• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 新潟食料農業大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 食料産業学部
  • フードコース

私立大学/新潟

ニイガタショクリョウノウギョウダイガク

フードコース

「食べる」ニーズに応えて食品の新たな価値を追究する

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 品質管理・衛生管理

    消費者に安全な商品を提供するための仕組み作りや検査を担当する

    一般消費者に安心安全な製品を提供するために、原材料の仕入れから製造、出荷までのすべての工程で品質の管理をする仕事。必要に応じて衛生検査なども行う。品質管理で重要なポイントの一つは、生産の過程で不良品を生み出さないようにする仕組み作り。原材料の安全性の確認から、生産現場でのチェック体制、出荷時の検品体制、クレームがあった場合に即座に現場の業務改善に反映させる体制などを整えることで、安定的に品質を保つことが可能になる。一方で、生産現場での品質管理・衛生管理も大切な仕事。

  • 醸造・発酵製品企画・開発・研究者

    しょうゆ、みそ、酒、チーズなどの醸造・発酵製品を新たに作る仕事

    醸造・発酵製品とは、しょうゆやみそ、酒、チーズ、ヨーグルトなどのこと。これらの製品は微生物や酵素などの働きを利用して作られるため、企画・研究・開発にはバイオテクノロジー、生命科学、生物学などの分野の専門性が求められる。醸造・発酵製品には古くから親しまれているものも多いが、醸造・発酵のメカニズムや酵素の力などに関してはまだまだわかっていないことも多く、人々の健康増進につながる新たな製品の開発が期待されている。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

  • 食品製造

    食品メーカーなどの工場で安全・衛生に配慮しながら食品を加工・製造

    食品メーカーなどの工場で食品の製造や加工を担当する仕事。大量生産する工場では生産ラインが設けられ、食材の洗浄、下処理、加工、調理、包装などの工程ごとに細かく分業されている。機械化が進んでいる工場では機器の操作が中心となることも多いが、食品の種類や工場の規模によっては手作業が大切になることも。そのため、工場で活躍している調理師やパン職人、パティシエなども少なくない。作業の正確さはもちろん、衛生面の配慮も求められる仕事だ。

初年度納入金:2019年度納入金 150万円 

学科の特長

学ぶ内容

3つのコース制
生産から加工、流通・販売・食卓に至るフードチェーン全体を一体的に学ぶ特色ある科目を複数設置。2年次からは〈アグリ〉〈フード〉〈ビジネス〉の3つのコースに分かれ、それぞれの専門的な知識・技術を学び、研究していきます。また、他コースの科目を横断的に学ぶことで、食・農・ビジネスの総合的な知識を身につけます。

カリキュラム

「食べる」ニーズに応えて食品の新たな価値を追究する
食品に含まれる成分の生体機能について、専門的知識を学ぶとともに、食品成分の特性を活かした食品の利用技術および製造・加工技術を学び、研究します。3年次には、化学実験・微生物実験や加工食品の製造工程・製造技術の実験・実習を通じて、卒業研究に必要な知識と技術を着実に身につけます。
フードコース/主な分野・学ぶこと
●食品の持つ様々な機能(栄養、嗜好、機能性、安全性など)について学びます。
●食品成分の特性を生かした利用(製造・加工、発酵、保蔵、再利用など)について学びます。
●食品の製造・流通における長期的視点に立った技術のイノベーションについて学びます。

先生

「知識は将来を切り開く最高のツールです」/丸山 純一教授
一つひとつの細胞の活動がスムーズに休むことなく行われることが、私たちの生命の維持と健康に繋がります。私たちは、私たちが食べるものについて正しい知識を身につけなければなりません。知識は力です。知識は科学的な根拠に基づいた意思決定を可能にします。そして、将来を切り開く最高のツールなのです。

学生

「モノづくりの基礎~食品の付加価値化まで学べる」1年 原 健さん(長野県/上田染谷丘高校出身)
食品の発酵や微生物について研究したいです。実家が味噌を製造・販売しているため、昔から麹菌などに興味がありました。食品の製造だけではなく、これからの日本の「食」の成長を支えるために、6次産業化の視点は重要だと思うので、大学では、食品製造だけでなく、経営者としてのビジネス視点も学んでいきたいです。
  • point キャンパスライフレポート

    将来の夢は茶葉ブランドの立ち上げ!入学後すぐに研究もはじめました

    もともと「もっと食べやすく、栄養価の高い冷凍食品を作りたい」と思っていて、食品の研究・加工・開発に興味を持っていました。新たに開学した大学なので、自分たちが一から校風を作れる点も魅力でした。

    新潟食料農業大学の学生

施設・設備

充実した実習機器・設備
実験室には食品や農産物の品質評価、栄養素や食品成分の分析、微生物の検査等を行う設備に加え、加工食品の試作を行う設備があり、食品製造の実習ができます。食品化学、食品利用、微生物利用、食品工学の研究室には、食品中の微量成分の分析、微生物の検査、食品の硬さ、色、粘性等を測定できる最新の実験設備があります。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 危険物取扱者<国> 、
  • 食品衛生管理者<国> (任用資格) 、
  • 食品衛生監視員 (任用資格)

・HACCP管理者 
・食の6次産業化プロデューサー

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

どのコースに進んでも生産・加工・流通・販売など食に関わる全ての分野での活躍を目指せます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒959-0972 新潟県胎内市平根台2416
TEL:0254-28-9840(入試事務室)
nyuusi@nafu.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟キャンパス : 新潟県新潟市北区島見町940 JR「豊栄」駅より無料スクールバス 約20分

地図

 

路線案内

胎内キャンパス : 新潟県胎内市平根台2416 JR「中条」駅より無料スクールバス 約15分

地図

 

路線案内

※ 両キャンパスとも無料スクールバスを運行しています

他の学部・学科・コース

新潟食料農業大学(私立大学/新潟)

この学校へ資料請求した人が資料請求をしている学校の募集学部・学科・コース一覧を見る