• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 仕事・資格を調べる
  • 公務員・法律・政治
  • 弁理士

弁理士

弁理士

特許の出願・申請など手続きの代理人

個々の発明者や企業などの依頼に基づいて新たに生まれた発明、考案などについての特許や実用新案、意匠、商標に関わる業務について特許庁に登録出願の代理をし、権利を守る。

弁理士のやりがい

今までになかった技術や製品が生まれるプロセスにかかわることができるのが弁理士の醍醐味の一つ。技術発展の最先端に常に立ち会うことができるのは大きな魅力といえる。また、画期的な発明の権利を守り、利益に結びつけていく仕事なので、企業や発明家にとっては頼りになるパートナー。信頼され、感謝されていることを実感する機会も多く、その点でもやりがいは大きい。

弁理士の就職先・働く場所

特許事務所と、メーカーなどの知的財産部門が代表的な就職先。特許事務所は企業などからの依頼を受け、特許出願などをサポートするのが業務。複数の弁理士が集まっている事務所もあれば、弁理士が個人で開設している事務所もある。最近は企業内で活躍する弁理士も増加。自社の特許戦略を考えたり、製品開発に助言をしたりと、専門性を生かした活躍が可能だ。経験を積めば、独立して働く道もある。

  • 法律関連事務所

弁理士の将来の展望

特許をはじめとする知的財産は、ビジネスのグローバル化が進展するなかで、年々重要度が高まってきている。メーカーは膨大な数の特許を申請しており、国際出願の件数も増加。他国での権利侵害に対する対策にも力を入れるようになっている。こうした流れのなかで、知的財産の専門家である弁理士の役割は拡大。一方で、弁理士の数はまだまだ不足していると言われており、今後の活躍が期待される職種だ。

弁理士になるには

弁理士国家試験は年齢や学歴による受験資格は設けられていない。ただし、特許出願の実務では理工系の知識が求められるため、大学の理工系の学科に進むのが比較的多いステップ。大学院に進学して専門性に磨きをかける人も多く、修士・博士の学位を取得すれば選択科目の免除を受けることも可能だ(要審査)。なお、弁理士国家試験は合格率1割以下の超難関。学生の合格者は少なく、特許事務所やメーカーなどに就職後、働きながら合格を目指すのが主流。技術者として経験を積み、弁理士への転身をねらう人も多い。

弁理士の適性・求められる力

特許出願に携わる弁理士には知的財産に関する法律知識だけでなく、理工系の専門知識も重要。情報工学、バイオテクノロジー、医用工学など何か専門分野をもっているのが一般的なので、就職の際には大学・大学院で理工系分野を学んだ経験が求められることが多い。新しい技術への好奇心も大切だ。また、発明の内容を書類にまとめる仕事なので、論理的な文章を書く力は必須。さらに、最近では特許などの国際出願の件数も増えているため、英語力も必要とされるようになっている。

弁理士の学校の選び方

弁理士に関連性のある学科は、理工系の各学科、法律系学科、知的財産系学科など。弁理士の実務に直接関係するのは知的財産系の学科だが、まだ数は少ない。実務で重要となる技術的な知識をまずはしっかりと身につけたいなら理工系の学科が選択肢になる。その場合は、企業に技術者や研究者として就職する道も生まれる。その後、働きながら弁理士を目指すことも可能だ。商標や意匠(デザイン)関連の仕事を中心に取り扱うなら法律系学科から弁理士を目指すこともできる。就職やその後の働き方もしっかりとイメージして学科を選ぼう。

弁理士<国>

発明や商標が他者の権利を侵害しないかを調査し、出願手続きを代理する

特許や実用新案、意匠、商標などの鑑定や特許庁への手続きの代理を行い、発案者や企業などの権利を守る専門家になるための国家資格。世界を舞台に活躍できる産業財産権制度のエキスパートで、景気に左右されにくい。試験は3次まであり、1年~2年で合格する人もいれば、10年以上勉強している人もいる。平均受験回数は3回~4回ぐらい。

弁理士<国>の就職先

メーカーなどの企業で会社員として働く人もいれば、独立し、特許事務所を開業する人もいる。開業して大手に顧客を持つベテランには、高額所得者名簿にランクインする人もいる。

弁理士<国>をとるには

弁理士<国>の受験資格

制限なし。

弁理士<国>の合格率・難易度

合格率
6.6%
※2015年度

資格団体

(実施団体)工業所有権審議会、(問い合わせ先)特許庁 総務部秘書課弁理士室
電話:03-3581-1101(内線2020) (特許庁 総務部秘書課弁理士室試験第一班)
URL:http://www.jpo.go.jp/indexj.htm
弁理士を目指せる資格
  • パンフ・願書請求キャンペーン

弁理士に関連する仕事・資格

弁理士に関連する学問

弁理士に関連する記事

  • 特許を申請する理系の法律専門家!「弁理士」というお仕事

    発明者の権利を守る「特許」のスペシャリスト 「特許」という言葉は高校生も公民などの授業や新聞・ニュースなどで触れたことはあるはず。わかりやすく言えば、何かを発明したときに発明者の権利を守るためのものだ。 特許を申請して認められた発明は、あとから別の人が同じ原理のものを作って売ろうとしても発明 …

弁理士を目指せる学校を探すならスタディサプリ進路
オープンキャンパス情報を見る(専門学校―イベント名―日程―住所)

東京法律専門学校 - 保護者のための進路相談会 - 2017/06/04~2017/06/18 - 東京都墨田区錦糸1-2-1
東京法律専門学校 - オープンキャンパスに参加しよう♪ - 2017/06/04~2017/06/18 - 東京都墨田区錦糸1-2-1
東京工学院専門学校 - 体験入学 - 2017/06/04~2017/06/18 - 東京都小金井市前原町5-1-29