1

フードチェーンを学ぶ

4年間を通して食料産業全体を理解する共通課程と、2年次から引き続き「食」に関わる全体的な教育・研究に加え、3つのコース課程で専門的な知識・技術を修得します。一つの学問だけにとらわれずサイエンス(科学)・テクノロジー(応用技術)・ビジネス(経済・経営)を横断的に学ぶことで、高度な専門性を修得した“スペシャリスト”と、食料産業界の“ジェネラリスト(総合職人)”の両方を身につけた人材を育成します。

新潟食料農業大学の特長2

3つのコース制

2年次からアグリ・ビジネス・フードの3つのコースに分かれそれぞれの専門的な知識・技術を学び・研究していきます。また、他コースの講義科目を履修することも可能で、「アグリコース」×「ビジネスコース」、「フードコース」×「アグリコース」など、食料産業を横断的に学び、新たな技術の開発や事業を創造していきます。

新潟食料農業大学の特長3

地域・産業と連携し実践力を身につける

■社会・企業・地域と連携し、実践的な知識と活きた技術を身につける食料産業界の大手企業や研究機関、第一線で活躍する実務家の方々、食の生産や加工、流通、販売が盛んに行われている地域と連携した学外授業を多く取り入れます。実社会との結びつきの中で、常に最新の技術・知識を修得し実践力を養います。■2回のインターンシップで将来の可能性を広げるインターンシップは1年次と3年次の2回開講し、農場、食品製造・加工工場、卸売市場、食品販売店、農業ベンチャー等、食料産業界を体験し、社会に果たしている役割を肌で感じ理解することで、大学生活の早い段階から食料産業分野での就業イメージを高め、将来の可能性を大きく広げます。

右へ
左へ
新潟食料農業大学の特長1

フードチェーンを学ぶ

4年間を通して食料産業全体を理解する共通課程と、2年次から引き続き「食」に関わる全体的な教育・研究に加え、3つのコース課程で専門的な知識・技術を修得します。一つの学問だけにとらわれずサイエンス(科学)・テクノロジー(応用技術)・ビジネス(経済・経営)を横断的に学ぶことで、高度な専門性を修得した“スペシャリスト”と、食料産業界の“ジェネラリスト(総合職人)”の両方を身につけた人材を育成します。

新潟食料農業大学の特長2

3つのコース制

2年次からアグリ・ビジネス・フードの3つのコースに分かれそれぞれの専門的な知識・技術を学び・研究していきます。また、他コースの講義科目を履修することも可能で、「アグリコース」×「ビジネスコース」、「フードコース」×「アグリコース」など、食料産業を横断的に学び、新たな技術の開発や事業を創造していきます。

新潟食料農業大学の特長3

地域・産業と連携し実践力を身につける

■社会・企業・地域と連携し、実践的な知識と活きた技術を身につける食料産業界の大手企業や研究機関、第一線で活躍する実務家の方々、食の生産や加工、流通、販売が盛んに行われている地域と連携した学外授業を多く取り入れます。実社会との結びつきの中で、常に最新の技術・知識を修得し実践力を養います。■2回のインターンシップで将来の可能性を広げるインターンシップは1年次と3年次の2回開講し、農場、食品製造・加工工場、卸売市場、食品販売店、農業ベンチャー等、食料産業界を体験し、社会に果たしている役割を肌で感じ理解することで、大学生活の早い段階から食料産業分野での就業イメージを高め、将来の可能性を大きく広げます。

右へ
左へ
新潟食料農業大学の特長1

フードチェーンを学ぶ

4年間を通して食料産業全体を理解する共通課程と、2年次から引き続き「食」に関わる全体的な教育・研究に加え、3つのコース課程で専門的な知識・技術を修得します。一つの学問だけにとらわれずサイエンス(科学)・テクノロジー(応用技術)・ビジネス(経済・経営)を横断的に学ぶことで、高度な専門性を修得した“スペシャリスト”と、食料産業界の“ジェネラリスト(総合職人)”の両方を身につけた人材を育成します。

新潟食料農業大学の特長2

3つのコース制

2年次からアグリ・ビジネス・フードの3つのコースに分かれそれぞれの専門的な知識・技術を学び・研究していきます。また、他コースの講義科目を履修することも可能で、「アグリコース」×「ビジネスコース」、「フードコース」×「アグリコース」など、食料産業を横断的に学び、新たな技術の開発や事業を創造していきます。

新潟食料農業大学の特長3

地域・産業と連携し実践力を身につける

■社会・企業・地域と連携し、実践的な知識と活きた技術を身につける食料産業界の大手企業や研究機関、第一線で活躍する実務家の方々、食の生産や加工、流通、販売が盛んに行われている地域と連携した学外授業を多く取り入れます。実社会との結びつきの中で、常に最新の技術・知識を修得し実践力を養います。■2回のインターンシップで将来の可能性を広げるインターンシップは1年次と3年次の2回開講し、農場、食品製造・加工工場、卸売市場、食品販売店、農業ベンチャー等、食料産業界を体験し、社会に果たしている役割を肌で感じ理解することで、大学生活の早い段階から食料産業分野での就業イメージを高め、将来の可能性を大きく広げます。

右へ
左へ

新潟食料農業大学のオープンキャンパスに行ってみよう!

