• スタディサプリ 進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音楽クリエーター科(3年制)

兵庫県認可/専修学校/兵庫

コウベ・コウヨウオンガクアンドダンスセンモンガッコウ

2019年4月新設

音楽クリエーター科(3年制)

定員数:
40人

楽曲やアーティスト、動画・映像に関わるクリエーターになりたい!

学べる学問
  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 音楽プロデューサー

    歌手や演奏家の力を引き出す

    歌手、タレントの発掘をはじめ、音楽の方向づけやテーマを決めて作詞・作曲家の選定、売り出し方にいたるまでを総合的に担当する。最近では、ミュージシャンが自ら、他の人をプロデュースするケースも多く、ヒット曲を生み出している。

  • 作詞家

    曲調にマッチする詩を創作する

    楽曲に合う歌詞を作るのが作詞家です。音楽出版社やレコード会社、アーティストなどから依頼を受けて歌詞を創作するのが主な仕事で、そのジャンルはポップスやロック、ドラマやアニメの主題歌、CMソング、童謡、演歌など多岐にわたります。楽曲が完成する工程には、歌詞が先にできる「詩先」と、でき上がった曲に歌詞をつける「曲先」がありますが、近年は作曲家などが作ったデモンストレーション音源(本格的な録音の前に仮で録音したもの。通称デモ音源)に作詞家が歌詞をつける「曲先」が多くなりました。プロの作詞家になるには、オーディションやコンペに応募する、SNSやYouTubeなどのメディアを通じて作品を発表する、レコード会社や音楽出版社などに作品を売り込む、といった方法があります。

  • 作曲家

    クライアントから依頼を受けて曲を作る

    テレビや映画、ゲームなどで耳にする音楽の曲作りを担当するのが作曲家。J-POPやロック、演歌などを含めたポピュラーミュージックのほか、テレビドラマや映画、アニメ、ゲームなどに使われるサウンドトラック、現代音楽やオーケストラの演奏用楽曲、CMソング、校歌や社歌など幅広いジャンルで活躍しています。ほとんどの場合、作曲家はアーティストやプロデューサーなどのクライアント(依頼主)から要望を受け、そのイメージに合う曲を制作します。かつてはピアノやキーボード、ギターなどを使い、そうして浮かんだメロディーを譜面に書き入れながら制作するのが一般的でしたが、最近はDTM(デスクトップミュージック)というソフトを使ってパソコン上で曲作りを行う作曲家が増えています。

  • 編曲家

    アレンジの仕方によって曲が生きる

    同じ曲でもアレンジの仕方によってイメージがかなり変わるものだ。作曲家が編曲までを手がける場合も多いが、どんな楽器を使い、各パートごとにどんな演奏をするのかを考えるのは、編曲者(アレンジャー)の仕事となる。

  • サウンドプログラマー

    デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む

    マルチメディアに関わるさまざまなデジタルサウンドをつくり出し、演奏データをコンピュータに打ち込むのが仕事。コンピュータ上で曲を作る機会が多い現在の状況では、なくてはならない存在である。

  • マニピュレーター

    求められるデジタルサウンドをつくり出す

    シンセサイザーやデジタルサンプラーを駆使してサウンドをつくり、コンピュータに音を打ち込んでいくのが仕事。音楽の素養が不可欠なので、ミュージシャンやアレンジャーがこの職種を兼ねている例も多い。デジタル音楽隆盛で需要は増加傾向。

  • ミキサー

    音を生み出すエンジニア

    レコーディングスタジオやコンサート会場などで楽器の音やアーティストの声をミックスするエンジニア。コンサートミキサーはPAとも呼ばれる。音響機器を操作して、音質や音量を調節するほか、スピーカーなどの機材のセッティングも仕事。知識や技術だけでなく、感性と理解力も重要。

  • レコーディングエンジニア

    CD制作の音の演出家

    昔は歌とオーケストラによる生伴奏の同時録音をしていたが、現在ではボーカルや楽器の種類別に録音作業をする。そこでその音を聞きながら別の楽器を入れたり、録り直すといった技術を担当する仕事。録音終了後のミックスダウンや音量やトーンの調整など専門技術が要求される。

初年度納入金:2020年度納入金(予定) 163万5800円  (教本費・教材費等が別途かかります。)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

5つのコースで将来、音楽ビジネスに関われる人材を育成
作曲・音楽クリエーションコース、eミュージシャンコース、レコーディングエンジニアコース、DJ&音楽プロデューサーコース、作曲&ミュージシャンコースの5つのコースで、楽曲やアーティスト、動画・映像に関われる人材を育成します。

カリキュラム

3年間で売れる楽曲制作を追求し、音楽ビジネスに必要なマネジメント力をじっくり身につける
音楽ビジネスに必要不可欠なアーティストマネジメントやプロデュースなどを総合的に学び、作曲、編曲、簡単なレコーディング、ミックスダウンまで全行程を実習を通し習得。実践的なカリキュラムや実習を通じて、3年間で業界が求めるクリエイターを育成します。

授業

自分だけの時間割を作成できるから、興味のあることが自由に学べる!
全学科の科目から自由に授業を選択できる「Wメジャーカリキュラム」で、一人ひとりの目標に合わせた自分だけの時間割を作成することができます。また、就職するかデビューするか迷っている方も、例えば音響の授業とギターの授業を同時に学べるので将来の選択の幅が広がり、安心です。追加の学費はかかりません。

実習

第一線の企業やプロフェッショナルとともに行う実践授業「企業プロジェクト」
コンサート制作、楽曲制作、バックダンサー出演、テレビ・ラジオ・舞台出演などリアルな仕事の現場を通じて即戦力となるスキルを磨きます。本校の学生は、入学直後の1年次から、数多くのプロジェクトに取り組んでいきます。全ては「好き」なことを仕事にするための本校独自の教育システムです。

施設・設備

まっさらな施設・プロ仕様の設備でじっくり学べる!神戸の街中にあってアクセスも良好!
プロ仕様の設備が整ったライブ・イベントホールをはじめ、ライブなどで実際に使われているPA機器や照明機材などを完備。充実の施設・設備をフルに使って卒業後、即戦力として活躍できる技術・知識を身につけることができます。また神戸三宮の旧居留地という学校へのアクセスの良さも魅力です。

制度

業界との太いパイプを生かして就職を支援。卒業後もしっかりサポート
希望の進路を実現できるよう担任が個別に就職相談を実施。企業の採用担当者から直接話が聞ける「合同企業説明会」では全国の企業が集まりその場で就職の内定をもらうケースも少なくありません(前身の甲陽音楽学院での実績)。卒業後も就職サポートを行っているので、就職後、別の職種に変更する時のバックアップも万全です。

募集コース・専攻一覧

  • 音楽制作ワールド

    • 作曲・音楽クリエーションコース
    • eミュージシャンコース (2020年4月設置予定)
    • レコーディングエンジニアコース
    • DJ&音楽プロデューサーコース (2020年4月名称変更予定)
    • 作曲&ミュージシャンコース

学べる学問

目指せる仕事

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒650-0032 神戸市中央区伊藤町107-1
TEL/0120-117-540(フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
神戸・甲陽音楽&ダンス専門学校 : 兵庫県神戸市中央区伊藤町107-1 「神戸三宮(阪急・神戸高速)」駅より徒歩8分
JR神戸線「三ノ宮」駅より徒歩8分
「神戸三宮(阪神)」駅より徒歩8分

地図

 

路線案内