今年最終!12/1(土)オープンキャンパス開催!の詳細

今年最終!12/1(土)オープンキャンパス開催!

【PICK UPプログラム】 ・推薦入試前最後!面接試験対策講座 12月15日の推薦入試に向けて、入…

続きを見る

12/1(土)オープンキャンパス開催!の詳細

12/1(土)オープンキャンパス開催!

「食の可農性を追究する」キミのミライを見つけよう! 食料産業学科の魅力を体感できる学科体験プログラ…

続きを見る

新潟食料農業大学からのメッセージ

【年内合格を勝ち取る!】
11月月19日(月)より推薦入試(後期日程)の出願受付を開始します。

【出願期間】11月19日(月)~12月6日(木)
【試験日】12月15日(土)
【試験会場】新潟キャンパス

~推薦入試のポイント~
・筆記試験なし!
 面接試験重視で「意欲」「熱意」を評価します。
・”得意”が活かせる4つの試験区分
 出願条件の異なる4つの推薦入試を実施。あなたの得意が活かせる区分で出願してください。

(11/8更新)

新潟食料農業大学の学部・学科・コース

食料産業学科 (定員数:180人)
  • アグリコース 定員数:未定

  • ビジネスコース 定員数:未定

  • フードコース 定員数:未定

新潟食料農業大学の入試情報

下記は全学部の入試情報をもとに表出しておりますので、詳細は各入試種別のページをご覧ください。

入試情報を見る

合格難易度

新潟食料農業大学の学費(初年度納入金)

●2018年度納入金/150万円(入学金25万円、施設設備費25万円、実習実験費10万円を含む)

新潟食料農業大学の就職・資格

就職支援

「食」の大学で目指す「職」

就職活動に備えて、1年次よりキャリア教育を展開していきます。早期からのキャリア教育を通じ、学生全員が将来を主体的に選択できる能力を高めます。そして新しい価値を創出する礎となる知識を修得し、次世代の食料産業界を担い活躍していく意識を高めていきます。

新潟食料農業大学の問い合わせ先・所在地・アクセス

新潟食料農業大学

〒959-2702 胎内市平根台2416
TEL:0254-28-9840

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟キャンパス : 新潟県新潟市北区島見町940番 JR「豊栄」駅より無料スクールバス 約20分

地図

 

路線案内

胎内キャンパス : 新潟県胎内市平根台2416番地 JR「中条」駅より無料スクールバス 約15分

地図

 

路線案内

新潟食料農業大学のブログ・インフォ

  • 2018年11月06日 18:40 facebook

    11/4(日)、本学初開催となる大学祭、第一回橙和祭を開催しました。 当日は秋晴れのもと、多くの皆様にお越しいただきました。 学生たちが考えたメニューが屋台に並び、 芋ほり体験や、ステージイベント、食育コーナーなど様々なイベントを実施しました。 本学の開学・そして第一回の橙和祭を記念して植樹も行いました。 学生たちと一緒に木々が育っていくのが楽しみですね! 朝早くから料理の仕込みも頑張りました。 来年はさらにメニューを増やせるといいですね! 胎内市と地域おこし協力隊の方々にもご協力いただき 胎内名物の「べえべえ」づくり体験や 「マコモダケ」の商品販売も行いました。 当日ご来場いただきました皆様、そして橙和祭開催にご尽力いただきました皆様、 本当にありがとうございました。 「胎内市の太陽になりたい」との橙和祭のテーマがさらに目標に近づくよう 来年の橙和祭もよろしくお願いします!!

    https://www.facebook.com/1042271972519158/posts/1933099193436427

  • 2018年11月02日 19:53 facebook

    11/3(土・祝)三者包括連携協定締結記念シンポジウムを開催します。 【学生代表による課外活動の現状報告】 ―胎内高原ワイナリーでの活動― ・ワイン用のブドウの栽培活動 ―意気込み― 自分たちが手をかけたブドウが樽に入ってワインになる過程を見たときは感動しました。 今回私たちはブドウの栽培を経験し、農作物に同じものは一つもないということを勉強しました。その場所ごとに“土” “風” “気候”全てが違っていて、同じ品種を栽培しても環境によって出来が違ってくるということを学びました。 また生産者の方と一緒に作業を行う中で、お客様のためを思って栽培をしているところに、これから自分たちが働く中で大切にしなければいけないことを学びました。 今回の私たちの発表を通して、胎内高原ワイナリーの魅力、生産者のこだわりを知っていただきたいです。 皆さん、ワインがどうやってできているのか知っていますか? 今回発表する学生の一人は授業の合間にも“ワイン作り”の本を読むほど“ワイン作り”にはまっています。そんな学生たちが感じる“ワイン作り”の魅力を聞きに来てはいかがでしょうか! 11/3(土・祝)三者包括連携協定締結記念シンポジウム詳細 https://nafu.ac.jp/news/3798 明日は是非、新潟食料農業大学 胎内キャンパスへお越しください!!

    https://www.facebook.com/1042271972519158/posts/1927799420633071

  • 2018年11月02日 08:45 facebook

    11/3(土・祝)三者包括連携協定締結記念シンポジウムを開催します。 【学生代表による課外活動の現状報告】 ー坂井地区ー (活動内容) ●耕作放棄地を使った無農薬でのお米作り ●里の駅プロジェクト など ー意気込みー 坂井地区はいいところです! この課外活動を通して、生産者の方と話しながら活動を行い、生産者の食べ物に対する気持ちに触れて、嫌いな食べ物がなくなりました。 また僕たちは胎内市とは大学に入学するまでは全く関係がなかったが、実際に坂井地区で活動を行ってみて、地域の方の知恵や文化はすごいと思うことばかりでした。 しかし同時に、この知恵や文化を繋げていく人達がいなくなってきていることを感じました。 この素晴らしい文化や知恵を僕たち目線で一人でも多くの方に知っていただけるように発表を頑張りたいです。 毎週のように坂井地区に行き活動を続けてきた2人。 7ヶ月の活動を通して知識や技術を得たことはもちろん、人として一回り成長した2人の発表を是非見に来てください! 11/3(土・祝)三者包括連携協定締結記念シンポジウム詳細 https://nafu.ac.jp/news/3798

    https://www.facebook.com/1042271972519158/posts/1927205344025812

  • 2018年11月01日 19:24 facebook

    【11/4(日)オープンキャンパス体験プログラム情報】 アグリコース 「収穫を目的としない作物が土、人、農業を守る」 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 皆さん、リビングマルチという栽培方法をご存知ですか? 本学でも研究を進めている栽培方法のひとつです。 この栽培方法の大きな特徴は収穫を目的にしないこと。 収穫を目的にしない栽培方法と聞いて何を連想されますか? この栽培方法がどう環境に影響を与えているのかについて講義していただきます。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 担当教員:伊藤 崇浩 (アグリコース) 学 位 :博士(農学)東京農工大学2015年取得 当日飛び込み参加も大歓迎です!! ※お申込みの方は下記URLから! https://nafu.ac.jp/news/3709

    https://www.facebook.com/1042271972519158/posts/1926420307437649

  • 2018年10月31日 18:31 facebook

    11/3(土・祝)三者包括連携協定締結記念シンポジウムを開催します。 【学生代表による課外活動の現状報告】 -鼓岡地区- (活動内容) ●マコモダケの生産から商品開発に挑戦 ●有機栽培のお米作り -報告発表へ意気込み― 課外活動を経験し、学んだ技術はもちろん、地域の人と関わる価値や喜び、温かさを感じこの胎内に来て良かったと実感しています。 もっと沢山の方にこの鼓岡地区の魅力を届けられたら嬉しいです。 発表では課外活動を通して学んだことを私たちのスタイルで発表します! 今回の報告発表に向けて、最終のバスの時間まで練習する2人の姿がありました、仲良し2人組の息の合った発表は他の班にはないものがあります。 当日の報告発表が今から楽しみです! 11/3(土・祝)三者包括連携協定締結記念シンポジウム詳細 https://nafu.ac.jp/news/3798

    https://www.facebook.com/1042271972519158/posts/1923613224385024

新潟食料農業大学(私立大学/新潟)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • 新潟医療福祉大学

    看護・医療・リハビリ・栄養・スポーツ・福祉を学ぶ、6学部13学科の総合大学!

  • 新潟薬科大学

    「薬剤師」「理科教員」「食品バイオ・環境分野の専門人材」を育成

  • 日本自然環境専門学校

    自然・環境を保全する技術を多様な学科で学ぶ「環境の総合専門学校」

  • 東京農業大学

    遺伝子から地球環境まで、あらゆる自然・社会科学を網羅。創立127年の生物系総合大学

  • 新潟工科大学

    フレキシブルな学びで「深い専門性」や「複数分野の広い知識」を持つ技術者になる!

  • 長岡大学

    『長岡大学米百俵奨学金制度(給付型)』で、大幅に学費を減免!!

  • 新潟産業大学

    私たちの生活に関わる「経済」を学び、社会で通用する力を身につけよう!

  • 東京ブレーメン動物専門学校

    “3つの安心” ココが違うぞブレーメン。めざすは動物のプロフェッショナル!

  • 新潟国際情報大学

    国際化・情報化社会で活躍できる知識と教養が身につく!

  • 日本工業大学

    2018年4月、「応用化学科、ロボティクス学科」誕生!新3学部スタート!

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる